1. トップ
  2. ファンが選ぶ、初代「ウルトラマン」おすすめの“神回”ベスト10!『シン・ウルトラマン』の原点を振り返る

ファンが選ぶ、初代「ウルトラマン」おすすめの“神回”ベスト10!『シン・ウルトラマン』の原点を振り返る

  • 2022.5.21
  • 199 views

「ウルトラQ」や「ウルトラマン」など「ウルトラ」シリーズの大ファンであることを公言している庵野秀明が企画・脚本を務めた『シン・ウルトラマン』(公開中)。5月13日に満を持して公開を迎えるや、往年の「ウルトラ」シリーズファンはもちろん、これまであまり触れてこなかったという世代からも大好評。これを機に、初代「ウルトラマン」をはじめ過去のシリーズ作を観返してみようと思っている人も少なくないだろう。

【写真を見る】人気怪獣たちの登場回や、『シン・ウルトラマン』の予習に役立つエピソードも!1位から10位まで一挙に紹介

【写真を見る】人気怪獣たちの登場回や、『シン・ウルトラマン』の予習に役立つエピソードも!1位から10位まで一挙に紹介 [c]2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ
【写真を見る】人気怪獣たちの登場回や、『シン・ウルトラマン』の予習に役立つエピソードも!1位から10位まで一挙に紹介 [c]2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

2021年にテレビ放送がスタートしてから55周年の節目を迎え、日本をはじめ海外でも根強い人気を誇る特撮キャラクター「ウルトラマン」。今回の『シン・ウルトラマン』では、その企画・発想の原点へと立ち還りながら、現代の日本を舞台に“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描きだす。主人公の神永新二役を演じる斎藤工を筆頭に、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかりといった豪華キャスト陣の共演も話題をさらい、公開前から大きな注目を集めていた。

そして公開された最初の土日2日間で観客動員数45万人、興行収入7億円を突破し、2022年に公開された邦画実写映画No. 1のスタートを飾り、週末動員ランキングで見事1位を獲得。初日から3日間でも動員64万1802人、興収9億9341万円となり、庵野と樋口真嗣監督がタッグを組み興収82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を上回る大ヒットスタートとなっている。

2020年11月に「須賀川特撮アーカイブセンター」で『シン・ウルトラマン』スタチューお披露目式が行われた際の様子
2020年11月に「須賀川特撮アーカイブセンター」で『シン・ウルトラマン』スタチューお披露目式が行われた際の様子

2019年の暮れに行われた「TSUBURAYA CONVENTION 2019」に登壇した庵野は、本作におけるウルトラマンのデザインを、「ウルトラQ」や「ウルトラマン」などシリーズの世界観構築に大きな功績を残した成田亨が1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」をコンセプトにしたと明かしている。また、樋口監督もMOVIE WALKER PRESSのインタビューのなかで過去のシリーズへのリスペクトを語っており、日本を代表する2人のクリエイターが持つ「ウルトラマン」への並々ならぬ想いと、その“原点回帰”への決意が、『シン・ウルトラマン』に凝縮されている。

2021年でテレビ放送開始から55周年!昭和から平成、令和と駆け抜けてきたウルトラマン [c]円谷プロ
2021年でテレビ放送開始から55周年!昭和から平成、令和と駆け抜けてきたウルトラマン [c]円谷プロ

そうしたなか、CS放送の「ファミリー劇場」では『シン・ウルトラマン』の公開を記念して、特集放送「ウルトラマン HDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソードを放送。ここで往年のファンから選ばれた10作品をチェックすれば、『シン・ウルトラマン』をより一層楽しめること間違いなしだ。

