1. トップ
  2. 有田哲平×ノブコブ徳井健太の対談は、有田の指名で実現!「ソウドリ」は若手芸人にとっての登竜門に<田村恵里Pインタビュー>

有田哲平×ノブコブ徳井健太の対談は、有田の指名で実現!「ソウドリ」は若手芸人にとっての登竜門に<田村恵里Pインタビュー>

  • 2022.6.20
  • 65 views
有田哲平×徳井健太の新コーナー「ソウドリ解体新笑」が熱い…! (C)TBS
有田哲平×徳井健太の新コーナー「ソウドリ解体新笑」が熱い…! (C)TBS

【写真】女性からも人気!シーズン9で優勝した男性ブランコ

放送開始から2年目を迎えた「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ~SOUDORI~」(毎週月曜深夜0:58‐1:28、TBS)。MC・有田哲平扮(ふん)する「ソウドリ」CEOの“ドン・アリタ”よりすぐりの芸人たちが自慢のネタで対戦し、“最高ソウドリ賞金40万円”を奪い合うお笑いトーナメントは、6月6日よりシーズン10がスタート。さらに、4月からは有田と平成ノブシコブシ・徳井健太が、深いお笑い談義を展開する新コーナー「ソウドリ解体新笑」も開始し、注目が集まっている。

このたび、WEBザテレビジョンでは、同番組を手掛ける田村恵里プロデューサーにインタビューを実施。有田と徳井による「ソウドリ解体新笑」はどのような経緯で実現したのか、また、収録現場でのエピソードと共に「ソウドリ」における展望を語ってもらった。

若手芸人にとっての登竜門に!

――放送開始から2年目に突入し、番組も放送回数を重ねるにつれて、視聴者はもちろんのこと芸人さんからの反響も大きくなってきている印象を受けますがいかがですか?

「ソウドリ」は若手芸人が出演しやすい番組なので、いわゆる若手の登竜門的なネタ番組になってくれたらいいなと思っています。先日の収録でも若手芸人たちにとって、登竜門的な感じで認識されているという話を聞きました。

なので、若手芸人にとって一番最初に出演したい地上波の番組、ネタ番組になってきているんじゃないかなと思います。今、若手芸人が出演する地上波のネタ番組って、あんまりないと思うんですよね。

昔は「爆笑オンエアバトル」などがあって…それこそ「ソウドリ」の前に放送していた「有田ジェネレーション」(※現在、Paraviにて配信中)には少しくせのある若手芸人が出演していたんです。「ソウドリ」は正統派、実力のある若手芸人が出演できるネタ番組なので、若手芸人が出演したいと言ってくれているという話は届いてます。

――以前、インタビューをさせて頂いた際にマッチメイクの芸人さんはオーディションで決めていると伺ったのですが、オーディションにも若手の方が多く受けに来ているのでしょうか?

コロナが収まった頃はオーディションをやっていたのですが、今はあまりオーディションを行っていないんです。現在は、番組のディレクター陣が情報を集めたり、ネット上にもネタ動画がたくさん上がっているので、そういったものを見ながらマッチメイクを作っています。

【写真】女性からも人気!シーズン9で優勝した男性ブランコ (C)TBS
【写真】女性からも人気!シーズン9で優勝した男性ブランコ (C)TBS

有田哲平が徳井健太を指名…!

――シーズン10が新たにスタートしましたが、これまでの収録の中で印象に残っている芸人さんはいらっしゃいますか?

先日、男性ブランコに出演してもらったですけれど、彼らの賞金額が群を抜いて高かったんです(※シーズン9に出演し、優勝)。

「ソウドリ」の観客は全員若い女性なんですけれど、男性ブランコのネタを見た観客のリアクションを見ていたら、彼らは女性にも人気があるんだなって。そういった意味でも男性ブランコは注目しています。

――有田さんと徳井さんによる新コーナー「ソウドリ解体新笑」もネットニュースになるなど話題になっていますが、どのような経緯で実現したのでしょうか?

今、YouTubeなどでもトーク系の動画が多いんですけれど、地上波でもYouTubeのような芯を喰ったお笑いの話をゆっくり聞いてみたいなという話が番組スタッフ内で上がったんです。

これまで、有田さんってそんなにじっくり過去のお笑いの話や、自分の芸人人生の話をしてこなかったんですけれど、「そろそろしてもいいかな?」って、本人も仰っていて、その聞き役としては考察芸人の徳井さんがとても良いんじゃないかなってスタッフ陣で思っていたんです。

そうしたら、有田さんからも徳井さんみたいな人と話がしたいと指名があって、キャスティングさせていただきました。

有田哲平が芸人論を熱く語る (C)TBS
有田哲平が芸人論を熱く語る (C)TBS

若手芸人のことを有田さんと一緒に考察してもらいたい!

――台本にはない話を展開するなど、有田さんと徳井さんのトークはとても盛り上がっていましたが、田村プロデューサーから見た、有田さんや徳井さんの様子はいかがでしたか?

有田さんって、話をするのがとてもお上手ですし、多分お好きなんですよね。あっという間に収録時間が過ぎていく感じで、話題が尽きることもなく、どんどん話が出てきて、あの場にお酒があったら二人で永遠に話していられるんだろうな…って、プライベートトークに近い、リラックスした雰囲気でしたね。

――田村プロデューサーが今後、お二人に話して貰いたいトークテーマはありますか?

本当は「ソウドリ」のマッチメイクに関して話してもらいたかったんです。実は徳井さんも収録が始まる13時くらいからスタジオに入ってくれていて、トーナメントも全部見てくれているんです。「ソウドリノート」というのも作ってくれて、そこにちゃんと出演芸人のネタに関して書いてくれていて、それがいつも放送されないのがやるせないですね。

本来はそのノートを見てもらって、若手芸人のことを有田さんと一緒に考察してもらいたい気持ちはあるんですけれど、これまでの芸人の生きざまや人生論、芸人論をお二人が熱く話された後にマッチメイクの話になるので、マッチメイクの話を少しだけして終わってしまうんです。

やっぱりお二人の人生論や芸人論は面白いので、そっちを使ってしまって、マッチメイクの話は放送されないんですよね(笑)。

――今後、「ソウドリ」で挑戦していきたいこと、注目してほしい点がありましたら教えて下さい。

「『ソウドリ』で初めて見る芸人さん多いよね」って言われたくて、新しい芸人をつねに出す場所でいたいです。

地上波のGP帯(※夜7:00~11:00の時間帯)って、有名な芸人さんや売れている芸人さんがいっぱい出ていると思うんですけれど、「ソウドリ」は深夜番組というのもあるので、一線を画して「初めてこの人たちを見た!」「何だこの面白い人たちは」という発見の場所になってほしいと思っています。

徳井健太が有田哲平と深いお笑い談義 (C)TBS
徳井健太が有田哲平と深いお笑い談義 (C)TBS
元記事で読む
の記事をもっとみる