1. トップ
  2. ファッション
  3. 今年は悪役が主役!? 妖しい大人の雰囲気ただよう東京ディズニー・シーのハロウィーンへ

今年は悪役が主役!? 妖しい大人の雰囲気ただよう東京ディズニー・シーのハロウィーンへ

  • 2015.10.1
  • 3621 views

2015年9月8日~11月1日まで、東京ディズニーリゾートでは、秋恒例のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催中です。毎年人気のイベントですが、今年の東京ディズニー・シーはいつもと違って"悪役"ヴィランズが主役! その妖しい世界をさっそく覗いてきました。

門をくぐるとそこはヴィランズの世界

ゲートには堂々と掲げられた「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントの肖像画が輝き、不気味な模様のカボチャのオブジェとともに出迎えてくれます。この時点で、おばけが集まる見慣れたいつものハロウィーンとは違う雰囲気を感じます。

ヴィランズ主催の妖しいパーティー

ヴィランズは、ディスニーの物語の中の悪役のこと。

その悪役である自分たちの魅力をゲストにアピールするためにパロウィーン・パーティを開催。事あるごとに対立しているミッキーとディズニーの仲間たちも招待してクールなダンスを披露します。

怪しげなナレーションとともにパーティーがスタートすると、高笑いをするキャプテンフック、ウィックド・クィーン、ジャファー、ハデス、マレフィセントなどの各物語の悪役を乗せた5隻の船が登場しハーバーを占拠。一気に世界に引き込みます。

クライマックスでは、ディズニーのキャラクターたちは、ピアッツア・トポリーノのステージに集まり、ヴィランズの魅力である"美しさ"、"気品"、"ユーモア"や呪文、歌を結集したパフォーマンスでパーティを盛り上げ、「ハロウィーン」の掛け声でフィナーレへ。

神出鬼没!?ヴィランズの世界へ勧誘活動

メインショーでヴィランズにすっかり魅了されたあと。ハロウィーンの雰囲気に包まれるアメリカンウォーターフロントを歩いていると、何やら妖しげな方々が・・・。

なんと訪れたゲストにヴィランズらしいコーディネートをレクチャするファッションチェックや、ヴィランズの世界に引き込もうと、リクルート活動をしていました。

リクルート活動を覗いてみると、司会のミスターVと助手のミス・スキャターとともに人間に姿を変えたメンズヴィランズのアップルポイズン(白雪姫)、マルフィー(眠れる森の美女)、ジャックハート(ふしぎの国のアリス)、ヴィランズレディーのプリティスカー(ライオンキング)、女海賊ホック(ピーター・パン)、ミスハーデス(ヘラクレス)の6人のリクルーターが、それぞれスタイリッシュなポーズを披露しゲストにアピール。軽快な音楽に合わせて一緒にポーズをとって楽しみます。心が一つになったところで「ヴィランズの世界に来る覚悟はある?」と決断を迫られドキドキすることも。

東京ディズニーランドでは、明るく楽しい「ハッピーハロウィーンハーベスト」が開催中

ミッキーが主催する「ハッピーハロウィーンハーベスト」は、ハロウィーンフェアをテーマに、仮装したディズニーの仲間とおばけたちによる手作り感あるれるパレード。

今年は「おかしなお菓子」をモチーフということで、パレードが始まるまでの間、お菓子をおいしくする「おかしよ、おかし、おいしくなーれ。おいしく、おいしく、おいしくなーれ」というおまじないと手振を練習します。

ちなみに、おまじないを間違えるととんでもないことが起こるそう。

そしてパレードが始まると、ミッキーたちを乗せたフロートが、底抜けに明るい音楽とともに次々とやってきて、楽しいパレードが繰り広げられます。

ところが、あまりの楽しさと盛り上がりに、ミッキーは、おまじないを間違えて・・・。

続きはパークでのお楽しみですね。 今年も魅力たっぷりの「ディズニー・ハロウィーン」。ぜひ、それぞれのパークでめいっぱい楽しんでみてくださいね。