1. トップ
  2. 『Dr.コトー診療所』16年ぶりに映画として復活!五島健助役の吉岡秀隆、中江功監督から感動のコメントも到着

『Dr.コトー診療所』16年ぶりに映画として復活!五島健助役の吉岡秀隆、中江功監督から感動のコメントも到着

  • 2022.6.30
  • 248 views

医療ヒューマンドラマの金字塔「Dr.コトー診療所」16年ぶりの続編製作が決定。映画『Dr.コトー診療所』として12月16日(金)より公開される予定となっており、Dr.コトーこと五島健助役の吉岡秀隆、監督の中江功よりコメントが到着。あわせてスーパーティザービジュアルも解禁となった。

【写真を見る】吉岡秀隆は、9月16日公開の『川っぺりムコリッタ』にも出演

吉岡秀隆、中江功監督のコメントともに、哀愁あふれるコトー先生を切り取ったビジュアルも解禁に [c]山田貴敏 [c]2022 映画「Dr.コトー診療所」製作委員会
吉岡秀隆、中江功監督のコメントともに、哀愁あふれるコトー先生を切り取ったビジュアルも解禁に [c]山田貴敏 [c]2022 映画「Dr.コトー診療所」製作委員会

「Dr.コトー診療所」は山田貴敏の漫画をもとに、2003年に放送された連続ドラマ。東京から離島に赴任してきた外科医と島の人々との関わりあいを通して命の尊さを描き、平均視聴率19%、最高視聴率22.3%を記録した大ヒットドラマ。シーズン2でも平均視聴率22.4%、最高視聴率25.9%という高視聴率を叩きだし、国民的ドラマとして語り継がれていた。前作放送から16年の時を経て映画化される本作でも、青い空と美しい海、雄大な自然に囲まれた志木那島を舞台に、16年経ても変わらないDr.コトーと島の人々の物語が展開する。

今回、「男はつらいよ」シリーズ、ドラマ「北の国から」シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)などでも知られる吉岡が連続ドラマから引き続き主演を務め、自身の代表役ともいえるコトー先生を再演することが決定。コメントでは「与那国島でのロケは久々でしたが、自転車で少し走ってみたらお母さんと小さいお子さんが『コトー先生!』と呼びかけてくれて。もう16年も経ってるのにこんなに幼い子がそう言ってくれるのがすごく嬉しかったです」と喜びをコメントしている。

また、ドラマシリーズのほか、スペシャルドラマ「教場」なども手がけた中江が本作でもメガホンをとる。連続ドラマの終了後も「志木那島のいま」について吉岡と会話を重ねてきた中江監督は「続編について会うたびに話していたんですが、コロナ禍に入って、人の生死について考えることがあり、そのなかで『もう一度このメンバーで「Dr.コトー」を作りたい』という話になりました」と本作を製作することとなった経緯を語った。また、脚本の吉田紀子はじめ、撮影、照明、美術、音楽など制作スタッフが本作のために再集結した。

あわせて解禁となったスーパーティザービジュアルでは、いまもなお志木那島にある診療所の前に佇むコトーが、儚げな表情浮かべる姿が切り取られている。ドラマシリーズへのリスペクトを感じさせる仕上がりになっており、その姿からは16年の空白の期間も物語が島で紡がれてきたかのような、あたたかさと哀愁が伝わってくる。

あれから16年、コトーはどのように島で生きているのか?「Dr.コトー」チームが再集結し描く、新たな物語に期待が高まる。

<キャスト&スタッフコメント>

●吉岡秀隆(五島健助役)

「『Dr.コトー診療所』は、それまで20年間純役を務めた『北の国から』が終わったタイミングで、連続ドラマがはじまりました。中江監督が純のイメージを変えて、役者として新たな命を吹き込んでくれた作品なので、僕にとってはとても大事な作品であり、役でもあります。最初に今作の脚本を読んだ時は、本当にせつなくて涙があふれました。この作品を映画にする意味や、16年の月日の流れも含めて、大事なものをスクリーンに映すために、監督、スタッフと一緒に作品を磨いています。与那国島でのロケは久々でしたが、自転車で少し走ってみたらお母さんと小さいお子さんが『コトー先生!』と呼びかけてくれて 。もう16年も経ってるのにこんなに幼い子がそう言ってくれるのがすごく嬉しかったです。『ずっとこの島ではコトー先生はコトー先生なんだ』と思うと、とても嬉しかったですし、頑張らなくちゃいけないと思いました。いろんなものを背負っていて白衣はまだ重いですが、クランクアップまでの長い長い坂道を、信頼しているスタッフ、キャストの皆さんと一緒に上っていきたいと思います」

●中江功(監督)

「2003年は『コトーが島の人に受け入れられる』、2004年のスペシャルドラマは『身近な家族が病気になり別の形のつながりが島の人たちと出来ていく』、2006年は『一番近い存在が病気になって、より「家族」を想う』というテーマをもとにそれぞれ作ってきましたが、正直『Dr.コトー』としてはやりつくした感がありました。その後も吉岡さんと会うたびに雑談も交えながら、続編をやるなら何をやるか、テレビドラマでやるのか、映画でやるのかなど話していたんですが、大きなテーマが決まらず『さぁやろう!』とはなかなかならなくて、そんなときにコロナ禍に入りました。コロナ禍以降、会えなくなってしまった人が何人もいて、人の生死について考える時間も増えました。『やりたいことはやれるときにやらないと』と思いましたし、吉岡さんにも『もう一度同じメンバーで「Dr.コトー」をやりたい』という話をしました。『監督がやるなら』とOKはしてくれたものの、やっぱりプレッシャーはありましたね。吉岡さんが『コトー先生は常になにかを抱えていないと、あの坂道で自転車のペダルを踏むことができないと思うんです』と言っていたのを覚えていたので。でも、『今回はこれをやろうか』という話ができてからは一気に話が動きだしました。映画になるまでの16年間も、島の人たちは相変わらず島で生きている、これからも生きていってほしい、というのが今回やりたかったことです。そして島の現在の美しい姿をスクリーンに映しだすというのももう一つのテーマになっていると思います。与那国島に久しぶりに降り立ったとき、島のみなさんに『おかえり〜』と声をかけていただけたのが嬉しかったです。16年経っても変わらず暖かく応援していただいている島民の方々には感謝しかありません。16年ぶりの撮影だったので、吉岡さんがコトー先生になれるのか少し心配もあったのですが、初日の往診のシーンの表情を見て声を聞いて、一瞬にして戻っていることに『あ、大丈夫だ』と安心しました。まだまだ撮影中ですが、僕も、ファンの一人として、コトー先生がいまどう過ごしているのか見届けたいと思います」

文/鈴木レイヤ

元記事で読む
の記事をもっとみる