1. トップ
  2. 竹内涼真、自身の信念を明かす 撮影では「何を自分たちが本来やりたいのか」を重視

竹内涼真、自身の信念を明かす 撮影では「何を自分たちが本来やりたいのか」を重視

  • 2022.6.29
  • 71 views
『六本木クラス』制作発表記者会見イベントより クランクイン! width=
『六本木クラス』制作発表記者会見イベントより クランクイン!

俳優の竹内涼真、新木優子、平手友梨奈、香川照之が29日、都内で開催された日韓共同プロジェクトドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系/7月7日より毎週木曜21時)制作発表記者会見イベントに出席。物語にちなんで自身の信念を聞かれた竹内は「何を自分たちが本来やりたいのか」を重視しながら作品に挑んでいると語った。

【写真】竹内涼真、新木優子、平手友梨奈ら『六本木クラス』“6Cポーズ”を披露

本作は、下剋上を主軸に、ラブストーリーや青春群像劇を交えて描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメーク。主人公の宮部新(竹内)が、絶望の淵に立たされたことを機に報復を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に仲間と共に立ち向かっていく姿を描く。

質疑応答で、物語にちなんで自身の信念を聞かれた竹内は「まじめな話になっちゃうんですけど、SNSだったり今はネットでいろんな情報が目に入ったり、すごく便利な時代じゃないですか。でもその中でモノづくりをしていくときに、自分たちが作る作品だったり芸術に、周りの意見だったり、どう思われている、どう見られているという情報を入れすぎると、本来自分たちがやりたかったものって、一本筋が通らなくなるような気がして」と持論を展開。

「作品を作るときは、周りの意見だったりネットの情報だったり、そういうのは一回置いておいて。何を自分たちが本来やりたいのかっていうことを常に意識しながら撮影していくっていうことを心がけていますね」と語った。

新の同級生で初恋の相手でありながら、新と敵対する長屋ホールディングスで働く楠木優香を演じる新木は、「見えないスタッフさんだったり、いつもお世話になっているスタッフさんも含めて、感謝の気持ちを忘れないっていうのは、生きているうえでもお仕事をする上でも大切にしたい信念」とコメント。

IQ162の天才的頭脳を持つ人気インフルエンサー・麻宮葵を演じる平手は「何か表現するものがあれば、それに対して自分のできることは何でもやるっていう考えがあります」と話していた。

ドラマ『六本木クラス』は、テレビ朝日系にて7月7日より毎週木曜21時放送。

竹内涼真、新木優子、平手友梨奈、香川照之、『六本木クラス』会見に登場

元記事で読む
の記事をもっとみる