1. トップ
  2. 細田佳央太、『どうする家康』で徳川信康に 大河ドラマ出演は「目標にしていたこと」

細田佳央太、『どうする家康』で徳川信康に 大河ドラマ出演は「目標にしていたこと」

  • 2022.6.30
  • 67 views
細田佳央太

2023年NHK大河ドラマ『どうする家康』に細田佳央太が出演することが出演することが決定した。

NHK大河ドラマ第63作目となる本作は、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を新たな視点で描く。主人公・家康を松本潤、脚本を『コンフィデンスマンJP』シリーズなどの古沢良太が担当する。

細田が演じるのは、徳川信康(幼名・竹千代)。三方ヶ原の戦いで家臣の心をつかみ、家康の後継者としての地位を固める。苦労を重ねた両親の姿を幼いころから見ており、父を支え、家族を守り、徳川家のために強く生きようとする、心優しき勇敢な青年。その真っすぐな気持ちが、危うさでもある。妻は信長の娘・五徳となる。

大河ドラマ初出演となる細田は、「大河ドラマに出演することはこの仕事をしている中で目標にしていたことの1つなので、とても嬉しかったです。だからこその緊張も感じていますが精一杯、頑張ります」と意気込みを語った。

細田佳央太 コメント
・演じる人物の印象と意気込み
大先輩ばかりの恵まれた環境の中でお芝居出来ることが何よりも嬉しいですし、信康の「家族思い」という部分にとても惹かれました。徳川家のために、という彼の考え方こそが危うさをも感じさせる真っ直ぐさに繋がる部分もあると思うので、凄く大切に演じて生きたいという印象を受けました。

・大河ドラマ初出演について
大河ドラマに出演することはこの仕事をしている中で目標にしていたことの1つなので、とても嬉しかったです。だからこその緊張も感じていますが精一杯、頑張ります。

・古沢良太作品初出演について
初めてです。
まだ台本を頂いていないのでどういった掛け合いがあるのかは分かっていないのですが、「家族仲」が表現される温かいシーンと、シリアスなシーンの2つを体感できると思っているので、そこが楽しみです。

・共演者とのエピソード
ご一緒したことがある方々には少しでも以前より成長した姿を見せることができたら嬉しいですし、やはり大きな吸収の場になると思うのでどの方とのお芝居も全力で頑張ります。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる