1. トップ
  2. グルメ
  3. 京都発・生仕立てわらび餅専門店に夏限定わらび餅と「飲むわらび餅」が登場

京都発・生仕立てわらび餅専門店に夏限定わらび餅と「飲むわらび餅」が登場

  • 2022.6.18
  • 525 views

2022年6月15日(水)、「きなこととろり 祇園本店」(京都府京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町)で「若桃と白あん」とわらび餅ドリンク「ももの紅茶」、「もものソーダ」の販売がスタート。「食べるわらび餅」と「飲むわらび餅」の異なる食感をぜひ楽しんで!


生仕立てわらび餅「きなこととろり」(京都府京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町)では、2022年6月15日(水)より夏のわらび餅1種 「若桃と白あん」 とわらび餅ドリンク「ももの紅茶」、「もものソーダ」2種を販売。

毎日お店で炊き上げる生仕立てわらび餅の上品な弾力ととろりと溶けていく柔らかな食感に、舌鼓を打つことまちがいなしです。

京都発・生仕立てわらび餅「きなこととろり」

きな粉を中心としたスイーツカフェである「吉祥菓寮」から派生した「きなこととろり」。「吉祥菓寮」が大豆の選定からこだわって焙煎、粉砕した深み焙煎きな粉と「とろり」と、口どけのよい「生仕立ての食感」に仕上げたわらび餅が魅力です。

夏のひんやり和スイーツ!“食べる”わらび餅と“飲む”わらび餅

桃の優しい甘みと清涼感ある風味が染み渡る“食べる”わらび餅 「若桃と白あん」と、みずみずしくすっきりとした味わいが特徴の“飲む”わらび餅「ももの紅茶」 「もものソーダ」2種をご紹介。

“食べる”夏のわらび餅 「若桃と白あん」

完熟前に摘果した若桃の甘露煮をわらび餅と合わせた逸品。若桃の優しい甘みととろりとした口どけのよいわらび餅、上品な甘みの白餡が絶妙にマッチしています。

“飲む”わらび餅「ももの紅茶」「もものソーダ」

香り豊かなセイロンティーに国産桃の果肉入りシロップととろりわらび餅を合わせた「ももの紅茶」と、国産桃の果肉入りシロップ入りのスカッと爽やかな「もものソーダ」。どちらも暑い夏にぴったりの清涼感あふれるドリンクです。

清涼感のある若桃を贅沢に使ったわらび餅やドリンクをいただきながら、蒸し暑い季節を爽やかに乗り切りましょう。

※【画像・参考】「麦の穂」

元記事で読む
の記事をもっとみる