1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2022年後半、最もパワフルな運気に恵まれるのは誰?【2022年下半期占い】激動の「今を生き抜く」アドバイスを大公開!

2022年後半、最もパワフルな運気に恵まれるのは誰?【2022年下半期占い】激動の「今を生き抜く」アドバイスを大公開!

  • 2022.6.30
  • 18846 views

“幸運の星”と言われる木星がうお座に舞い戻り、その後、本格的におひつじ座入りを果たす下半期。運気は上がったり下がったりを繰り返しながらも、私たちを新しい時代へと導いてくれるでしょう。この変則的な流れにスムーズに乗れるかが、下半期を生き抜くためのポイントになりそうです。今回は、そんな「激動の今を生き抜くアドバイス」を、血液型×エレメンツ別に占い師の月風うさぎさんに教えてもらいました。

A型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

運命の荒波に翻弄された上半期と打って変わって、下半期は輝かしいムードのよう。あなたの本領を発揮できる場面が増えそうなので、思いきり腕を振るってください。

おひつじ座は、プレッシャーのかかる役や仕事に挑むとよさそう。眠っていた能力が目覚めて、さらなる飛躍を遂げられるかも。
しし座は、上半期に逃したチャンスが再浮上しそう。今度こそしっかりとそのチャンスをものにしてみて。
いて座は、恋愛運が好調みたい。将来を見据えたお付き合いができるでしょう。

A型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

下半期はパワーがダウンする傾向のよう。特に7~10月にかけては、体調を崩しやすいようなので無理はしないで。心身のメンテナンスに励んでおけば、11月以降に運気復活のチャンスが巡ってきそう。

おうし座は、持ちすぎている荷物を手放すことが重要なミッションみたい。キャパオーバーな仕事や背伸びした恋ともサヨナラを。
おとめ座は、肉体を鍛えることで強くなれそう。筋トレやウォーキングに挑戦してみてもいいかもしれません。
やぎ座に福をもたらす“福の神”は内にある予感。家族や親友と語らうことに幸せを感じられるでしょう。

A型×風のエレメンツ(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)生まれ

やらなくてはいけないことが増え、多忙になりそうな下半期。充実した半年間にできるかは、あなたの考え方次第のよう。ゲームをクリアする感覚で、楽しくタスクを処理していきましょう。

ふたご座は、フットワークよく動けそう。ただし、9月に掛け持ちするのは運気暗転の引き金になる可能性も。ダブルブッキングにも気をつけて。
てんびん座は、信頼できる仲間がたくさんできそう。秋の合コンには運命の恋が待っている予感。
みずがめ座は、勉強が開運のためのキーアクションとなりそう。特に、あなたにとっての新分野を学ぶことは未来の糧になるでしょう。

A型×水のエレメント(かに座・さそり座・うお座)生まれ

上半期やり残したことに、挑むことになりそうな下半期。まずは何をどこまでやっているのか、進捗を確認して、ゴールまでの作戦を練ることが大切なようです。

かに座は、目の前にサクセスロードが現れそう。特に7月、11月のオファーは受けて正解でしょう。
さそり座は、チューニングが必要な時期になるようです。不備や問題を洗い出して調整してみて。復縁にも星の加護がありそう。
うお座は、リベンジチャンスに恵まれるでしょう。最後に笑えるように、ひたむきに頑張ることが大切なようです。

B型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

上昇気流に乗れそうな下半期は、持ち前の勇気とパッションがメイクドラマの呼び水になるかもしれません。新しいことへの挑戦も前向きに行うのが良いでしょう。

おひつじ座は、成長期みたい。苦手なことの克服に挑むのが、今悩んでいることを解決する突破口になりそう。
しし座は、宝探しにチャレンジしてみるといいかも。ありふれて見える日常に、たくさんの可能性が眠っていることに気づけるでしょう。
いて座は、「好き」を軸にして喜びにあふれた毎日を送れそう。推し活、恋愛にもハッピーが盛りだくさんの予感。

B型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

下半期の運気は一時停滞状態みたい。しかし、運気が滞っているように見えても、水面下では次の時代への動きもチラホラと出てくる時期でしょう。しっかりと根回し&準備をしておくように。

おうし座は、人に見えないところでどう行動するかが大事なよう。人が口にしない本音、裏事情に開運の糸口が潜んでいそう。
おとめ座は、「能ある鷹は爪を隠す」をモットーに。特に、夏は大人しくしていたほうが秋にチャンスが到来する予感。
やぎ座は、過去と未来が交錯しそう。懐かしいで終わらせず、今後にいかす道を考えてみて。

B型×風のエレメンツ(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)生まれ

上半期は活気に満ちているようです。やるべきことは多いけれど、どれも楽しいことばかりのようなので苦にはならないかもしれません。ただし、秋は調子を乱される出来事がありそう。大切なものを奪われないよう、警戒と準備はしっかりと。

ふたご座は、ネットワークが拡大して、様々な分野の仲間ができそうな予感。共同でのビジネスやプロジェクトの始動も良い発展が期待できそうです。
てんびん座は、友情が恋へと変わるかも。気になる異性の友だちがいるなら、この機会に告白を。
みずがめ座は、情報力が明暗をわける日々になりそう。アップデートとリサーチをマメにしてみて。

B型×水のエレメント(かに座・さそり座・うお座)生まれ

ボーナスタイムの予感。上半期に頑張った分のご褒美をもらえるだけでなく、さらなるチャンスまで与えられそう。のんびりしたい気分かもしれませんが、チャンスを逃さず、欲張っていきましょう。

かに座は、責任ある仕事や役割を任されるかも。荷が重くてもやり遂げることで次の扉が開きそう。
おとめ座は、ルーティンワークに力を入れるとよさそうです。意外な人が見ていて、11月頃に嬉しいリターンがあるかもしれません。
うお座は、悪運を引き寄せてしまいそう。ただ、ダメ元で挑戦したことは結果的に良い結果を得られるはずなので、粘ってみて。

0型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

2022年下半期、最もパワフルな運気に恵まれるのは、この組み合わせの人たちのようです。それだけに気が大きくなりやすいかもしれません。特に9月、11月は目立つ行為をしすぎないように気をつけてください。

おひつじ座は、先手必勝と出ています。やりたいことがあるなら8月までに決行を。アプローチも夏の時期にしたほうがスムーズにいくでしょう。
しし座は、リミッターを外すことで飛躍できそうです。今の世界から飛び立つ勇気をもって行動すれば、起業や独立にも追い風が吹く予感。
いて座は、様々なところで選ばれる機会が多そう。コンテスト&コンペエントリーなどには積極的に挑戦してみて。

0型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

悲しみと喜びが入り混じった複雑な感情になることが多そうな下半期。ショックな出来事もあるようですが、楽しい経験もたくさんできそう。心を豊かにして、2023年上半期に備えることがこの時期の最大のテーマになるでしょう。

おうし座は、縁を整理することで、運気が開けそう。自分が不毛だと感じている関係とはサヨナラしましょう。
おとめ座は、自分の体と向き合う機会が多くなるかもしれません。体質改善や持病の治療も未来の糧になりそう。
やぎ座は、プライベートで様々な問題が起こりそう。しかし、そこでの経験が今後の人生にいきてくるので前向きに。

O型×風のエレメンツ(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)生まれ

下半期はプチ幸運の渦中にあるみたい。「あとでいいや」と先延ばししていては、ツキに乗り遅れてしまうかも。「ステキ、いいな」と思ったらすぐに動いて、チャンスを掴んでください。

