1. トップ
  2. 恋愛
  3. 同僚から彼女に♡《恋愛に発展させる》3つの方法

同僚から彼女に♡《恋愛に発展させる》3つの方法

  • 2022.6.29
  • 923 views

職場恋愛はハードルが高いとはいえ、一緒にいる時間が多い同僚が恋愛対象になることは珍しい話ではありません。「ただの同僚」からステップアップして「職場恋愛」にするための3つの方法をご紹介します。

食事や飲み会に誘ってみる

「ただの同僚」から「恋愛」に発展させるには、まずは「ただの同僚」から「親しい同僚」になる必要があります。その為には社外でのコミュニケーションが必要不可欠です。

まずは食事や飲み会に誘ってみましょう。最初は複数人で会うことから始めるのがポイントです。一緒の時間を過ごす機会が増えれば、相手がどんな人かを知ることもできますし、自分を知ってもらうチャンスでもあります。

少しずつ「親しい同僚」になったら、次は二人きりで食事に行くのを実践しましょう。仕事終わりに「食事に行かない?」などと気軽な感じで誘ってみるのがポイントです。

誰かを誘うといった流れになったら、「今日は二人で行こうよ」と伝えてみてください。

休日に出かける口実を作る

「ただの同僚」から「親しい同僚」になったら、次は休日にデートに行く口実を作りましょう。

デートと言うと誘うのが難しく感じるかもしれませんが、「一緒にどこかに行く」という誘いならばそこまでハードルは高くないでしょう。複数人で出かけることから始めても問題ありません。重要なのは休日に社外で会うということ。

いつもはスーツや制服など仕事の時の姿しか見ていない相手の私服姿を見ることができますし、普段とは違う環境で会うことで距離感がグッと縮まります。

出かける場所は、できれば相手が好きなことに合わせるとスムーズに会うことができるでしょう。

プライベートな相談をしてみる

休日に出かけるぐらいの親密度なら、次はプライベートな相談をしてみましょう。仕事上の話は、休日や仕事終わりにしたいものではありませんので、なるべく避けるポイント。

自分の将来への不安や家族の出来事、友達関係の悩みなどどんな内容でも構いません。まずは普段話さないような内容の相談をしてみましょう。

相談に乗ってくれたらしっかりお礼を言い、話を聞いてくれて嬉しかったことも一緒に伝えてください。そして、一緒にいると落ち着くことや、相手に相談できて良かったということは必ず言いましょう。少しずつ好意を出していくことで、相手にも意識してもらうきっかけができます。

職場恋愛への発展は時間をかけるのがポイント

毎日顔を合わせる相手との関係を発展させていくには時間がかかります。焦ってしまうと、場合によっては職場の居心地が悪くなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

まずはゆっくり関係を深めていくことから始めてください。少しずつ時間をかけて歩み寄っていくことで、恋愛への発展する可能性があるでしょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる