1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2022年7月「運気がグッと上向きそう」なのは誰?【7月の恋愛運】を大公開!

2022年7月「運気がグッと上向きそう」なのは誰?【7月の恋愛運】を大公開!

  • 2022.6.25
  • 36761 views

今年こそは花火大会や音楽フェスなど楽しいデートが叶えられるといいですよね。来たる華やかな恋の季節を謳歌するためにも、7月の恋愛運がどうなるのかをチェックしておきましょう。そうすることで、素敵な恋を楽しめるようになるかもしれません!

【2022年7月の恋愛運】

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

前半は仕事や自分のことが気になって、恋に集中できないかもしれません。18日をすぎると心がスッキリしてくるでしょうが、それまでは焦って大事な決断をくださないように。モヤモヤしたら友人と話すことで視野が狭まるのを防げるはずです。下旬に入れば、落ち着いて恋愛に向き合えるようになるでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

やる気がみなぎる月のようです。いつもより積極的になり、大胆なアプローチをすることができそうです。好きな人とまだ距離があるのなら一気に仲良くなれるでしょうし、付き合う手前で足踏み状態にあるカップルは月内に交際までこぎつけるはず。「行動あるのみ」と考えて、今月は遠慮なくいきましょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

18日までは人気運が高まって、あちこちから誘われそうです。フリーの人は出会いが増えて恋のきっかけをつかみやすくなりそうですが、好きな人がいる場合、よそ見をしてしまうかもしれないので気をつけて。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

前半はやれるだけのことを一生懸命に。「あの人と付き合えたらいいな」「どこかにいい人いないかな」と漠然と望むだけでなく、自分で恋を動かす意識を持ちましょう。月半ばを迎えるとそれまでの努力が報われそうです。自分と相手を取り巻く状況が変わり始めるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

7月は恋愛より仕事に意識が向いてしまいそうです。恋人がいるなら忙しくても「おはよう」「おやすみ」のメッセージは送るようにするなど、心が離れない工夫を大切に。まだ付き合う手前のカップルは、それとなく仕事の状況を伝えて、興味が薄れたわけではないことをアピールしましょう。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

自分なりに努力を続けてきた人は、月半ばをすぎた頃に手応えを感じるでしょう。当初の恋のゴールとは違う未来が見えても、「それはそれでアリ」と柔軟に受け入れることが進展のカギになるはず。フリーの人は理想の恋人像が変わる可能性がありそう。特に、婚活している人は今までの恋人とは違うタイプの人に夫になってほしいと思うかもしれません。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

恋愛運は好調なようですが、先月に比べれば運気が落ち着きそうなので、少し物足りなく感じるかもしれません。今月はドラマティックな展開を求めるより、地に足のついた幸せを求めましょう。好きな人との関係をじっくりと深めたり、誰が恋人にふさわしいのかを吟味したりすると良さそうです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

今月は好きな人との関係が盛り上がりやすく、片思いをしているなら一気に距離が縮みそうです。普段は話さないような踏み込んだ話題が、相手と親密になるきっかけになるはず。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

運気は先月よりトーンダウンしそうですが、情熱の嵐に翻弄されていた人はひと息つけるようになるでしょう。好きな人とじっくり向き合えたり、いくつかの出会いの中から恋人候補を絞ったりすることができるはず。交際中の人は下旬までラブラブムードが楽しめそうです。密なやりとりを心がけて。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

今月はガツガツするくらいがちょうど良い月のようです。恋愛に対する心の感度が高まっているようなので、積極的になるほど進展が期待できるでしょう。
これまで自分なりに努力を続けてきた人は、月半ばを迎えた頃にがんばりが報われるはず。恋の状況がガラッと変わりそうです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

恋人が欲しい人は早めに行動すると良い月のようです。片思い中やフリーであれば、受け身にならずに積極的に行動して。18日までは甘いムードが漂いやすく、気負わなくても好きな人との距離が縮んだり、魅力的な人から注目されたりするでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

自分から行動を起こすと、進展が期待できそうな月です。相手に「動いてほしい」と期待しても、じれったい状況が続くかもしれません。また、態度で示して「気持ちを察してほしい」と様子見をするより、明確な言葉で伝えたほうがスムーズな意思疎通がかなうでしょう。

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。
©blackCAT/vadimguzhva/gettyimages

文・沙木貴咲

元記事で読む
の記事をもっとみる