ふたご座は、最新の知識と情報が必要になるでしょう。マメにアップデートすることで運が開けることもありそうです。
てんびん座は、小さなチャンスがたくさん用意されていそう。1つ1つキャッチして、年末につなげるのが飛躍のカギになるはずです。
みずがめ座は、会話力を磨くとよいかもしれません。特に、コーチングやカウンセリングを学ぶのがおすすめです。

O型×水のエレメント(かに座・さそり座・うお座)生まれ

上半期に引き続き、下半期もラッキー旋風が吹いているよう。ただし、もらいっぱなしでは運気がダウンしてしまうかも。いいことがあったら、周囲に還元するのをお忘れなく。

かに座は、やりたかった仕事やプロジェクトを任されるかも。プレッシャーを感じても、それをバネに成功させましょう。
さそり座は、自己実現のチャンスが巡ってくるでしょう。作品や企画の売り込みにもぴったりな時期になりそう。
うお座は、周囲に花を持たせるような謙虚さがミラクルを呼びそう。誘惑や大抜擢も一度は断ってみてもいいかもしれません。

AB型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

ラッキータイムが到来中のよう。10月までは何をやってもうまくいく暗示が出ているので、強気で攻めていきましょう。やりたかったことは、この機会にチャレンジするといいかもしれません。

おひつじ座は、新たな人生へとアップデートされる予感。転職や恋のターゲット変更なども吉と出そう。
しし座は、冒険スイッチが入るかも。ワクワク、ドキドキできることに挑むうちに、予想していなかった未来が現れそうです。
いて座は、自分に素直になることが開運につながるでしょう。ありのままの自分や欲望を受け入れてみて。

AB型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

リセットサインが出ている下半期は、いらないものはどんどん手放しましょう。モノが少ない暮らし、しがらみのない付き合いなどにしていくことで、自由な毎日を実現することができるでしょう。

おうし座は、オーバーワーク気味のようなので、休息第一で生活してみて。キャパオーバーな仕事や作業も断る勇気を持つことで、自分が楽になるかもしれません。
おとめ座は、小さなことにこだわって袋小路にハマる可能性が。完璧にこだわるよりも、「これくらいでいいか」と思えるようにしましょう。
やぎ座は、シンプルに考えることが開運につながりそう。何事も複雑に考えないほうが上手くいくはずです。

AB型×風のエレメンツ(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)生まれ

運命の曲がり角に差し掛かりそう。今まで通用していたことがNGになるなどして慌てるかもしれませんが、それは次に進むために必要なことみたい。新しい時代や自分に合わせてチューニングをしていきましょう。

ふたご座は、SNS関連を強化するとよさそう。アカウントを公私で分ける、2つのアカウントを同時運用など、色々と試してみると収穫があるでしょう。
てんびん座は、10月が分岐点になるかも。やりたいこと、欲しいものはそれまでに手に入れる努力をしましょう。11月以降は守りに入って。
みずがめ座は、人間関係に新風が吹きこむようなので、フラットなコミュニケーションを意識してみて。新旧どちらの友人とも仲良くしておくと良さそうです。

AB型×水のエレメント(かに座・さそり座・うお座)生まれ

下半期の運気は悪くありません。とはいえ、内面にモヤモヤすることがあり、前に進めなくなるかも。悩んだときは、友人と話してみて。会話のなかに目からウロコの発見がありそう。

かに座は、年上の助言から視野&運気が広がりそう。困ったことがあるなら、上司や先輩に相談を。
さそり座は、ストレスが体調不良を引き寄せがち。マメに気分転換をして、ツキ&元気をキープして。
うお座は、物欲が高まりがちなので、散財に気をつけて。イライラしたときは買い物ではなく、おしゃべりで発散しましょう。

月風うさぎ(つきかぜうさぎ)
占術研究家&心理テストクリエイター。干支、西洋占星術、血液型、心理テスト、数秘術、手相、タロットなど、様々な占術をコラボさせたオリジナル占いが得意。

©Catherine Delahaye/Charday Penn/gettyimages

文・月風うさぎ

元記事で読む
の記事をもっとみる