1. トップ
  2. メイク
  3. アイシャドウは塗り方で今っぽになれる♡アラフォーさん向け2022年版アイメイクのやり方

アイシャドウは塗り方で今っぽになれる♡アラフォーさん向け2022年版アイメイクのやり方

  • 2022.6.28
  • 16264 views

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。発売から色褪せない人気のアイシャドウは魅力的ではあるものの、メイクトレンドの変化の影響で今っぽさに欠けてしまうことが。そこで今回は、人気のアイシャドウを使った2022年らしいアイメイクをご紹介します。

使用アイシャドウはトムフォードのハネムーン

今回使用するのは、トム フォード ビューティの「アイ カラー クォード」4A ハネムーン(税込10,890円)。価格に驚く方も多いですが、その品質は折り紙つき。

鮮やかな発色、上質な輝き、なめらかなテクスチャー、あらゆる要素でクオリティの高さを感じさせられます。

ハネムーンは長年人気ではあるものの、メイクトレンドが抜け感・ナチュラル系に様変わりした2022年においては、塗り方に気をつけたい点も。

左下のレッドをメインカラー、右下のボルドーを締め色に使うようなベーシックな塗り方をすると、重厚感が出すぎてしまいます。

今っぽさを出すポイントは、淡い色をメイン使いすること。

塗り方次第でハネムーンがもつ美しい輝きと深みを楽しみながらも、軽やかさも叶えることができます。

明るめの色をメインにして広く入れる

このパレットで淡い色といえば、左上のライトベージュ(A)と右上のライトブラウン(B)の2色。これらを広範囲に使ってメイクをすると、今っぽさを出しやすくなります。

まずは、左上のライトベージュをアイホール全体に入れましょう。まばゆく輝くベージュが、まぶたに輝きと軽やかさを与えます。

そして、次に右上のライトブラウンを目尻側が広くなるように入れます。この色なら広めに入れても重たくなりすぎず、まぶたに自然な陰影が生まれます。

重厚感のある色は塗る範囲を減らす

存在感の強い左下のレッド(C)と右下のボルドー(D)は、入れる範囲を少なめに。重厚感のある色の塗る範囲を狭めることで、全体の重たさが軽減されます。

レッドは締め色として二重幅に入れ、ボルドーは細い筆にとってアイラインがわりで使ってみました。主張の強い色なら塗る範囲を狭めても十分に存在感が漂います。

下まぶたは2色混ぜでニュアンスをON

下まぶたの色に悩んだときは、一番明るい色と2番目に明るい色を混ぜて使うのがおすすめ。明るすぎず暗すぎず、ニュアンスのある下まぶたメイクが簡単に叶います。

このパレットでは、左上のライトベージュ(A)と右上のライトブラウン(B)を混ぜて全体に入れてみました。

高品質なアイシャドウは長く大切に使いたいもの。塗り方を少し変えてみるだけで、同じアイシャドウでも印象が大きく変わります。

トレンドにあわせた塗り方で、今っぽさを楽しんでくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる