1. トップ
  2. ダイエット
  3. スマホでおデブ体質に?痩せ体質になれる「呼吸法」

スマホでおデブ体質に?痩せ体質になれる「呼吸法」

  • 2022.5.24
  • 2715 views

40・50代になり、「年齢とともに体重が増えてきた」「なかなか痩せない」そんなお悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、「痩せ体質呼吸法」です。

ヘルス&ビューティーコンシェルジュの筆者が、痩せ体質を目指す方のために、いつでも場所を選ばずできる「痩せ体質呼吸法」をご紹介します。ぜひ取り入れてくださいね。

■年齢とともに太るのはなぜ?

そもそも年齢とともに太りやすくなるのはなぜでしょう?

私たちの体は、年齢とともに筋肉量が減少し、呼吸や心拍、体温調節などに使われる基礎代謝も減少します。

すると、「摂取エネルギー」の方が「消費エネルギー」よりも大きくなるので、若いときよりも太りやすくなります。

■スマホを見ているだけで代謝ダウン!?

パソコンやスマートフォンを見る時、猫背になっていませんか?

実はその姿勢、代謝を下げているかもしれません。

「スマホ呼吸」とも呼ばれる前傾姿勢の呼吸は、肺や周辺の筋肉が動きにくく、代謝に必要な酸素が十分に取り込めないため、痩せにくくなります。

■どんな呼吸にすれば痩せやすくなるの?

何かと忙しい40・50代。痩せ体質になりたいものの、時間や場所を作るのは大変です。

そこでおすすめしたいのが「深呼吸」。

深呼吸は内臓の動きを活発にし、血流もよくしてくれるので、簡単に代謝アップが期待できます。

他にも、体幹が鍛えられる、便秘改善、冷え性改善、リラックス効果でダイエット中のイライラや食欲を落ち着かせてくれるなどの働きがあり、深呼吸にはメリットがたっぷりあります。

■今日から痩せ体質!深呼吸をしよう

「痩せやすくなる呼吸法」はとても簡単! 正しい姿勢で深呼吸をおこなうだけです。

基本の深呼吸と姿勢についてご紹介します。

基本の深呼吸

(1)まずは、体にある古い空気を「口から」しっかり吐き切りましょう。(5〜10秒)

(2)お腹に空気を入れるようなイメージで、「鼻から」息を吸います。(2〜3秒)

(3)お腹がペタンコになるイメージで、「口から」しっかり息を吐ききります。(5〜10秒)

(1)寝たまま深呼吸

(1)まずは、仰向けに寝ます。

(2)両手を軽くお腹の上において、リラックスしましょう。

(3)「基本の深呼吸」を5回おこないます。

(2)仕事中にこっそり!座ったまま深呼吸

(1)姿勢を正して軽く胸を開き、前傾姿勢になった背中を伸ばします。(そのままの姿勢で背もたれにもたれて、軽くリラックスしてもOK)

(2)「基本の深呼吸」を5回おこないます。

ポイント

パソコン作業は前傾姿勢になりがちで、肺に十分な空気を取り込みにくいため、最初に姿勢を正すのがポイントです。

(3)電車待ちや家事をしながら!立ったまま深呼吸

(1)まっすぐ立ち、軽く胸を開いて、後頭部・背中・お尻・かかとが一直線になるイメージで立ちます。

慣れるまでは、壁を使って、後頭部・背中・お尻・かかとがつけて、正しい姿勢を覚えましょう。

(2)「基本の深呼吸」を5回おこないます。

ポイント

姿勢を正すことで効率よく血流アップにもつながりますので、壁を使って正しい姿勢を覚えましょう。

マスクで口もとが隠れているからこそ、いつでもできる「深呼吸」で、こっそり代謝をあげて痩せ体質を目指しましょう。

(ヘルス&ビューティーコンシェルジュ Misako)

元記事で読む
の記事をもっとみる