1. トップ
  2. 恋愛
  3. どのカードを選ぶ? 【2022年の恋愛、対人運】答えでわかる「運気最強アップの秘訣」

どのカードを選ぶ? 【2022年の恋愛、対人運】答えでわかる「運気最強アップの秘訣」

  • 2022.5.28
  • 1555 views

人気のタロット芸人、金城めくるくんが、3択のタロット占いで、職場やグループでの人間関係について占います。

あなたの対人関係をアップする方法は?

【めくるくんのタロット3択】

こんにちは。タロット占い芸人の金城めくるくんです。

5月病…なんていわれる5月が終わりに近づいても、憂うつなことも多いですよね。職場やグループでの悩みの中でも特に、対人関係って難しいんじゃないでしょうか。今日は、あなたの職場やグループでの対人運とUPの秘訣について占います。

3枚のカードの中から、あなたが1番気になるカードを選んでください。

決まりましたか? それでは、「めくります!」

左のカードを選んだあなた

“女教皇”のカードです。このちょっと厳しい目をしているようにも見える女性。真実を見抜く賢さを持っているんです。

この時期、あなたの対人運は決して悪くありません。大きなトラブルもなく安定した状態でしょう。心安らかに過ごせるはずですよ。仕事に集中できる、めっちゃいい時期です!
ただ、あなた自身が人の良くないところとか、自分と合わないところに目が向きやすくなりそう。特に、後輩に対して厳しくなりやすいので、注意が必要です。

“女教皇”のカードを選んだあなた。職場やグループでの対人運UPのポイントは……

人の良くないところや、自分と合わないところが気になってしまっても、3回…いや、できれば5回はスルーしましょう! こう言っちゃなんですけど、たまたまタイミングが悪くて、そのとき我慢できなかっただけの可能性があるから。後で考えてみると「まぁ、そのくらい仕方ないか」なんて思える可能性も高いんです。

ストレスを吐き出すがてら、カウントのため、スマホのメモなどに「〇〇さんが、めっちゃ××してきたー腹立つー」なんて書いておいてもいいかもしれません。5回イラっとしたら、それは本物の怒り。感情的になりすぎず、やんわりと注意してみてもいいかもしれません。

真ん中を選んだあなた

“聖杯の3”のカードです。乾杯をしている男女が描かれていますね。あなたの職場やグループでの対人運、とても良いですよ! あなたが何か成功を収めたとき、周りの皆が心から祝福してくれそう。あなたを妬んだり敵になったりする人は見当たらないでしょう。

さらには、あなたと急接近し、強力なパートナーシップが結べる人が現われそう。そしてそれは、異性の可能性が大。仕事上のパートナーかもしれないし、職場恋愛の可能性もありますよ。

“聖杯の3”のカードを選んだあなた。職場やグループでの対人運UPのポイントは……

もともと、対人運はとても良い時期。とはいえ、「あの人ヤダな……」なんて思うこともあるかもしれません。そういうときは、温かい飲み物を飲んでリラックス! 好きな香りのお茶やコーヒーがオススメです。
そうして、いったん間を置けば、気分転換して相手と向き合えるでしょう。肩の力も抜け、良い恋愛運を活かすことができますよ。

右側のカードを選んだあなた

“金貨の6”のカードです。財を分け与えてる、裕福な男性が描かれています。もしかしたら今のあなたは、ちょっと妬まれやすくなっているかも。

成功しやすかったり、チャンスに恵まれやすかったり、上司や先輩に可愛がられやすかったりする時期なのですが、それを面白く思わない人がいそうなんですよ。対人運として考えると、すっごいうまくいく相手がいる反面、急に態度が変わる相手もいるかもっていう感じでしょうか。「みんなに好かれるのって難しい」と痛感しそうです。

“金貨の6”のカードを選んだあなた。職場やグループでの対人運UPのポイントは……

あなたは何も悪くないんですから、気にしないのが一番! といっても、それはなかなか難しいですよね。そんなときは、妬まれる原因となっている“成功”をほかの人にもおすそ分けするのがオススメ。

たとえば、何かで成功したならば、「みんながアドバイスくれたおかげだよ」とお菓子を配るとか。上司から食事などに誘われたならほかの同僚も誘っていいか聞いてみるとか。周りも巻き込むことで、過度に妬まれるのを避けられそうです。

金城めくるくん
吉本興業所属の“タロットがめっちゃ当たる”と話題の占い芸人。曾祖母がユタという家系に生まれ、幼少期から直感力に秀でていた。2018年、タロット占いを始めた途端、その的中力が瞬く間に話題に。芸人仲間やそのつながりの芸能人はもとより、SNSで知ったファンからも鑑定依頼が殺到している。

占い、文・金城めくるくん

元記事で読む
の記事をもっとみる