1. トップ
  2. 板垣瑞生、Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』主演 出口夏希、窪塚愛琉、ゆうたろうとの青春物語

板垣瑞生、Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』主演 出口夏希、窪塚愛琉、ゆうたろうとの青春物語

  • 2022.6.20
  • 123 views
Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』に出演する(左上から時計回りに)板垣瑞生、出口夏希、ゆうたろう、窪塚愛琉 width=
Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』に出演する(左上から時計回りに)板垣瑞生、出口夏希、ゆうたろう、窪塚愛琉

俳優の板垣瑞生が主演を務め、モデル・女優の出口夏希がヒロインを演じるドラマ『ばかやろうのキス』が、日本テレビにて8月6日より毎週土曜14時30分に放送されることが決まった。

【写真】Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』キャスト陣

春に放送された『卒業式に、神谷詩子がいない』に続き、「Z世代に向けたエール」をコンセプトにしたZドラマの第2弾となる本作は、恋愛リアリティーショーに出演する初キス相手を巡る高校最後の熱い夏物語。田舎町で暮らす3人の男子が、中学時代に転校したクラスメートが恋愛リアリティーショーに出演するというニュースを知ることから始まる。板垣、出口のほか、窪塚愛流、ゆうたろうが出演する。

主人公・久城湊人役を演じる板垣は、主演を務めることについて「今までたくさんの主演の方々を見てきて、色々な主演の方がいらっしゃいましたが、僕は僕の主演を今回、全うしたいと思いました」と話す。また、脚本を読んだ感想を「今の時代的で、それでいてどこか風刺的な所があって。この時代的な部分を壊して、また新しい今の時代的な作品を作れそうな、そんなワクワクが読んでいくほどに湧き出てきましたし、自分がこうであると叫ぶ煌(きら)めきみたいなものを強く感じました」としている。

ヒロイン・美山李里奈役を演じる出口は「李里奈は自信がなくて自分の感情をうまく伝えられない役所でとても難しいけど、しっかり演じきりたいと思いました」とコメント。

入江勇吾役の窪塚は「勇吾は、自分の気持ちとちゃんと向き合おうとする人だと思います。だからこそ、僕も自分自身に負けぬよう日々の撮影を頑張ろうと思っています!」と語る。

小佐田慶太役のゆうたろうは「日本テレビのドラマ出演は初めてなので純粋に嬉しかったです。昼枠の時間帯というのも中々ないのでどういう方が見てくれてどういう反応があるのか今からとても楽しみです」としている。

Zドラマ『ばかやろうのキス』は、日本テレビ(関東ローカル)にて8月6日より毎週土曜14時30分放送。

コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■板垣瑞生/久城湊人役

――ドラマ主演を聞いたときにどう思いましたか?

今までたくさんの主演の方々を見てきて、色々な主演の方がいらっしゃいましたが、僕は僕の主演を今回、全うしたいと思いました。

――脚本を読んだ感想を教えてください。

今の時代的で、それでいてどこか風刺的な所があって。この時代的な部分を壊して、また新しい今の時代的な作品を作れそうな、そんなワクワクが読んでいくほどに湧き出てきましたし、自分がこうであると叫ぶ煌めきみたいなものを強く感じました。

――同世代のキャストとの撮影で楽しみなことはありますか?

現場とか作品を作っていけばいく程どうなる分かからないような、もっとこの作品の先にいける可能性を感じるライブ感があるキャストの方々が揃ったので、現場でどんなことが起こるんだろうって今から楽しみです。全力でバカなことをしてやろうと思ってます。

――ドラマの時期にちなんで、これまでの「学生時代の夏休み」に関する印象的なエピソードを教えてください。

高校生の時に撮影で熱海に行った時に、一人でカフェにいたらたまたまそこにいた80代のお兄さんと出会って。7、8軒くらい色んなお店に連れて行ってもらって色んな人に出会わせてもらいました。気付いたらいい時間まで語り明かしてたのが想い出です。

――同世代の高校生・視聴者のみなさんに向けて、このドラマを通して伝えたいことはありますか?

人生一回しかないので優しい思いやりを持って、好き勝手して生きていきましょう。今の個性が個性を削り合う側面がある世の中もいいと思いますが、個性が個性を伸ばせる世の中になると、もっといいなと僕は思うので、それを思ってこの作品を作っていきます。他人をリスペクトできている自分をリスペクトしてもいいんじゃないかなと思うので、それを伝えていきたいです。

■出口夏希/美山李里奈役

――ドラマ出演を聞いたときにどう思いましたか?

こんな青春はなかなか味わえないので読んでいて李里奈を演じられる事にワクワクしました。

――脚本を読んだ感想を教えてください。

ザ青春!です(笑)。真っ直ぐで、不器用だけど自分なりに全力で、言葉に出せない思いや感情が些細なしぐさで表現されていてとてもリアルだな。と思いました。李里奈は自信がなくて自分の感情をうまく伝えられない役所でとても難しいけど、しっかり演じきりたいと思いました。

――同世代のキャストとの撮影で楽しみなことはありますか?

その時その時のシーンを役を通しておもいっきり楽しんで同世代ならではの空気感をお伝えできたらと思います!

