1. トップ
  2. ダイエット
  3. 脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

  • 2022.5.22
  • 60272 views

立ちっぱなし、座りっぱなしなど、あまり歩いたりせずに股関節を動かす機会が減って柔軟性が失われてしまうと、脚太りの原因になりかねません。そこで習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【ダブルレッグオープン】。“脚を大きく回す”だけと簡単にでき、脚痩せの鍵とされる股関節の柔軟性UPが叶います。

ダブルレッグオープン

仰向けになった状態で両脚を大きく回していくエクササイズです。体幹の強化にもつながるので、お腹の引き締め効果も期待できます。

(1)仰向けになって、ひざを曲げた状態で両脚を上げる

脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

(2)ひざをまっすぐ上に伸ばす

脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

▲つま先は自然な形でOKです

(3)息を吸ってお腹を薄くし、お腹を薄したまま息を吐きながら両脚を開き、円を描くように外側に回していく

脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣
脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

(4)再び息を吸い、息を書きながら腰が浮かないようにお腹にしっかりと力を入れつつ両脚を閉じる

脚を大きく回すだけでOK。脚痩せに1日5回【股関節の柔軟性を上げる】簡単習慣

この(2)〜(4)を“1日あたり5回を目標”に繰り返し実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「正しいしフォームで行うこと」がポイント。脚を回すとき、上半身が不安定になったり、腰が浮いてしまったりするので、「腰が浮かないように、常にお腹に力を入れた状態」をキープし、「お腹や股関節を使って脚を回すこと」を意識しましょう。なお、脚を伸ばしたまま行うのが難しい方は、「少しひざを曲げて行う形でOK」です。

凝り固まった股関節が柔軟になるだけでなく、お腹や脚の引き締めにもつながるので、しなやかな細脚をめざすなら、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:Minami(ストレッチピラティス専門店WECLEインストラクター/インストラクター歴4年)>

元記事で読む
の記事をもっとみる