1. トップ
  2. 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』日米同日公開が決定!“超現実”を体感できる場面写真が一挙に解禁

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』日米同日公開が決定!“超現実”を体感できる場面写真が一挙に解禁

  • 2022.6.30
  • 79 views

革新的な3D映像で世界中を魅了し、全世界興行収入歴代No. 1にいまなお君臨し続けるジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(09)。その13年ぶりの続編となる『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の日本公開日が、全米公開と同日の12月16日(金)に決定。このたび日本版ポスターと場面写真が一挙に解禁された。

【写真を見る】息を呑むほど美しい!ジェームズ・キャメロンが心血を注ぎ込んだ究極の映像体験

【写真を見る】息を呑むほど美しい!ジェームズ・キャメロンが心血を注ぎ込んだ究極の映像体験 [c]2022 20th Century Studios. All Rights Reserved
【写真を見る】息を呑むほど美しい!ジェームズ・キャメロンが心血を注ぎ込んだ究極の映像体験 [c]2022 20th Century Studios. All Rights Reserved

前作から10年後の惑星パンドラを舞台にした本作。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はパンドラの一員となり、先住民ナヴィのネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれる。2人は家族を築き、子どもたちと平和に暮らしていたが、再び人類がパンドラに現れたことで神聖な森を終われ、未知なる“海の部族”の元へと身を寄せることに。しかし美しい海辺の楽園にも侵略の手が迫り…。

前作から10年後の惑星パンドラを舞台にした『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 [c]2022 20th Century Studios. All Rights Reserved
前作から10年後の惑星パンドラを舞台にした『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 [c]2022 20th Century Studios. All Rights Reserved

このたび解禁された場面写真は全部で7枚。静止画でありながらも深淵なる海の拡がりや躍動感あふれる生物たちの息遣いが感じられ、同時にエモーショナルな物語の到来を予感させるものばかり。ハリウッド屈指のヒットメイカーであるキャメロン監督が13年にわたって心血を注ぎ込み創りあげた圧巻の世界の一端が垣間見え、本作への期待はますます高まるばかり。また併せて解禁されたポスタービジュアルには、ナヴィの少女の姿がデザインされている。

先日、全世界で解禁された特報映像は公開からわずか1日で約1億5000万回再生を記録し、早くも世界中を熱狂と興奮の渦に包み込んでいる。現時点で人類が体感することのできる最高の“映像体験”を追求し生みだされた、前作を遥かに凌駕する圧倒的な没入感と“超現実”の世界。是非とも映画館の大スクリーンで受け止めてほしい。

文/久保田 和馬

元記事で読む
の記事をもっとみる