1. トップ
  2. ファッション
  3. 「猛暑の大人っぽいモノトーンコーデ」 人気スタイリストさんに緊急取材!【荒木里実さん編】

「猛暑の大人っぽいモノトーンコーデ」 人気スタイリストさんに緊急取材!【荒木里実さん編】

  • 2022.6.29
  • 10414 views

サラッと着るだけでカッコよくなるし、サマになると思いがちなモノトーン配色。ちょっと待って!ともすると「手抜き」「無難」と思われちゃう危険な配色でもあるんです。オシャレな人は白と黒だけでも印象的だしスタイルを感じるもの。そこで、スタイリストの荒木里実さんに、こだわりのテクニック、今夏したいスタイリングを徹底リサーチ。今すぐ使えるアイディア満載です。

スタイリスト・荒木里実さんの「夏モノトーンコーデ」

黒のハンサム力でどんなテイストも自分らしく
“最愛の黒をキャンバスに甘さやメンズニュアンスを荒木流で表現したい”

白黒ベーシックコーデ1.
辛さと着痩せ効果と…頼りがいありすぎる黒は私のエッセンシャルカラー。白を配してモノトーンで着るより、黒は上下重ねるのが好き。黒でもワントーンを楽しみたいからです。これは私的最甘バランス。クラシカルですらあります。白は小ぶりなバッグだけ。デニムで一気にカジュアルに振りました。甘くても黒ならエッジィ、ハズした感じに。ブラウス¥46,200(マーレット/サザビーリーグ)デニムパンツ¥24,200(ハイク/ボウルズ)バッグ¥30,800(CHRISTIANVILLA/THIRD MAGAZINE)シューズ¥181,500(マノロブラニク/ブルーベル・ジャパン)ハット¥29,150(CA4LA/CA4LAプレスルーム)バングル¥20,900(アンセム フォーザ センセズ/アマン)

白黒ベーシックコーデ2.
黒Tに黒パンはトレンドなんて関係なく、ずっと着続けている安心できるリアルなスタイルです。夏の黒はレイヤードせず、ワンツーで着るのが涼感アップのコツ。これくらいシンプルなときは、ネックレスもせずベルトに注力。潔くハンサムトラッドにまとめます。古着っぽいGジャンもまた気分。手元のパールでヴィンテージ感を盛り上げてみました。ノースリーブTシャツ¥8,580(スローン)パンツ¥39,600(ロンハーマン)デニムジャケット¥41,800(ハイク/ボウルズ)バッグ¥13,200(ケッシュル エッセンシャル)シューズ¥83,600ベルト¥68,200(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ブレスレット¥12,960(アビステ)

教えてくれたのは…

スタイリスト・荒木里実さん
CLASSY.のオシャレ番長、表紙も多く手がける看板スタイリスト。辛口でカッコいい、パンチとエッジあふれるスタイリングが持ち味。「黒は好き、白はそんなに」と言いつつ、白黒企画後は白率高まるミーハーなところも彼女の持ち味。

撮影/魚地武大(TENT) スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む
の記事をもっとみる