1. トップ
  2. “4秒”の猪を映すために大奮闘 『100カメ』で明かされる『鎌倉殿の13人』の撮影裏

“4秒”の猪を映すために大奮闘 『100カメ』で明かされる『鎌倉殿の13人』の撮影裏

  • 2022.6.14
  • 81 views
『100カメ』写真提供=NHK

6月14日放送の『100カメ』(NHK総合)では、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)の現場に潜入した様子がオンエアとなる。

『100カメ』は、気になる場所に100台の固定カメラを設置して人々の生態を観察するドキュメンタリー番組。『週刊少年ジャンプ』編集部に密着した2018年9月の初回を皮切りに、2021年まで3年間は不定期の特集番組としてオンエアされ、2022年4月からはレギュラー番組となった。

今回、番組が潜入したのは6月12日に放送されたばかりの『鎌倉殿の13人』第23回「狩りと獲物」で描かれた「富士の巻狩り」の大規模ロケ。富士の巻狩りとは、源頼朝(大泉洋)が嫡男・万寿(金子大地)の披露目の場とするため、御家人を集めて富士の裾野で行った、いわゆる権力を誇示する壮大な軍事演習である。

『鎌倉殿の13人』では静岡県裾野市にある富士山の麓の原野に、10日間をかけて頼朝の陣のセットを建て込む。北条義時を演じる主演の小栗旬や頼朝役の大泉洋といったキャスト陣だけでなく、番組スタッフ、エキストラ合計200人以上が現場に集結。本番2日間、予備日1日で100カットを撮りきる予定だったが、天気は3月としては季節外れの雨から雪へ。初日は撮影中止、ロケ2日目は早朝から雪かきをするも間に合わず、大規模なシーンは予備日へと移されたが、ラストには嵐が襲来し陣が崩壊するといった、予測不能のドキュメンタリー内容となっている。きっと『100カメ』を視聴した後には、もう一度『鎌倉殿の13人』第23回を観直したくなることだろう。

『100カメ』放送を前に、マスコミ向けに取材会が行われた。参加したのは『100カメ』の大木莉衣ディレクターと桜井和紀プロデューサー、『鎌倉殿の13人』の清水拓哉チーフプロデューサー。企画は「NHKの現場の中を覗き見たい」という桜井の思いに、清水が応えたことから実現の運びとなった。ただ、話が持ち上がったのは『鎌倉殿の13人』が主にスタジオ収録をしている期間。基本的にNGは起こらず、ノーミスかつトラブルなく進行していくことが通常であるため、清水は「密着してくれるのは嬉しいですし、僕らの仕事を客観的に見てみたいという思いもあったので、何かうまいことできないかなと思っていた」という。そんな折に予定されていた巻狩りロケ。スタジオに比べれば想定外の事態は起こりやすいということで、『100カメ』としても挑戦的な野外ロケに潜入することとなった。

結果的にロケは清水でもなかなか経験したことのないレベルの荒天に。「『100カメ』としてはホクホクで帰ってきたようなんですけど、僕らとしてはヒヤヒヤだった」という清水に、桜井は「雪になった時は正直興奮しましたけれども(笑)」と本心を明かしつつ、「大河本編のスケジュールが成立しないと我々の番組も成立しないので同じようにドキドキしていました」とスリリングだった3日間を振り返る。

カメラは巻狩りロケだけでなく、そこに向けた準備段階でのスタッフルームや技術打ち合わせなどにも密着している。その総時間はおよそ1000時間(多い時であれば1800時間を超えることもあるという)。大量の撮影素材を場合によっては早送りをしたり、2台を同時に視聴できるようにしたりと工夫をしながら確認し、放送尺の30分(MCパートもあるので実際はそれ以下)にまとめていく。大木にとって今回の『鎌倉殿の13人』が『100カメ』として初めての現場となった。もともとドラマのファンだったこともあり、素材を長時間見ていることは苦痛ではなかったが、いわゆる撮れ高を見逃してしまうことへの怖さがあったという。

大木は今回の放送の見どころを聞かれ「猪の撮影」でのロケを挙げる。これは『鎌倉殿の13人』スタッフチームが、茨城にある動物園に巻狩りロケとは別撮りをしに行った映像。ドラマの中で実際に使われている時間はたったの4秒。泥まみれになりながら格闘すること2時間半、やっとの思いで撮影できたスタッフ自画自賛の最高の撮れ高だ。三谷幸喜による脚本のト書きには「猪」と一言しか書かれていないが、そのために準備段階として動物プロダクションへ電話取材をし、大変な苦労の末に、ワンカットは生み出されている。大木は尊敬の念を込めて、猪ロケを印象的なシーンだと話していた。

カメラを意識しない姿、会話の記録から思わぬ実像が見えてくるのが『100カメ』の魅力。例えば演出の吉田照幸はメロンパンが大好物で、巻狩りロケの最終日に荒天の大変な現場の中、緊張感は保ちつつもジョークを飛ばし、あまりピリピリしないよう気を遣う姿が収められている。大木は「現場での大変さだったり、誰かへの感謝が漏れる瞬間を捉えられるのが番組としては面白い」と初めて携わった『100カメ』ロケを経ての実感を語る。また、清水も『100カメ』を通して、参加できなかったロケ現場を覗き見した感想を「プロデューサーとはいえ見えない部分も多いので、みんなこんなに頑張って撮ってきてくれたんだなと胸が熱くなりました」とコメントしていた。

『100カメ』は翌週6月21日の放送をもって、一旦の放送休止期間に入る。今回の『鎌倉殿の13人』密着だけでなく、毎回の制作がハイカロリーのため、準備期間を設け今年秋以降に再開予定。MCもオードリーの2人が続投だという。大木は今後潜入してみたい場所を聞かれ、巻狩りロケのためにスタッフが何度も電話取材し、また別のプロフェッショナルを感じた「気象庁」と答えていた。朝ドラ『おかえりモネ』(NHK総合)とも親和性の高い場所。現段階では全くの未定だというが、再び放送がスタートした際には、ぜひ実現してほしい回の一つだ。(渡辺彰浩)

元記事で読む
の記事をもっとみる