1. トップ
  2. 恋愛
  3. 手相で占う!恋に恋しちゃって抜け出せない人

手相で占う!恋に恋しちゃって抜け出せない人

  • 2022.5.22
  • 2809 views

こんにちは。心にあかりを灯す占い師うかれれです。

恋というのは人をときめかせる魔法のようなものですね。

でも、魔法のようなものだからこそ、付き合いかたには気をつけなければなりません。

下手をすると、魔法にかかってしまったら最後、そこから抜け出せなくなってしまいます。

今回は、そんな「恋に恋してしまいやすい人」の特徴について挙げてみました。

ご紹介するのは3つの手相です。おもに左手を採用します。

それではいってみましょう!


1.知能線が下がりすぎている人

知能線が下がりすぎている人は、恋に恋しちゃって抜け出せない人です。
知能線とは、親指と人差し指のあいだから始まり、横に向かって伸びている線です。
知能線はおもに、その人の社会性や仕事のありかたについて見ますが、考えかたそのものの傾向を見ることもできます。
知能線の曲がり具合は、その人の考えかたの柔軟性を表します。
ですので、適度な曲がり具合であれば、その人は物事に対して適応力があるということです。
ただし、注意が必要なのは、曲がり具合が極端な人です。
何事も過剰でありすぎると考えものです。
知能線が下がりすぎている人は、想像力が豊かすぎる特徴があります。
それによって相手の一挙手一投足であれこれ考えてしまい、一喜一憂してしまいます。
相手が思いやりがあり優しい人だと、勘違いして舞い上がってしまう可能性があります。

2.感情線の下部に細かい線がたくさんついている人

感情線の下部に細かい線がたくさんついている人は、恋に恋しちゃって抜け出せない人です。
感情線とは、小指の下から始まり、人差し指と中指のあいだに向けて伸びている線をいいます。
おもに、その人の気持ちの傾向や、人との付き合いかたについてわかる線です。
感情線の長さや曲がり具合にかかわらず、その線の下部に細かい線がたくさんついていると、その人は消極的な面がある人。
細かい線の本数が多ければ多いほど、その人の消極性は高くなります。
消極性だからダメということではなく、動いて確かめるよりも頭の中で考えることが多くなるのです。
その結果、相手の言動に振り回されてしまい、ひとつひとつを深読みしてしんどくなるのです。

3.感情線の終わりが枝分かれしており、枝分かれした一方が生命線を横切っている人

感情線の終わりが枝分かれしており、枝分かれした一方が生命線を横切っている人は、恋に恋しちゃって抜け出せない人です。
とくに、過去のことに縛られやすい人の手相に表れます。
自分がしたことや、相手にされたことをずっと気にしてしまい、引きずってしまいます。
その結果、迷いをなかなか断ち切れなくなってしまうのです。
このタイプの人は、どちらかと言うと現在進行形の恋よりも、過去の恋に依存する傾向にあります。

おわりに

いかがだったでしょうか。
今回は「手相で占う!恋に恋しちゃって抜け出せない人」についてお話ししました。
恋とは魔法のようなものであるとは先ほどお話ししましたが、魔法のようなものであるからこそ、付き合いかたに気をつければより良い流れを作れます。
恋とはイメージです。思い描く未来が明るければ明るいほど、幸せをつかめるチャンスは多くなるでしょう。
あなた自身の手で、望む恋を手に入れてくださいね。
(うかれれ/ライター)





元記事で読む
の記事をもっとみる