1. トップ
  2. レシピ
  3. 【オートミールレシピ】初心者も簡単!おいしいレシピ7選作ってみた

【オートミールレシピ】初心者も簡単!おいしいレシピ7選作ってみた

  • 2022.5.22
  • 1242 views

食物繊維が豊富で、栄養素の高い食材のオートミール。血糖値が上がりにくいことから、ダイエット食品としても注目されていますよね。 とはいっても「どうやって食べるんだろう?」という方も多いはず。今回は、初心者でも簡単でおいしいオートミールレシピを7選ご紹介! まだ食べたことのないという方も、チャレンジしてみませんか?

「オートミールで!レンチンオムライス」

「オートミールで!レンチンオムライス」

オートミールで!レンチンオムライス

レシピ(1人分)
  • 玉ねぎ 15g
  • ピーマン 1/4個
  • ウインナソーセージ 1本
  • 溶き卵 1個分
  • デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ 大さじ1/2
  • イタリアンパセリ 適宜
  • オートミール 30g
  • 水 30g
  • デルモンテ リコピンリッチ トマト飲料 30g

玉ねぎ、ピーマンはみじん切り、ウインナソーセージは輪切りにし、大きめのマグカップに入れます。

(A)の材料を入れて混ぜたら、ラップをふんわりかけて電子レンジ(600W)で2分程加熱します。様子を見ながら加熱してくださいね!

レンジから取り出し全体に混ぜ、表面を平らにします。溶き卵を流し入れ、再びラップをふんわりかけて電子レンジ(600W)で1分程加熱しましょう。

仕上げに「デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ」をかけて、パセリを添えれば完成です。 オートミールであることを忘れるほど、しっかりオムライスの味わい! レンジだけで簡単にできました。

「キッコーマン ホームクッキング」より

『オートミールで!レンチンオムライス』

「オートミールで!トマトリゾット」

オートミールで!トマトリゾット

オートミールで!トマトリゾット

レシピ(2人分)
  • ベーコン(スライス) 2枚
  • にんじん 20g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 1片
  • キャベツ 50g
  • デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1/2
  • オートミール 40g
  • パセリ(みじん切り)適宜
  • 洋風スープの素(固形) 1個
  • デルモンテ リコピンリッチ トマト飲料 200ml
  • 水 200ml

ベーコンは1cm幅、にんじん、玉ねぎは1cm角に切り、にんにくはみじん切り、キャベツは2cm角に切ります。

鍋に「デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル」を入れて弱火で熱し、切ったベーコンと野菜を加えてしっかり炒めます。

野菜に火が通ったら(A)を加え、中火で10分程煮ます。

しっかり煮えたところに、オートミールを加えて混ぜ、さらに弱火で3分程煮ます。とろみが出てくるので、焦げ付かないように注意です。

器に盛って、パセリをちらしたら完成!

トマトのコクを存分に味わえるリゾットで、オートミール特有の後味はありません。オートミールに苦手意識がある方でもおいしくいただけそうです!

「キッコーマン ホームクッキング」より

『オートミールで!トマトリゾット』

「ヘルシー!中華風オートミール卵がゆ」

ヘルシー!中華風オートミール卵がゆ

ヘルシー!中華風オートミール卵がゆ

レシピ(2人分)
  • オートミール 80g
  • キッコーマン 旨みひろがる 香り白だし 大さじ2
  • 卵 1個
  • ごま油 大さじ1
  • 青ねぎ(小口切り) 適宜

鍋にオートミール、「キッコーマン 旨みひろがる 香り白だし」、水500mlを入れてさっと混ぜます。

中火にかけてひと煮立ちさせたら、ふたをしてオートミールがやわらかくなるまで弱火で5分程煮ます。とろみが出て、やわらかくなってきますよ。

ボウルに卵を割り入れてほぐし、鍋にまわし入れたら、ふたをして弱火で1分程煮ます。

卵が固まったら器に盛りつけ、ごま油をかけてお好みで青ねぎをちらしたら完成です! 白だしの香りがふんわりと広がり、優しい味わいですよ。

※レシピは2人分です。

「キッコーマン ホームクッキング」より

『ヘルシー!中華風オートミール卵がゆ』

「『6Pチーズ』オートミールおにぎり」

『6Pチーズ』オートミールおにぎり

『6Pチーズ』オートミールおにぎり

レシピ(1人分)
  • 6Pチーズ 1個
  • オートミール 40g
  • 水 80ml
  • かつおぶし 1/2袋(2g)
  • しょうゆ 小さじ1/2

耐熱容器にオートミールを入れ、水を回しかけるようにして加えます。 水が少ないかな……と思うくらいで丁度よかったです。 電子レンジ(600W)で1分ほど加熱し、軽く混ぜてほぐします。

そこに、サイコロ状に切った「6Pチーズ」と、予め混ぜ合わせた(A)を加えます。

混ぜ合わせたら、形を整えましょう。おにぎりの要領で、サランラップに包んで握るとやりやすいですよ!

