1. トップ
  2. 長澤まさみ、『シン・ウルトラマン』巨大化秘話をついに告白!“メフィラス”山本耕史も異質な存在感の秘訣明かす

長澤まさみ、『シン・ウルトラマン』巨大化秘話をついに告白!“メフィラス”山本耕史も異質な存在感の秘訣明かす

  • 2022.5.25
  • 181 views

日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”を、企画・脚本に庵野秀明、樋口真嗣監督で描く『シン・ウルトラマン』の大ヒット御礼舞台挨拶が5月25日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、山本耕史、樋口真嗣監督が登壇。劇中で巨大化することが話題となっている長澤が「今日やっと、言えることがあります」と笑顔を見せ、巨大化の撮影秘話を明かした。

【写真を見る】長澤まさみ、黒のタイトなミニスカート姿で登場!

斎藤工は『シン・ウルトラマン』公開後の反響について語った
斎藤工は『シン・ウルトラマン』公開後の反響について語った

自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野と、数々の傑作を庵野と共に送りだしてきた樋口がタッグを組んだ本作。「ウルトラマン」の企画、発想の原点に立ち返りながら、 現代日本を舞台に未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く。5月13日に初日を迎え、24日までの公開12日間で観客動員は143万人、興行収入は21.6億円を突破する大ヒットを記録している。

ウルトラマンになる男、神永新二役の斎藤は「僕も早朝に見ましたが、“朝トラマン”最高ですよね」とにっこり。周囲の反響も大きいようで、「変身シーンはどうだったのかと聞かれたり、メフィラスについてものすごく質問される」と山本演じるメフィラスについて気になっている人も多いと話す。

「ぜひ映画館に笑いに来てほしい」とアピールした長澤まさみ
「ぜひ映画館に笑いに来てほしい」とアピールした長澤まさみ

主人公の相棒となる浅見弘子役を演じたのが長澤で、浅見が巨大化してビルの間を歩くシーンも大いに話題となっている。長澤は「私は、いつもの私じゃない感じで出てくる。私ではないんですけれど、浅見さんが」と楽しそうに微笑み、「そこが本当におもしろかった、笑えたと言ってもらえました。笑えるシーンがほかにも多くて、ぜひ映画館に笑いに来てほしい。大笑いして観てほしいなと思います」とアピール。やっと撮影秘話も公開できるとのことで、長澤は「撮影はグリーンバックです。一人で地味に撮影をしていました」と切りだし、「『もうちょっと足を上げて』『もうちょっと肘を上に』とか、監督から説明があって。『もうちょっと、倒れる時に動かないように倒れて』とか。まっすぐ、木が倒れるようにと。それが痛くて」と述懐。樋口監督が「あああ…すみません!」と謝ると、長澤は「全然大丈夫です!下にクッションがあって。一人で大変だなと思いながら」と特別な経験になったという。

禍特対のメンバー・滝明久役の有岡大貴
禍特対のメンバー・滝明久役の有岡大貴

そのシーンにも樋口監督のこだわりがたっぷりと込められているようで、樋口監督は「(初代「ウルトラマン」のフジ隊員と)同じ場所でやっています。60年の間に街路樹がものすごく増えていて、大変でした」と告白。

巨大化した浅見を見て驚く芝居に挑戦したのが西島、有岡、早見で、西島によると「撮影の初日だったんです」とのこと。巨大化した浅見はもちろんCGで描かれるため、実際には目の前にいないもの対して芝居をすることとなったが、西島は「こういう撮影をするんだと、探り探りやっていたところもある。出来上がりを見て『CGチームも僕たちに合わせてくれたんだ』とホッとした」とスタッフに感謝。有岡は「たくさんのエキストラの方にご協力していただいたんですが、演出部の方がエキストラの方々に指示を出す時に『浅見さんが出たぞ』とは言えないので、『あそこから怪獣が来るので逃げてください!』と説明しているのがおもしろかったです。楽しい初日でした」とネタバレ厳禁の撮影を振り返り、長澤を笑わせていた。

山本耕史、メフィラスの存在感の秘密とは?
山本耕史、メフィラスの存在感の秘密とは?

また、山本演じる外星人・メフィラスも人気を集めている。クランクインは公園のブランコに座っているシーンだったそうで、山本は「ブランコの前に柵があって、そこで人間にはできないことをやったらどうですか?と聞いたら、(監督から)『なるべく人間に馴染んでいる感じにしたいので、それはナシです』と言われて。僕のなかでは床から少し浮いているようなイメージでやっていました」と人間側に寄せる部分と、どこかトリッキーなことをしそうな雰囲気が「いい感じのバランスになったと思う」と胸を張り、「気をつけていたのは、余計な動きをしないこと。でもそれはウルトラマンの工くんもそうですよね。瞬きとか」と斎藤に語りかけた。

うなずいた斎藤は「めちゃくちゃ説得力があった」と山本のメフィラスを絶賛し、「メフィラスが語っている言葉に合点がいくので、それを飲み込んでしまいそうになる。『メフィラスの言葉に響かないようにしなきゃ』と、不思議な内側での攻防がありました」と刺激を受けながら、対峙していたことを明かしていた。

取材・文/成田おり枝

元記事で読む
の記事をもっとみる