1. トップ
  2. グルメ
  3. 驚きの新食感!尾張小牧発祥のモダンかすてら専門店「アガヌボナード」

驚きの新食感!尾張小牧発祥のモダンかすてら専門店「アガヌボナード」

  • 2022.6.11
  • 4835 views

こんにちは!甘いものマニアのkitty-sweetです。 今回は、尾張小牧発祥のモダンかすてら専門店、お店の名前も気になる「アガヌボナード」さんに行ってみました。昨年6月にオープンして、ちょうど一年になるとのことです。

春日井駅前の新食感カステラ専門店!

アガヌボナードさんの場所は、JR中央線の春日井駅の真ん前の建物の1階にあります。電車移動の方にはとにかく便利!しかも目の前がバスターミナルなので、バスの待ち時間に立ち寄ることもできます。半面、駅前ということで駐車場はなく、近くのコインパーキングを利用しなければなりませんが、すぐ近くに安く停められるパーキングがあるようです。

出典:リビング名古屋Web

外観は、黒地に白文字のきりっとした看板がかっこいいです。そして店内は明るく広めで、イートインスペースもきれいでくつろげます。奥がガラス張りで厨房になっています。

出典:リビング名古屋Web
普通のカステラとも台湾カステラとも違う! そもそも「モダンかすてら」とは?

アガヌボナードさんはモダンかすてら専門店とのことですが、どんなものか気になります。

モダンかすてらとは 愛知県産の小麦粉、卵、牛乳を使用し、地域の方に愛されるよう、ひとつひとつ丁寧にお作りしたしっとり、なめらかな生地に仕上げたお菓子で、従来の和カステラをインスパイアした、新食感のかすてらです。

定番商品は次のとおりです。 「絹(シルク)かすてら」(1本1,100円、ハーフ600円・曜日限定で抹茶味(1本1,200円、ハーフ650円)もあり) 甘みを抑えたかすてらの底には、かのこ豆(小豆)をあしらい、ほっこりとしたかのこ豆の食感を楽しめます。別添えでソースが付いています。

「艶(つやいろ)かすてら」(1本1,100円、ハーフ600円・曜日限定で季節ごとの味もあり) シルクかすてらの天面に、杏子(アプリコット)のコーティングソースを塗布していて、あんずの爽やかな風味と酸味がほんのりと香ります。

もちろん、モダンかすてらのお持ち帰りもしましたが、その前に店内でイートインしたものをレポしたいと思います。

イートインメニュー

イートインメニューは、かすてらプレート(ドリンク付き・かすてら2切れ800円、3切れ900円)、とろけるわらび餅510円(ドリンクセット800円)、かすてらのトライフル(600円)、ソフトクリーム(400円)などがあります。

新メニューに、かすてらで使用している『愛知のおいしい牛乳』をたっぷり味わえるみかん入りの牛乳寒天も登場したとのことで、夏に向けてのイートインも楽しめそうです。

かすてらのトライフル、とろけるわらび餅を実食!
出典:リビング名古屋Web

まずは「かすてらのトライフル」をいただきました。モダンかすてらとソフトクリームが中にぎっしり入っていて、季節によって変わるフルーツは白桃と苺、みかんが乗っていました。さらに大好きなあんこもたっぷりで、ボリューム満点!トッピングのかすてらの「ラスク」も、サクサク食感でおいしかったです。

ボリューミーではありますが、中に入っているモダンかすてら「絹(シルク)かすてら」が何とも言えないふわしゅわ食感で軽いんです♡いくらでもいただけるほどの、まさに新食感かすてらでした♪

出典:リビング名古屋Web

さらに「とろけるわらび餅」もおすすめとのことで、いただいてみました。木曽川伏流より汲み上げた天然水使用とのことで、本当にとろけるような食感のわらび餅は、あっという間に完食でした。

「絹(シルク)かすてら」と新商品「酪(フロマージュ)かすてら」の2種類をお持ち帰り

かすてらのトライフルに入っていた「絹(シルク)かすてら」がおいしすぎたのと、少し前から新商品として発売された「酪(フロマージュ)かすてら」がおすすめとのことでこの2種類をそれぞれハーフサイズでお持ち帰りしました。

出典:リビング名古屋Web
出典:リビング名古屋Web

「絹(シルク)かすてら」(1本1,100円、ハーフ600円)

添付ソースが「焦がし砂糖」と「西尾抹茶」の2種類から選べます。筆者は焦がし砂糖をチョイスしました。かけなくても十分おいしいのですが、味変が楽しめます。

「当日のお召し上がりはそのまま焼き立てでで、翌日は冷蔵庫でしっとりとした口溶けをお楽しみください。」と書いてあったので冷蔵庫で冷やした状態でもいただきましたが、これがまたしっとりとろける食感で、焼きたてのふわしゅわ食感も、どちらもおいしかったです。

出典:リビング名古屋Web

「酪(フロマージュ)かすてら」(1,200円、ハーフ650円)

クリームチーズを焼き込んだかすてら生地の底にブルーベリーを散りばめてあり、優しいチーズの味わいです。まるでスフレチーズケーキのようなイメージですが、それよりはきめ細かな蒸しケーキという感じで、食感もとてもよく、あっという間に完食してしまいました。 両方ともハーフサイズではなくて1本買えばよかったです。また買いに行きたいと思います。

「アガヌボナード」店名の秘密

アガヌボナードっていったい何語で、どんな意味なのかが気になって、お店の方に聞いてみました!何と、織田信長からとっているんだそうです。「おだのぶなが」をローマ字に直して→「ODANOBUNAGA」これを反対から読んだら「AGANUBONADO(アガヌボナード)」となるとのこと。織田信長は実は元祖スイーツ男子だったと言われていて、戦国時代、南蛮貿易でポルトガルから伝わったカステラを日本で最初に信長が食べたという逸話があるというところから店名にされたそう。全く意外な店名の由来でしたが、とても面白くて興味深かったです。

いかがですか?文字通りなんとも言えない新食感の、優しい味わいのモダンかすてらを、ぜひ味わってみてください。

店名:モダンかすてら専門店 アガヌボナード 住所:愛知県春日井市中央通1-91コジマビル1F JR春日井駅北口すぐ 電話番号:0568-27-8123 営業時間:平日11時〜19時 土曜10時〜19時 日祝10時〜18時 水曜定休 instagram: https://www.instagram.com/aganubonado.kasugai/ twitter: mobile.twitter.com/aganubonado

元記事で読む
の記事をもっとみる