――ドラマの時期にちなんで、これまでの「学生時代の夏休み」に関する印象的なエピソードを教えてください。

夏休みはたくさん思い出作りしたくて、友達と海に行ったり花火をしたり、お祭りに行ったりと、とにかく夏だからこそできることは全てやりつくしました(笑)。

――同世代の高校生・視聴者のみなさんに向けて、このドラマを通して伝えたいことはありますか?

脚本を読ませて頂いて、やっぱり今を大切にしなきゃ!と改めて思いました。誰だってすれ違いや後悔など経験したことがあると思います。このドラマでは皆なそれぞれ色々な想いがあって、どこか共感できる部分もあると思うので、少しでも前向きな気持ちになって頂けたら嬉しいです!

■窪塚愛流/入江勇吾役

――ドラマ出演を聞いたときにどう思いましたか?

素直に嬉しかったです。「ばかやろうのキス」は、恋愛ドラマです。ですが、恋心以外にも感じられる感情は、たくさんあると思います。僕は、入江勇吾を演じさせて頂きます。勇吾は、自分の気持ちとちゃんと向き合おうとする人だと思います。だからこそ、僕も自分自身に負けぬよう日々の撮影を頑張ろうと思っています!

――脚本を読んだ感想を教えてください。

初めから自分が演じる役の視点で読ませて頂いたので「勇吾、その気持ちよく分かる」と共感する部分がたくさんありました。でも、僕よりも勇吾の方が優しい人です。僕の普段の性格では、もちろん友達や他人の人の気持ちを尊重しようと過ごしていますが、恋愛においては、話が違います(笑)。

勇吾の立ち振る舞いを見ると切なくて涙が出てくるシーンがありました。そして”優しい”と同時に”自分の気持ちを殺してる”とも思いました。そんな勇吾の姿を「美しく演じたい」と心の底から思いました。

――同世代のキャストとの撮影で楽しみなことはありますか?

戦友でありライバルでもある、キャストの方々。切磋琢磨し合って、自分の俳優人生に必要な技術や演技力をインスピレーションしたいと思っている半分、やっぱりこの作品を話題作にしたいと思っているので、役を通して”心と心”が本気でぶつかり合う撮影にしたいです。

――ドラマの時期にちなんで、これまでの「学生時代の夏休み」に関する印象的なエピソードを教えてください。

高二の夏休みはコロナ禍にドンピシャであったり、高三の夏休みはドラマの撮影に捧げましたので、高一が1番夏休みらしいことが出来ました。ですが至って普通です。例えば、友達と海まで自転車漕いで釣りしたり、大きな花火大会に行ったりと在り来りな夏休みでした。ですが高校を卒業し、自分の道に進み出した今。ふとあの頃を思い出すと「そういう在り来りな夏休みが1番楽しい」いや、「友達と過ごしたらどこだって楽しかった」とつくづく思います。

――同世代の高校生・視聴者のみなさんに向けて、このドラマを通して伝えたいことはありますか?

Z世代は、SNSやインターネットの時代。そして、僕達の時代。今、世の中にはたくさんの情報が交差しています。その中で僕は、このドラマを通して視聴者の皆さんの「力」になりたいと思っています。具体的に何の力になりたいのかと言うと「諦めることは簡単だけど、そんな欲に負けず自分のやるべき事に向き合う姿が1番格好良くて、その人を輝かせることが出来る」ということです。

■ゆうたろう/小佐田慶太役

――ドラマ出演を聞いたときにどう思いましたか?

日本テレビのドラマ出演は初めてなので純粋に嬉しかったです。昼枠の時間帯というのも中々ないのでどういう方が見てくれてどういう反応があるのか今からとても楽しみです。

――脚本を読んだ感想を教えてください。

文字だけで読んでいてもすごくキラキラしていて、自分自身忘れかけていた青春をこれから取り戻せるなとワクワクしました。

――同世代のキャストとの撮影で楽しみなことはありますか?

板垣瑞生くんとは何回か共演して親しくさせて貰っているのでまた共演出来て嬉しいですし、他の方々も見たら年が近くて仲良くなれたらなと密かに思っています。

――ドラマの時期にちなんで、これまでの「学生時代の夏休み」に関する印象的なエピソードを教えてください。

小さい頃はやんちゃな時期もあり地元の大きい市民プールに頭から突っ込んで父にめちゃくちゃ叱られたのは今となっては良い思い出です。

――同世代の高校生・視聴者のみなさんに向けて、このドラマを通して伝えたいことはありますか?

学生時代にしか出来ない事ってたくさんあるんだなと20代の今になって気付く瞬間が増えたので、是非今しか出来ない挑戦をたくさんして成功はもちろん、たくさん失敗も経験して欲しいなと思います。

■企画/プロデューサー:鈴木努

HIPHOPに生きる。全てを受け入れた上で、自分の生き方、個性を大事にして生きていく。嫌なことも、納得いかないこともあるだろう。それでも明日はやってくる。それなら、前を向いて全力で生きようぜ。

今を生きる高校生に贈ります。

元記事で読む
の記事をもっとみる