「『シン・ウルトラマン』公開記念「ウルトラマン特集」ファンが選ぶ10エピソード」結果は以下の通り。

第1位 第23話「故郷は地球」

第2位 第37話「小さな英雄」

第3位 第2話「侵略者を撃て」

第4位 第33話「禁じられた言葉」

第5位 第39話「さらばウルトラマン」

第6位 第34話「空の贈り物」

第7位 第35話「怪獣墓場」

第8位 第18話「遊星から来た兄弟」

第9位 第28話「人間標本5・6」

第10位 第1話「ウルトラ作戦第一号」

第1位 第23話「故郷は地球」 [c]円谷プロ
第1位 第23話「故郷は地球」 [c]円谷プロ

第1位に選ばれたのは、ジャミラが登場する第23話「故郷は地球」。東京で行われる国際平和会議の出席者を乗せた旅客機や船が爆破される事件が相次ぎ、調査に乗り出す科特隊。敵ロケットの撃墜に成功し、炎の中から立ち上がった怪獣を見た科特隊パリ本部のアラン隊員は、その怪獣ジャミラは人間だと語り始める。

長年「ウルトラ」ファンの間で“神回”として語り継がれるこのエピソード。世界各国が宇宙開発に乗り出した1960年代、そのエゴの犠牲となった人間が怪獣と化して地球へと襲来。連鎖する悲劇、怪獣との関係、正義のあり方などを考えさせられる深い一本。このエピソードを手掛けたのは、全39話のうち6エピソードを手掛けた実相寺昭雄監督と脚本・佐々木守。このタッグの作品はほかにも第34話「空の贈り物」が第6位に、第35話「怪獣墓場」が第7位にランクインしている。

第3位 第2話「侵略者を撃て」 [c]円谷プロ
第3位 第2話「侵略者を撃て」 [c]円谷プロ

そして第2位には“怪獣酋長”ジェロニモンが科特隊とウルトラマンに復讐するために怪獣を復活させようとする第37話「小さな英雄」が、第3位には第2話「侵略者を撃て」がランクイン。前者にはピグモンが、後者にはバルタン星人と、人気怪獣の登場エピソードが上位に入ることとなった。また『シン・ウルトラマン』ともリンクする、ザラブ星人が登場する第18話「遊星から来た兄弟」、メフィラス星人が登場する第33話「禁じられた言葉」も人気を集めている。

第4位 第33話「禁じられた言葉」 [c]円谷プロ
第4位 第33話「禁じられた言葉」 [c]円谷プロ

バラエティに富んだエピソードとデザイン性に優れた怪獣たちの登場によって、昭和・平成・令和と駆け抜けてきた「ウルトラ」シリーズ。この7月からは、テレビシリーズの最新作となる「ウルトラマンデッカー」の放送がスタートする。昨年放送された“令和版ティガ”「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」の数年後を舞台に、エキスパートチーム“GUTS-SELECT”の若き隊員たちが織りなす青春群像劇が描かれていく。

新シリーズ「ウルトラマンデッカー」は7月9日(土)スタート! [c]円谷プロ [c]ウルトラマンデッカー製作委員会・テレビ東京
新シリーズ「ウルトラマンデッカー」は7月9日(土)スタート! [c]円谷プロ [c]ウルトラマンデッカー製作委員会・テレビ東京

初代「ウルトラマン」に熱狂した子どもたちが大人になり、その次の世代たちが熱狂した「平成ウルトラマン」シリーズの幕開けから早25年。また新たな世代へと「ウルトラマン」のスピリットが受け継がれるなか、『シン・ウルトラマン』の到来によってさらなる拡大を見せようとしている。今後も「ウルトラマン」の展開に注目しながら、この機会に過去のシリーズ作品と出会ってほしい。

ファミリー劇場『シン・ウルトラマン』公開記念「ウルトラマン特集」ファンが選ぶ10エピソードは、6月25日(土)22時5分より話数順に一挙放送される。

第5位 第39話「さらばウルトラマン」 [c]円谷プロ
第5位 第39話「さらばウルトラマン」 [c]円谷プロ

文/久保田 和馬

元記事で読む
の記事をもっとみる