1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 葬儀にエナメル鞄、厚手の黒タイツは恥ずかしい!? 失敗例から学ぶ「喪服の小物」マナー

葬儀にエナメル鞄、厚手の黒タイツは恥ずかしい!? 失敗例から学ぶ「喪服の小物」マナー

  • 2022.6.27
  • 37611 views
All Aboutが実施した葬儀に関するアンケートで寄せられた、喪服で身に着けるべき“小物”について「恥ずかしい思いをした」「後悔した」という失敗例をもとに、マナーに関してQ&A形式でお答えします。
All Aboutが実施した葬儀に関するアンケートで寄せられた、喪服で身に着けるべき“小物”について「恥ずかしい思いをした」「後悔した」という失敗例をもとに、マナーに関してQ&A形式でお答えします。

葬儀に参列する機会はそう頻繁にあるわけではないため、不慣れなのは当然です。注意していながらも失敗して恥ずかしい思いをするかもしれません。

ここではAll Aboutが実施した葬儀に関するアンケートで寄せられた、喪服で身に着けるべき小物で「恥ずかしい思いをした」「後悔した」というエピソードをもとに、マナーに関してQ&A形式でお答えします。

失敗例1. 喪服に「カラフルなネクタイ」でいってしまった

喪服には漆黒くらいの濃いネクタイが基本です。
喪服には漆黒くらいの濃いネクタイが基本です。


カラフルなネクタイとは……! 喪服には漆黒くらいの濃いネクタイが基本です。漆黒でなくても、光沢や模様がない一般的な黒色のものなら大丈夫。ネクタイピンも光沢のものが多いため、避けた方がよいでしょう。

また気を付けたいのは「ディンプル」といわれるネクタイの結び方。結び目にくぼみをつけ、立体感が出て華やかになるスタイルでパーティなどではよく見かけますが、葬儀の場ではNG。普段結んでいるやり方で大丈夫です。

失敗例2. 喪服に「エナメルっぽいバッグ」で行ってしまった

黒を基調としたものでも、エナメルっぽいバッグは光沢素材となり、どちらかというとお祝い事向きです。たとえシンプルな形であっても光が反射してしまうためNGです。基本はマットな黒、ツヤを抑えたものを選びます。

また喪服に合わせるバッグは、小さいサイズのものを選ぶのが基本です。しかし、せいぜい数珠や袱紗(ふくさ)、ハンカチ、小ぶりの財布、携帯が入るかどうかの大きさのため、黒色でシンプルなサブバッグ(A4サイズぐらいがベスト)を用意しておくとよいでしょう。

折り畳み傘や冬なら防寒具など、入りきらなかったものを入れることができて便利です。

失敗例3. 就活用パンプスを履いて行ったら、母に「違う」と指摘された

喪服には、シンプルで飾りのない、そして光沢のない黒いパンプスが基本です
喪服には、シンプルで飾りのない、そして光沢のない黒いパンプスが基本です


喪服に黒い靴を履くことが常識なのは皆さんご存じだと思います。この就活用のパンプスを履こうと思ったのも、黒だったから恐らく大丈夫だと思ったのでしょう。しかし黒でも薄い黒や光沢があるのならNGです。またヒールが高くないかもポイント。

靴にもマナーがあります。基本はシンプルで飾りのない、そして光沢のない黒いパンプス。つま先の尖ったポインテッドトゥは避け、つま先は丸いプレーン(ラウンド)トゥ、ヒールは3cm~5cmの高さで安定感があるものがよいでしょう。なお高齢の方は、ヒールの高さは安全第一で履きやすい靴で構いません。

いざというときに慌てないように、喪服とセットで靴も用意しておくとよいでしょう。

失敗例4. 黒タイツの「デニールの厚さ」が濃く、周りから浮いてしまった

喪服にはやや肌が透ける程度の黒のストッキングが基本。冬場によく見られる黒タイツの場合は、30デニール以下がちょうどその透ける程度の境界線です。
喪服にはやや肌が透ける程度の黒のストッキングが基本。冬場によく見られる黒タイツの場合は、30デニール以下がちょうどその透ける程度の境界線です。


寒い季節のお葬式の参列といえば、防寒対策が気になります。デニールは数字が大きくなるほど濃さが強くなり、タイツへと変わっていってストッキングのイメージから離れていきます。

一般的に20~25デニールくらいまでが、透け感が普段のストッキング並みとイメージしてください。だとすると30デニール以下がちょうどその透ける程度の境界線となります。

また冬場の寒い時期は60デニールまでが透け感もあり、一般的には許容範囲でしょう。しかし極寒地などの場合、タイツになってしまいますが80デニールにするなど、住む地域などの状況や体調によっては例外も考えてもいいと思います。

失敗例5. 靴下に穴、ストッキングが伝線……

こちらは実施したアンケートで意外と多くあった失敗例です。

靴を脱ぐ機会がある葬儀に参列することもあるかもしれません。靴下に穴が開いていて、恥ずかしい目にあわないためにも普段からチェックしておくことです。また女性の場合、避けられないのがストッキングの伝線。予備のストッキングは必需品です。備えあれば憂いなし!

失敗例の対処法はお役に立てたでしょうか? 恥ずかしい思いをしないように、事前に確認しておいてくださいね。

文:中山 みゆき(冠婚葬祭ガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる