1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「熱い人間ドラマ、そして緊張感とスペクタクル」監督が自らが語る韓国No1ヒット作の見どころ!

「熱い人間ドラマ、そして緊張感とスペクタクル」監督が自らが語る韓国No1ヒット作の見どころ!

  • 2022.6.30
  • 2071 views
「熱い人間ドラマ、そして緊張感とスペクタクル」監督が自らが語る韓国No1ヒット作の見どころ!
(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

ソマリア内戦当時を再現した銃撃戦や暴動などリアリティ溢れる撮影風景も

2021年度韓国映画No.1の大ヒットを記録したリュ・スンワン監督最新作『モガディシュ 脱出までの14日間』が、7月1日より全国公開される。今回、リュ監督より日本公開に向けてのメッセージ動画が到着した。

1990年、ソウル五輪を成功させて勢いづく韓国政府は国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。ソマリアの首都モガディシュで韓国大使を務めるハン(キム・ユンソク)は、現地政府の上層部に何とか取り入ろうとしている。

一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)も国連加盟のために奔走し、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。

そんな中、ソマリアの現政権に不満を持つ反乱軍による内戦が激化。暴徒に大使館を追われた北朝鮮のリム大使は、絶対に相容れない韓国大使館に助けを求める決意をする。果たして、ハン大使は彼らを受け入れるのか、全員で生きて脱出することができるのか、そしてその方法は?

ソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死をかけた脱出を描いた本作は、21年7月に韓国で公開されると、コロナ禍にも関わらず観客が押し寄せ、興行収入30億円を突破し、21年度の韓国映画No1の大ヒットを記録した。

また韓国のアカデミー賞と称される第42回青龍映画賞で最優秀作品賞、監督賞、助演男優賞(ホ・ジュノ)含む5部門受賞。第58回百想芸術大賞では映画部門の大賞と作品賞を受賞し、いま世界で最も勢いのある韓国映画の中でも特に注目を集めている。

今回、リュ・スンワン監督より日本公開に向けてのメッセージ動画が到着。さらにキム・ユンソクらキャストが本作の見どころを語る、撮影風景満載のメイキング映像が解禁となった。

「こんにちは!」と日本語からはじまるリュ監督からのメッセージ動画。「『モガディシュ』がもうすぐ日本で公開と聞き、皆さんに見て頂けることを、とても嬉しく思っています」と挨拶。そして「『モガディシュ』は90年代初め、ソマリアの首都モガディシュで、現地で発生した内戦の混乱のなか、韓国と北朝鮮の大使館員たちが生き残るために必死に国外へ脱出しようとする、実話に基づく映画です」と本作を紹介する。

さらに「この作品の熱い人間ドラマ、そして緊張感とスペクタクルをスクリーンを通して体感して頂けると思います。ぜひ映画館でご覧ください!」と熱い思いが伝わるメッセージを寄せ、最後は「ありがとうございます」と日本語で締めてくれた。

『モガディシュ 脱出までの14日間』は7月1日より全国公開される。

元記事で読む
の記事をもっとみる