まさにおにぎり感覚で食べられて「6Pチーズ」 の濃厚なコクがおいしい! ダイエット中など、普段のおにぎりの置き換えにいいかもしれませんね。

「雪印メグミルクのお料理レシピ」より

『「6Pチーズ」オートミールおにぎり』

「ヘルシー素材で!オートミールチャーハン」

レシピ(2人分)
  • オートミール 80g
  • ウインナソーセージ 2本
  • にんにく 1片
  • 卵 1個
  • 塩 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • キッコーマンいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ 小さじ1
  • 黒こしょう(あらびき) 少々
  • 青ねぎ(小口切り) 適宜

オートミールは耐熱容器に入れて水100mlを回しかけ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分ほど加熱し、ほぐし混ぜておきます。

ウインナーは5mm厚さの輪切りにして、にんにくは芯を除いてみじん切りにしておきます。

ボウルに卵を割り入れ、塩少々を加えて溶きほぐします。フライパンに油小さじ1を中火で熱し、卵液を一気に入れます。菜箸で大きく3回程混ぜて半熟状に火を通したら、取り出しておきましょう。

同じフライパンににんにく、油小さじ2を入れて弱火にかけ、香りが立ったらウインナーを加えてさっと炒めます。

そこにオートミールを加え、木べらで切り混ぜながら炒めます。火を通してオートミールがパラパラになってきたら、卵を戻し入れてほぐし、全体を混ぜます。

全体が混ざったら一度火を止め、フライパンの中央を空けて「キッコーマンいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」を入れます。再び中火にかけ香りが立ったら全体を炒め合わせて塩、黒こしょうで味を調えます。

器に盛りつけ、お好みで青ねぎを散らしたらできあがり! パラパラのオートミールにしょうゆの香りが引き立ち、まさにチャーハン感覚でいただけます。オートミールの食感が苦手……という方でもおいしく食べられそうです!

「キッコーマン ホームクッキング」より

『 ヘルシー素材で!オートミールチャーハン 』

「ヨーグルトで作る オーバーナイトオーツ」

ヨーグルトで作る オーバーナイトオーツ

ヨーグルトで作る オーバーナイトオーツ

レシピ(1人分)
  • ナチュレ 恵 megumi 脂肪0(ゼロ)100g
  • オートミール 20g
  • キウイフルーツ 1個
  • ドライフルーツ・ナッツミックス 適量
  • はちみつ 適量

容器にオートミールと「ナチュレ 恵 megumi 脂肪0」ヨーグルトを入れて軽く混ぜます。

全体に混ざったら、ラップをして冷蔵庫に一晩おいておきます。

一晩おいたオートミールに、キウイフルーツやナッツ、ドライフルーツなどをトッピングし、はちみつをかけたら完成! 今回はバナナもトッピングしてみました。

一晩経ちオートミールがねっとりとするので腹持ちが抜群。フルーツのフレッシュな甘さと相性がよく、朝ごはんにぴったりですよ!

「雪印メグミルクのお料理レシピ」より

『ヨーグルトで作る オーバーナイトオーツ』

「オートミールとカッテージチーズのサラダ」

オートミールとカッテージチーズのサラダ

オートミールとカッテージチーズのサラダ

レシピ(1人分)
  • 雪印北海道100 カッテージチーズ 30g
  • オートミール 30g
  • 水 60ml
  • カット野菜(サラダ用)1/2袋(70g)
  • お好みのドレッシング 適量

耐熱容器にオートミールを入れ、水60mlを上から回しかけるようにして加えます。電子レンジ(600W)で1分ほど加熱し、軽く混ぜてほぐし、冷ましておきます。

器にカット野菜を盛り、冷ましたオートミール、「雪印北海道100 カッテージチーズ」をのせます。カッテージチーズは、フォークで掻き出すようにすると、ポロポロに散らせるので盛り付けやすかったです!

今回は、塩とブラックペッパーを混ぜたオリーブオイルをかけていただきました。オートミールが入っていることで、普段のサラダより腹持ちがアップ! ダイエット中の置き換えによさそうです◎

「雪印メグミルクのお料理レシピ」より

『オートミールとカッテージチーズのサラダ』

初心者でも簡単!オートミールにチャレンジ

食物繊維が豊富で、ダイエット中の食事としても注目されているオートミール。今回ご紹介したレシピなら、きっと簡単にチャレンジできますよ! まだオートミールを食べたことがない……という方も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

[All Photos by autumn]

元記事で読む
の記事をもっとみる