1. トップ
  2. レシピ
  3. スープにパンをつけてOK?プロに聞いた!その食事マナー、間違ってますよ!

スープにパンをつけてOK?プロに聞いた!その食事マナー、間違ってますよ!

  • 2015.10.8
  • 5502 views

デートでちょっといいフレンチのお店に行くことになったり、仕事で急に高級な和食のお店に行くことになったり……。

人生何かと、食事のマナーに気をつけたいときってありますよね。ですが、ここぞというときにわからなくなってしまいがちなものもまた、食事のマナーだったりします。

そこで今回は前回の結婚式のやりがちNGマナーに引き続き、同じく石田紗英子さんの解説で食事の席での意外なNGマナーをご紹介します!

結婚式などのイベントよりも、多くの機会で登場する食事マナー。いいと思っていたマナーが間違っていることも多いものです。絶対にそうしなければ!ということはなくとも、少し覚えておけば格段にスマートに振る舞えちゃいます。

今回もわかりやすく解説してくださった石田さん! 元航空会社客室乗務員であることを活かし、マナー・プロトコール検定準1級を取得、そして実はマナー・プロトコール講師養成講座も修了しているんです。

今回は和食編と洋食編のシーン別のマナーをご紹介。「手を受け皿にして口に運ぶのは、きれいなマナーではないの?」、「ワイングラスで乾杯するときはくっつけちゃいけないの?」などのちょっとした気になる質問にもわかりやすくお答えいただきました。

 

知っているだけで財産となる、食事に関するマナーの数々。必見です!

★プロに聞いた!知らないの?その結婚式マナー、間違ってますよ!

まずは和食編です! 意外なNG、たくさんありましたよ!

Q お箸でつかんだものを口に運ぶ際に、もう片方の手を受け皿にして食べるのはきれいなマナーですか?

石田紗英子さん(以下、石田)

みなさん、手を添えた方がきれいに見えると思われてよくやるんですが、こちら意外なことにNGなんです! 洋食はお皿を持ち上げてはいけないのですが、和食は手のひらサイズのお椀や小鉢、どんぶりも持ち上げて食べて大丈夫です。醤油皿も持ち上げていいものなので、お刺身に醤油をつけたあと、口に運ぶまでの間にしたたり落ちちゃうのを防ぐために、お皿ごと口元に持って行くといいですよ。


でも実は一番便利なものがあるんです! 懐紙(かいし)といって、和菓子の下などに敷いてある和紙のアレですね。懐紙を持ち歩くと、とってもスマートに食事をすることができます。懐紙なら受け皿にしていいですし、口元を拭いてもいいですし、食器に口紅がついたときなどに拭いてもOK。食べにくい魚を食べる時に魚をおさえたりもできます。懐紙、超便利です!

 

 

Q お刺身などを食べるとき、わさびを醤油に溶かすのはダメですか?

石田

はい、NGです! わさびの風味を大事にするという意味はもちろん、食べ終わった時の見た目が美しくないからというのが理由になります。また、お刺身を食べるのにも良い順番がありまして、白身魚などの淡白なものから、味の濃い赤身などを食べていくのがベターとされています。

 

 

Q 食べ終わった食器は、重ねて置いておくべきですか? 

石田

和食器や割れやすいもの、塗りのものも多いのでこちらNGです! むしろ重ねると、たいした食器を使っていませんねというアピールになってしまうんです。ちなみにお椀のふたなどは食べ終わった後、基本的には元に戻して閉じておくのが正解です。

また、和食をコースで食べていると、ご飯とお味噌汁とお漬物が最後に出てくることがあるかと思います。あれは止め椀(とめわん)と言って、ご飯はここまでですよという合図。止め椀が出てきたら、お酒を飲むのを終えるのがマナーです。ですので、お店の方から「ご飯の準備をしてもよろしいですか」と尋ねてくださりますよね。そこまでにお酒は飲み終えるようにしましょう、こちらも覚えておくといいかもしれません。

お次は洋食でのマナー。こちらも覚えておきたい、すぐに使えそうなマナーばかりです!

 

Q グラスに口紅がついたときに、指で拭いちゃうのはありですか?

石田

OKです! 和食のときは懐紙などで拭くのですが、洋食は大丈夫です。拭いた指はナプキンで拭きましょう。ですが、できれば食べる前にナプキンなどで口紅をおさえておくというのがベストです。

 

Q ワインの乾杯のとき、グラスとグラスを当てるのはダメですか? 

石田

いいワイングラスは割れやすいというのもありますので、NGです。乾杯の際には少しグラスを持ち上げて、ニコッと微笑むのが正解。こちらはワイングラスに限らず、シャンパングラスなどのガラス類全部に共通しています。あ、もちろんビールジョッキなどは大丈夫です!

もうひとつ覚えておきたいのは、ウエイターさんがワインを注いでくれているとき。グラスに手を添えるか迷うひとが多いのですが、こちら触らないのが正解です!

 

Q 食べ終わった後のナプキンはどうしたら?

石田

きれいにたたむ方、多いですよね。あのようにきれいにたたむの、実はNGなんです! ぴったりと元に戻してしまうと、お店に対して「おいしくなかったです」というアピールになってしまうんです。きっちり戻さず、適度にふんわりたたむ程度で席に置いておけばOKですよ。

 

Q バッグは床に置いちゃっていいんでしょうか? 

石田

基本的には、お店の方が指示してくれるかと思います。4人掛けの席に2人でしたら空いている席に置く場合もあれば、荷物置きに置く場合も。ちなみに大きな荷物がある場合は、先に預けてしまうべきですね。わからなくて迷った場合は、自分の席のおしりと背もたれの間に置いておけば大丈夫ですよ!

 

Q スープにパンをつけて食べてもいいですか?

石田

つけたくなっちゃいますよね。でもこちら、NGなんです! パンのカスがスープ入ってしまうのを防ぐという意味があるからです。ですが、お料理のソースなどをパンですくって食べるのはOK! ソースまでもおいしくいただきましたよ、という意味になります。しかし難しいんですが、とってもとっても高級な場所になると、それがNGになることもありますので注意です。

ちなみにスープを飲む際、最後の残りがスプーンですくえない場合は、お皿の手前を持ち上げ、奥に残ったものをスプーンですくうのが正解ですよ。

 

結婚式のマナーに続き、食事のマナーについても分かりやすく解説してくださった石田さん。締めくくりには、こんなお言葉をいただきました。

石田

ここまで長々とマナーについてお答えしましたが、私がいちばん言いたいのは、マナーとは決して厳しいものではないということです。『郷に入れば郷に従え』というようなものだと思っています。例えば乾杯の際にグラスをくっつけないのがマナーだとは知っていても、みんながそうしている時にあえてマナーなので自分は絶対にしない、ではなくその場の空気を壊さずに合わせるのもまた大切。何もこれが決まった型だからと、神経質になる必要もないんです。食べ終わった後に、気を遣いすぎて全くおいしく感じなかったなんてことになったら意味がありませんよね。その場が良い空気になるようにすること、それがいちばんのマナーだと思います。

 

決まった型に、全部あわせる必要はないのだと笑顔で伝えてくださった石田さん。覚えておいて損はないけれども、完璧にこなす必要もないということがわかり、マナーに対しての考え方が少し変わった気がします。 (末成あゆみ)

★石田さんはコチラにも登場→ プロに聞いた!知らないの?その結婚式マナー、間違ってますよ!

 

元記事を読む