1. トップ
  2. ヘア
  3. ジェーン・バーキン的、70’sスタイルがお手本!「epo hair」で叶えるフェイスフレーミングカット。

ジェーン・バーキン的、70’sスタイルがお手本!「epo hair」で叶えるフェイスフレーミングカット。

  • 2022.6.2
  • 365 views

イットガールたちが足繁く通う都内の注目サロンを、おすすめのヘアスタイルとともに紹介する「TOKYO IT SALON」連載。サロンの雰囲気からスタイリストのプロフィール、さらにはヘアセット術の調査まで。髪ととことん向き合うためにラボを併設し、ハーブの採取や蒸留などヘアケアに関わるプロセスを一から行う「epo hair」が、夏に向けたヘアチェンジにおすすめのレディライクなカットをおすすめしてくれました。

【さらに写真を見る】ジェーン・バーキン的、70’sスタイルがお手本!「epo hair」で叶えるフェイスフレーミングカット。

「個別に似合わせたスタイルづくりが得意」と話してくれた、スタイリストのSaori(さおり)さん。今回はモデルのAnna(アンナ)さんの持つオーラにぴったりの、フェミニンかつクールなセミロングヘアをご提案。

 

PHOTO:R.A./Gamma/AFLO

INSPIRATION

着想源となったのは、1970年代のジェーン・バーキンのサマースタイル。大人っぽさと少女らしさを併せ持つノンシャランなフリンジバングスは、当時を代表するアイコニックな髪型に。シンプルシックなのに意思の感じられるストレートなセミロングは、タイムレスに愛される憧れヘアといえそう。「フェイスフレーミングの軽やかなレイヤー感と、前髪との相性が抜群です。また、カラーリングの印象も参考に。当時の彼女のスタイルを今っぽいカットのバランスで再現しました」と、Saoriさんが教えてくれました。

 

HAIR STYLE

ほんのり外ハネの動きがチャーミングなカットは、顔まわりのレイヤーや前髪の透け感など、どれもAnnaさんに似合うように緻密にデザインされたスタイル。一見ストレートでも、レイヤーでゆるやかな動きを演出することで、パッと華やぐ個性をのぞかせて。

 

SIDE

ストレートな毛流れの美しさをしっかり保ちながら、毛先は外ハネぎみのムーブで夏っぽい遊び心を。目にかかるギリギリのラインでカットされた前髪はふんわりと丸いフォルムを描き、額の形まで綺麗に見せてくれそう。「顔まわりの印象が引き立つよう、レイヤーを入れたところがポイントです」とSaoriさん。

 

BACK

後ろ姿は、切りっぱなしのラインを残して今っぽく。Saoriさんによると、「カラーも肌の色に合わせながら、オリーブベージュで夏らしく仕上げました」とのこと。パーソナライズされたカラーで、肌の透明感もアップ!

 

「サロンを訪れたお客さんには、簡単にアレンジセットができるコツや、その人に似合う髪型を一緒に考え提案します」と話してくれたSaoriさん。植物研究のラボさながらのスペシャルな空間で、ヘアケアのお悩みもバッチリ解決。

 

〈左から〉シーソルト・スプレイ 240ml ¥4,070/OWAY オー・オイル 50ml ¥3,190/O SKIN&HAIR

PRODUCT

スタイリングに用いたのは写真の2点。「ヘアの中間から毛先には濡れたツヤ感を出すために、オイルをオン。こちらは長時間ウェットな質感を出してくれ、ケアだけでなくスタイリング剤としても優秀! スプレーはビーチからあがったみたいなドライな質感で、根元にボリュームを出してくれる働きも」とSaoriさんがコメント。

 

髪によいことを原材料から見つめなおす「epo hair」の革新的なスタイルは、美容業界人やヘア・スタイリストなど、プロフェッショナルの熱視線も集めているほど。髪や頭皮の根本のケアから形づくっていく方法で、真のエフォートレススタイルを叶えてくれそう。親身になってその人に本当に似合う髪型を探してくれるスタイリストのSaoriさん(@saori_epohair)は「サロン独自のプロダクトは香りも効果もすばらしいので、ぜひ気軽にいらしてみてください!」と話してくれたので、夏に向けて洗練されたヘアスタイルに変身したい人は、この機会を見逃さないで。

 

epo hair(エポ ヘアー)

東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15 1F
定休日:木曜
営業時間:11:00〜20:00(土日祝8:00〜17:00)
Instagramアカウント:@epohair

元記事で読む
の記事をもっとみる