1. トップ
  2. スウェーデンの“ルパン三世”!? 北欧発・はみだし者窃盗団を名匠トーマス・アルフレッドソン監督が痛快に描く!

スウェーデンの“ルパン三世”!? 北欧発・はみだし者窃盗団を名匠トーマス・アルフレッドソン監督が痛快に描く!

  • 2022.6.15
  • 710 views
スウェーデンの“ルパン三世”!? 北欧発・はみだし者窃盗団を名匠トーマス・アルフレッドソン監督が痛快に描く!
(C) FLX FEATURE AB. ALL RIGHTS RESERVED

名匠トーマス・アルフレッドソン監督の最新作『ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル』が9月2日より全国順次公開される。今回、メイン写真が公開された。

スウェーデン人にはおなじみの怪盗団シリーズ最新版!

チャールズ・イングヴァル・イェンソン、通称シッカンは、スウェーデン髄一の凄腕金庫破り。だが、とある現場で失敗し刑務所に服役する。出所後に次の獲物の準備を企んでいたシッカンだが、仲間たちは犯罪から足を洗うと言い出し、次のお宝「フィンランドの王冠」はシッカン1人で遂行することになってしまう。一方、その王冠にまつわる伝説の石の行方を追って、フィンランドの運命を左右する野望が動き始めていた…。

舞台はスウェーデン伝統の夏至祭りの前日、白夜のストックホルム。フィンランド大統領、王座を夢見る男、暗躍する大企業の重役、謎の大富豪。様々な思惑が絡む中、シッカンは去って行った仲間たちを連れ戻し、目的のお宝を入手する事はできるのだろうか——!?

幻想的な映像美のスリラー『ぼくのエリ 200歳の少女』(10年)でセンセーションを巻き起こし、豪華キャスト結集の『裏切りのサーカス』(12年)ではヴェネツィア国際映画祭はじめ、海外の映画賞から圧倒的な称賛を浴びた名匠トーマス・アルフレッドソン。待望の最新作は、とぼけた愉快な窃盗集団の大胆不敵な一大プロジェクトを痛快に描いた、初挑戦のコメディ作品となった。

原案は80年代よりスウェーデンで子どもから大人までを魅了してきた伝説の人気コメディ映画シリーズ“イェンソン一味”。日本で例えるならばルパン三世のように、スウェーデンの子どもたちが夢中になって視聴し、それを見ながら育った国民的人気を博す怪盗団シリーズである。

その最新版をスリラーやサスペンスを得意とするアルフレッドソン監督が手掛けるのは意外だが、実はスウェーデン出身の監督もまた子ども時代から“イェンソン一味”を見て育った大ファン。監督の代名詞ともいえる映像美と緩急のある演出で、シックで洒落た、大人も堪能できるクライムコメディに仕上げている。

共同脚本及び、主人公シッカンにはスウェーデンで数多くのTV番組に出演する国民的コメディ俳優ヘンリック・ドーシン。スウェーデンの映画賞であるゴールデン・ビートル賞助演男優賞にノミネートされるなど高い演技力が評価されている。入念なリサーチと驚愕のアナログテクで、狙った獲物は逃がさないとぼけた中年男を軽妙洒脱に演じ、観客を爆笑と温かい涙に引きずり込む。

『ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル』は9月2日より全国順次公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる