ついに福山雅治も結婚! アラサー女性とアラフォー男性の相性が良い理由って?

9月28日、歌手の福山雅治(46)さんが女優の吹石一恵さん(33)との13歳差婚を発表しました。独身女性はこのニュースにショックを受けている場合じゃない! あなたの結婚相手には、一回りくらい年上の男性の方が良いかもしれませんよ。今、アラサー女性にとってアラフォー男性が魅力的に映る理由を考察してみましょう。

●最後の昭和的価値観を持つ今のアラフォー男性

実は8月に結婚を発表した堀北真希さん(26)と山本耕史さん(38)も12歳差。山本さんの堀北さんに対する熱烈なアプローチは話題になりましたが、今のアラフォー世代の男性たちは昭和的な教育を受けた世代とも言えます。それは「男が女を守る」「男はガツガツ働き、ガツガツ恋愛もする」といった、いわゆる昭和的価値観が根付いているということ。

昭和的な“男らしさ”がアラサー男性よりも強いことは確かですが、それだけに固執して女性を下に見ることもありません。昭和的でありながら平成的価値観も持ち合わせているので、例えば「女性は○○であるべき」といった固定観念は、時代の流れとともに無くす必要性があることも理解しています。

パートナーの仕事や自主性を尊重もしてくれつつ、女性に対してはリードをすべきという意識があるので、優しさだけでなく強さやたくましさをパートナーに求めるアラサー女性にとっては同世代の男性より、アラフォー男性の方がピッタリなのです。

●仕事人としての先輩に相談ができる

結婚してからも働きたい女性にとっては、夫とは家庭や子どもの話と同じくらい、仕事の話もしたいもの。単にストレス発散のために愚痴を吐くだけなら友達でもOKですが、具体的に解決したい仕事の悩みが相談できるかどうかは大きいですよね。しかし、アラサー女性と同世代の男性はまだまだキャリアアップのために奔走している時。仕事の状況も同じようにうまくいっていない場合は多く、お互い精神的に余裕がなかったり、相談しても求めているような解決策をうまく伝えられなかったりする可能性は高いです。

一方、アラフォー男性ももちろん働きざかりではありますが、キャリア的にもある程度は落ち着いているため、パートナーの悩みも自身の経験値を通して聴いてくれるはず。話を聴いてくれるだけでももちろん有難いわけですが、人生、そして仕事人としての先輩であり、最も近くにいる存在が自分の仕事の問題を解決するためにアドバイスしてくれることは何よりも大きな支えになるでしょう。

●最大の特権は「奥さん、お若いですね」とこれからずっと言われること

ある程度、年齢がいくと年下男性も可愛く見えてくることはありますよね。アラサーくらいになると、年下から慕われる喜びやリードしてあげたいといった優しさは自然と出てくるもの。しかし、「いつまでも若くありたい」という意識が高い女性には年下男性は合わないかもしれません。相手よりも自分の方が早く老いていくからです。

しかしアラフォー男性と結婚すれば、相手が60代、70代になっても自分は50代、60代ですから、きっとどんな場面でも「奥さん、お若いですね」と言われるでしょう。今はまだ自分自身も若いですが、これから先10年後、20年後にはその状況に精神的に助けられるはず。「私、いつまでも若いんだ」と思えるのは、最大の特権と言えるかもしれません。

最近の芸能人カップルで、一回りほどの年の差が多く見られるのもこういった傾向が少なからずあるように思えます。婚活中のアラサー女性は、アラフォー男性が限定で集まるパーティーなどに行ってみると、素敵な人と出会えるかもしれません。

(石狩ジュンコ)

元記事を読む
提供元: シティリビングWebの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。