1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2022年6月『新月の願い事』蟹座の新月であなたの願いを叶える

2022年6月『新月の願い事』蟹座の新月であなたの願いを叶える

  • 2022.6.29
  • 9791 views

月には不思議なパワーが宿っており、私たちの心や身体にさまざまな影響を与えています。

そんな月のミラクルパワーを借りて、あなたも願いを叶えてみませんか?

6月29日には、蟹座で新月を迎えます。

新月を迎えたら、あなたが叶えたい夢や願い事を紙に書き出してください。

月のエネルギーを借りて、夢や願い事があなたの意識に深く刻まれ、目標に向けて前進するパワーがあふれ出すでしょう。

そして、7月14日は山羊座で満月を迎えます。

満月を迎えたら、新月の時に書き出した願い事の振り返りを行ってください。

できたこと、できなかったこと、必要に応じて行動を改善していくと効果的です。

それでは、6月の新月と7月の満月について、詳しく見ていきましょう。

6月の新月は【6月29日 11:51】蟹座

6月の新月は【6月29日 11:51】です。

新月を迎えたら、48時間以内に願い事を紙に書き出しましょう。

願い事に関する内容はどんなことでも自由ですが、新月のパワーを借りて叶いやすい願いは「あなたの成長に関すること」です。

たとえば、優柔不断で悩んでいるなら「素早く決められるようにする」や、生活習慣が乱れているなら「生活リズムを整える」など。

他にもダイエットや勉強、スキルアップなど、自分をレベルアップさせるための願い事が最適ですね。

そして、6月29日の新月は蟹座で起こります。

この新月では、蟹座の特徴である家庭や友だちとの関わり方など、身近な相手に関する願い事が叶いやすいでしょう。

たとえば「友だちが欲しい」なら、「同じ趣味を持つ人と会う機会を増やす」など、より具体的な内容にしてみてください。

もし、あなたがちょっとしたことで不安になりやすい傾向があるなら、安心感を得るための願い事もおすすめです。

たとえば「リラックスする時間を増やす」「前向きな自分になる」など、不安よりも希望を探せるような願い事を書いてみてください。

新月のパワーは、私たちの深層心理に深く影響し、ポジティブなパワーをみなぎらせてくれます。

1人で難しいようであれば、家族や友人、あるいはSNSを利用して仲間を巻き込むのも良いでしょう。

【具体例】蟹座の新月…どんな願い事が叶いやすい?

蟹座の新月では、どんな願い事を叶えることができるのか、ここからは具体的な願い事をご紹介します。

●長所も短所も含めて自分に、相手に愛情を持てるようになる!

●他人の気持ちを察することのできるようになる!

●何かの時に頼ってもらえるようになる!

●居心地が良い家を目指して、普段から片づけ上手になる!

●他人にほっとしてもらえる雰囲気を作れるよう努力する!

●人を育てる包容力を持てるように頑張る!

●素直に他人に甘えられる自分になる!

●自分の身近にいてくれる人に感謝できるようになる!

●人や動物をいたわる気持ちを大切にする!

新月の願い事は避けたほうがいい? ボイドタイムとは

新月の願い事は、新月が起こってから48時間以内に願い事を書くことが基本ですが、実はその中でも「ボイドタイムは避けたほうが無難」と言われています。

ボイドタイムとは、月の力がうまく発揮されない時間帯。

新月のポジティブなパワーが弱くなってしまうと言われており、むしろ本来の月のエネルギーが私たちのもとに届きにくいため、判断ミスが起こったり、感情的になったり、ネガティブなことが起こる可能性が増すことも…。

そのため、会議や契約、願い事は避けたほうが良い、とされているのです。

6月の新月に起こるボイドタイムは、7月1日 5:11から9:35までです。

ボイドタイムに新月の願い事を書くことについては、必ずしも「絶対にダメ!」というわけではありません。

しかし、せっかく願い事をするのであれば、万全の状態でトライしたいですよね。

ボイドタイムを避けられるのであれば、その時間帯を避けて新月の願い事を書き出しましょう。

7月の満月は【7月14日】山羊座

新月は、願い事を書き出すのに最適ですが、満月にピッタリなのは「振り返り」です。

新月に書き出した願い事に対して結果が出ているかどうか、満月にしっかりと見直す習慣をつけましょう。

満月の星座の力を利用することで、よりスムーズに改善に向けた行動を取ることができるからです。

7月14日の満月は山羊座です。

山羊座の満月の特徴として「仕事面・安定性・影響力」となります。

これらを中心に、願い事と、その願い事を叶えるために取ってきた行動について振り返ってみましょう。

新月の願い事に対して、しっかりと目標達成という結果を出せたかをどうか、この機会に確認してみてください。

達成できていれば、自分をしっかり褒めてあげてください。

もしも達成できていなければ、改善が必要です。

山羊座の満月ですから、もっと効率的に進めるためにはどうするべきか、そして一時的な結果しか出ていないならば、それを安定して手に入れるためにはどうするべきかを中心に振り返っていきましょう。

満月が力を貸してくれて、スムーズに改善点やアイデアが浮かび上がってくるはずです。

最後に

新月には、不思議なパワーがあると信じられているとはいえ、すべての願い事が「必ず叶う」というわけではありません。

この世界は物質世界ですから、目に見えない月のパワーだけではやはり限界があります。

しかし、あなたの心の中にある願い事を具体的に紙に書き出すことは「今の自分が何を望んでいるのか」「どんなことに不安を感じているのか」など、心をじっくりと見つめ直すきっかけになるはずです。

「新月への願い事」「満月への振り返り」は毎月一定のサイクルでやってきます。

この新月の願い事と、満月の振り返りをぜひ、毎月行ってみてください。

不思議なこの月のパワーは、きっとあなたの夢を実現するための力になってくれるでしょう。

(うらなえる編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる