1. トップ
  2. スキンケア
  3. ワセリンの美容効果とは?使用するメリット・デメリットも紹介します!

ワセリンの美容効果とは?使用するメリット・デメリットも紹介します!

  • 2022.5.27
  • 734 views

薬局やドラッグストアなどで手軽に買えるワセリン。顔、唇、体などどこにでも使用でき、美容効果があることから人気があります。

とはいえ、ワセリンがもつ美容効果について具体的に知っている方は少ないもの。

そこで本記事では、ワセリンの美容効果について解説します。また、ワセリンを使うことのメリット・デメリットについても触れていきたいと思います。

ワセリンについて

ワセリン
出典:byBirth

昔から老若男女問わず使用されてきたワセリン。ここでは、ワセリンの「種類」と「美容効果」について解説します。

ワセリンの種類

ワセリンとは、石油が原料となっており、脱色して精製されたものを指します。ワセリンには種類があり、純度の違いによって分かれます。

市場で販売されているワセリンの種類は主に次の4つです。下にいくほど高純度で高価格となります。

黄色ワセリン

4種類の中で最も不純物の含有量が多いワセリンです。名前の通り、見た目は黄色っぽいのが特徴。

安価で手に入りやすい一方、肌が敏感な方にはかぶれやアレルギーが生じることがあります。

白色ワセリン

一般的にワセリンといえば、白色ワセリンのことを指します。安全性と価格のバランスが4種類の中で最もよく、使いやすいのが特徴です。

医療機関でもよく使用されているほど、メジャーなワセリンです。

プロペト

白色ワセリンよりもさらに純度を高めたものです。目や口など粘膜近くのデリケートな部位に使用する場合などに使われます。

また、白色ワセリンで刺激を感じた場合にも使われます。

サンホワイト

4種類の中で最も不純物が少なく、安全性が高いワセリンです。パッチテストやアレルギーテストで使用されても刺激が少なく、敏感肌やアトピー肌の方も使えます。

ただし、医療機関でもらう場合でも保険が適用されないため、費用が大きくかかりがちです。

ワセリンの美容効果

ワセリンの美容効果は、次の2つです。

保湿効果

ワセリンは肌の水分蒸発を防ぎ、うるおいを保つ効果があります。顔だけでなく、手、足、ひじ、かかとなど乾燥が気になる部分に使用できます。

保護効果

ワセリンを塗ると肌に膜を張るため、外的刺激から守る効果が期待できます。摩擦などの刺激から起こる肌荒れや赤みの予防に役立ちます。

ワセリンを使うメリット

ワセリンを使うメリット
出典:byBirth

保湿や保護効果など美容効果のほかにも、ワセリンを使うメリットはあります。ここでは、ワセリンを使うメリットを2つ紹介します。

安価である

ワセリンは、ほかの保湿剤に比べて安価です。ドラッグストアなどで販売されている白色ワセリンは、数百円のものが多く、最も不純物が取り除かれたサンホワイトも1,000円前後で購入できます。

化粧品の保湿剤として乳液・クリームがありますが、安くても1,500~3,000円するため、ワセリンのほうがコストパフォーマンスに優れています。

あまりお金をかけたくないけれど乾燥が気になるという方には、非常に魅力的なアイテムと言えるでしょう。

赤ちゃんにも使える

ワセリンは、化学成分を人の手で配合しておらず天然の石油成分でできているため、比較的刺激が少なく赤ちゃんでも使えるといわれています。

また、肌に塗布して油膜を張り保護するだけなので、肌の奥まで浸透せず刺激になりにくいのです。

ただし、安全性をさらに高めるために、赤ちゃんや肌の弱い方にはプロペトやサンホワイトなど高純度のものを使うことをおすすめします。

ワセリンを使うデメリット

ワセリンを使うデメリット
出典:byBirth

美容効果をはじめ、メリットの多いワセリンですが、一方でデメリットもあります。ここでは、ワセリンを使うデメリットについて解説します。

乾燥肌の改善はできない

ワセリンは、肌の乾燥は防げても乾燥肌を改善する効果はありません。

ワセリンの保湿効果は、肌表面に膜を張って水分蒸発を防ぐだけなので、塗った直後はよくても時間が経つにつれて乾燥状態に戻ります。肌の水分保持機能を高める効果はありません。

乾燥肌を根本的に改善したいのであれば、セラミド・ヒアルロン酸などが配合された化粧品を使ったお手入れが必要です。

ニキビを引き起こす場合がある

ワセリンを塗ると肌表面の油分が増え、毛穴を防いでしまうことがあります。毛穴がふさがると肌内部で皮脂が溜まり、ニキビの原因になります。

ニキビを防ぐために、顔の中でも、Tゾーンは脂が出やすいためワセリンの量を少なめにし、乾燥しやすい頬は多めに塗るなど量を調節して使うことをおすすめします。

使用感が悪い

ワセリンを使うと、べたつきを感じます。ワセリンはスキンケア用ではないため、使用感まで考えてつくられていないのです。

また、石油系の油は、人の脂とは性質が違うため、肌に残り続けてべたつきとなります。

まとめ

ワセリン
出典:byBirth

ワセリンには「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」の4種類あります。

ワセリンが持つ美容効果は「保湿」と「保護」効果であり、使用するメリットとして「安価である」「赤ちゃんでも使える」ことの2つが挙げられます。

一方で、デメリットは「乾燥肌の改善はできない」「ニキビを引き起こす場合がある」「使用感が悪い」ことの3つです。

ワセリンの美容効果、メリット・デメリットを理解したうえで、必要に応じて上手に使っていけるといいですね。

元記事で読む
の記事をもっとみる