1. トップ
  2. ベイマックスが新シリーズで帰ってくる!“敵も傷つけないヒーロー”誕生の映画版を振り返りレビュー

ベイマックスが新シリーズで帰ってくる!“敵も傷つけないヒーロー”誕生の映画版を振り返りレビュー

  • 2022.6.28
  • 86 views
ベイマックスがドラマシリーズで新登場「ベイマックス!」キービジュアル (C)2022Disney
ベイマックスがドラマシリーズで新登場「ベイマックス!」キービジュアル (C)2022Disney

【動画を見る】新たな冒険が始まる「ベイマックス!」予告編

2014年に公開され、第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞に輝いたディズニー映画「ベイマックス」。主人公の少年がロボット・ベイマックスと絆を深めていく様子が描かれた。そのベイマックスが主人公となるドラマシリーズ「ベイマックス!」が6月29日(水)よりディズニープラスで独占配信される。新ドラマスタートを前に、映画版の魅力を振り返る。(以下、ネタバレがあります)

ベイマックスとは?

映画「ベイマックス」は、サンフランシスコと東京をミックスしたような架空都市・サンフランソウキョウが舞台。物語の主人公は、13歳のときに高校を飛び級で卒業した天才少年・ヒロ。幼いころに両親を亡くし、兄・タダシとともに叔母・キャスの元で暮らしていた。

大学に進もうとせず、その頭脳を生かして作ったロボットを対戦させて違法にお金を稼ぐヒロを見かねたタダシは、自分の大学の研究室に連れて行く。そこでヒロはタダシがケア・ロボットの“ベイマックス”を開発していることを知るのだった。

1万通り以上の治療法がプログラムされ、スキャンで不調なところを読み取ることができるベイマックス。丁寧なせりふ回しも愛らしく、タダシいわく「思わず抱きしめたくなる」ことを目指した、弾力性のある真っ白なビニール製ボディも特徴だ。ふわふわボディを揺らしながらトコトコ歩く姿には、見ているこちらも癒される。ケアのためにギュッとハグしてくれるところは、自分のそばにもいてほしいと願うほどだ。

悲しみに沈んでいたヒロをベイマックスが救う

ヒロはロボットファイターとなることを夢見ていたが、タダシや彼の“科学オタク”な同級生たちの研究にかける情熱や、尊敬するキャラハン教授に学べると分かって、進学を熱望。入学がかかった研究発表会で見事にチャンスをものにするが、そこで謎の火災事故が起き、タダシが亡くなってしまう。

引きこもりの日々を送るほどに深く傷ついたヒロ。そんな彼の心を救ったのが、ベイマックスだった。

心の傷もケアしようとするベイマックスに、初めはそっけない態度をとっていたヒロ。ベイマックスが研究発表会でヒロが披露した発明品が反応していることに気付き、ヒロのためになるならと、町へ出かけるベイマックスを追って、ヒロは久しぶりに外出。行き着いたとある場所で危機を迎え、その出来事がきっかけで兄の死を不審に思い、真相を追う決意をする。

ヒロの成長と兄やベイマックスとの絆

映画「ベイマックス」では兄やベイマックス、仲間たちとの絆と、それによって成長していくヒロの姿が大きな見どころとなる。

最愛の兄をきっかけに進学を目指そうと努力し、そしてその兄が残してくれたベイマックスによって失意から立ち直ったヒロ。兄の存在はいつでも大きい。

兄の死の真相を追うと決めたとき、危険を伴うことが予想されることから、ヒロは戦闘能力ゼロのベイマックスをバージョンアップさせようと、格闘プログラムとパワードスーツを作り出した。しかし、未熟さゆえに暴走してしまう。そんな彼を、タダシに代わってベイマックスやタダシと同じ研究室の仲間たちが見守り、助けていくことに。

ヒロが成長し、これまでの兄との絆に支えられ、そしてベイマックスや新しい仲間と絆を深めていく姿は胸をアツくする。

味方も敵も傷つけない、優しきヒーローの誕生!

兄の死にショックを受けてふさぎ込んでいたヒロに「泣いてもいいんですよ」と声をかけた優しさあふれるベイマックス。本作では、そんなベイマックスが“ヒーロー”となる。

本作の原作はマーベルコミックの「BIG HERO 6」。映画化でストーリー展開などは大きく変更されたが、ヒロがベイマックスやタダシの研究室の仲間4人と計6人でチームのように敵に立ち向かうのは原作に基づている。

ベイマックスは格闘プログラムを入れられていてもケア・ロボット。ヒロが復讐相手を攻撃するよう命じても、ベイマックスはそれを拒む。憎しみで頭がいっぱいだったヒロが強引にケア用プログラムを抜いて攻撃させるが、なんとか仲間たちが暴走を止めた。

その後、ベイマックスは自分を作ったタダシのことをヒロに思い出させる。それによりヒロは正気を取り戻すことに。そして、ヒロはベイマックスと勇気ある行動に出る。それは真のヒーローの姿だった。

笑いあり、アクションあり、感動ありで展開するストーリーは男女問わず幅広い年代の心をとらえた。

この映画の続編であるアニメシリーズ「ベイマックス ザ・シリーズ」では、ヒロとベイマックス、4人の仲間がチームでまちを守るために活躍する姿が描かれた。

そして、6月29日(水)からはベイマックスを主人公にした「ベイマックス!」がスタート。ベイマックスが、まちの人の“お助けヒーロー”になりたいと新たな冒険に繰り出していく。時におせっかい過ぎるほどに心に寄り添ってくれる優しいヒーロー、ベイマックスの新しい物語が楽しみだ。

元記事で読む
の記事をもっとみる