1. トップ
  2. 綾瀬はるかが語る木村拓哉に“かなわないところ”「1ミリも負ける要素を感じさせない気力みたいなパワーがいつもある」

綾瀬はるかが語る木村拓哉に“かなわないところ”「1ミリも負ける要素を感じさせない気力みたいなパワーがいつもある」

  • 2022.6.21
  • 134 views
木村拓哉にはかなわないところを語る綾瀬はるか 撮影:原田健
木村拓哉にはかなわないところを語る綾瀬はるか 撮影:原田健

【写真】脚本を読んだ印象を明かす綾瀬はるか

俳優の綾瀬はるかが、6月21日に都内で行われた映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」(2023年1月27日[金]公開)企画発表会見に、木村拓哉、脚本を手掛ける古沢良太、大友啓史監督と共に登壇した。

東映70周年記念映画となる同作品は、木村演じる織田信長と綾瀬演じる信長の妻・濃姫が、はじめは反発し合いながらも次第に打ち解けていき、誰も成し遂げたことのない天下統一という夢に向かっていく姿を描く夫婦の愛の物語。

「大うつけ」と呼ばれていた信長(木村)の元に、「マムシの娘」と呼ばれる濃姫(綾瀬)が嫁いでくる。敵対する隣国同士の政略結婚という最悪の出会いで始まった二人の夫婦生活は、互いに寝首をかこうと狙う一触即発な毎日だった。そんな二人の前に、強敵・今川義元の大群が攻めて来る。信長は圧倒的な戦力差に絶望しかけるが、覚悟を決めた濃姫の言葉に奮い立たされる、というストーリー。

「今までに見たことのない信長の夫婦の物語が描かれているなと感じました」とコメントする綾瀬はるか 撮影:原田健
「今までに見たことのない信長の夫婦の物語が描かれているなと感じました」とコメントする綾瀬はるか 撮影:原田健

濃姫は戦国時代なのに男勝りな勇ましい部分がある人

登壇した綾瀬は、脚本について「今までに見たことのない信長の夫婦の物語が描かれているなと感じました。どこか人間らしい部分がコミカルに描かれていたり、あの時代を生きている二人の生き様、夫婦が一つになっていく描かれ方がとても素晴らしくて、読み終わった時に心を持っていかれました」と明かした。

また、演じる濃姫について「戦国時代なのに男勝りな勇ましい部分がある人。信長と一緒になって女性らしい部分も出てきたりするのですが、見る目も、世の中を見る目も、とても勇ましくて格好良い女性だなって思いました」と告白する。

綾瀬はるかが木村拓哉のすごいところを告白

ほか、木村との共演について「木村さんのたたずまいが、私の中で信長さんと同一化していて、いつも何をやっても絶対に受け止めてもらえるっていう安心感のもとで、一生懸命やらせてもらいました」とにっこり。

そんな中、報道陣から木村と綾瀬に対し「お互いに『ここはかなわない』と思ったところは?」との質問が寄せられると、木村が「綾瀬さん独特のたたずまいなのか人柄なのか本当に分からないんですけど、一瞬で現場にいる人たちを虜にしているところ。そこはかないません」と回答。

一方、綾瀬は「モチベーションの高さっていうか、1ミリも負ける要素を感じさせない気力みたいなパワーがいつもあって。その全力を超えたすごいエネルギーでいつもいるっていうのが本当にすごいです」と語った。

◆取材・文=原田健

木村拓哉との共演について語る綾瀬はるか 撮影:原田健
木村拓哉との共演について語る綾瀬はるか 撮影:原田健
元記事で読む
の記事をもっとみる