1. トップ
  2. 吉岡里帆「本当に公開できたのが奇跡と思える」 中村倫也は「観た人が必ず元気をもらえる」 作品への熱い思いを明かす<ハケンアニメ!>

吉岡里帆「本当に公開できたのが奇跡と思える」 中村倫也は「観た人が必ず元気をもらえる」 作品への熱い思いを明かす<ハケンアニメ!>

  • 2022.5.21
  • 108 views
「ハケンアニメ!」公開記念舞台あいさつが開催 (C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会
「ハケンアニメ!」公開記念舞台あいさつが開催 (C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

【写真を見る】アクリル板越しに顔を見合わせる中村倫也と尾野真千子

5月21日、都内映画館で映画「ハケンアニメ!」の公開記念舞台あいさつが開催。主演を務める吉岡里帆をはじめ、中村倫也、柄本佑、尾野真千子、高野麻里佳、主題歌を務めるバンド・ジェニーハイから小籔千豊、川谷絵音、新垣隆、中嶋イッキュウ、そして吉野耕平監督が登壇した。

最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘

同作は直木賞&本屋大賞受賞作家・辻村深月の小説を映画化したもの。日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘する若者たちの姿が描かれる。

一世一代の大チャンスを掴んだ新人アニメ監督・斎藤瞳を吉岡、彼女のライバルとなる天才ワガママ監督・王子千晴を中村、瞳を振り回すつかみどころのない超クセ者プロデューサー・行城理を柄本、王子の才能に人生を懸ける作品命のプロデューサー・有科香屋子を尾野が、劇中アニメの声優を務める群野葵を高野が演じている。

中村倫也「観た人が必ず元気をもらえる映画」

この日都内は午前中はあいにくの雨。イベントに登壇した吉岡は「皆さん劇場入られるとき(雨に濡れないか)大丈夫かなって心配だったんですけど、こうやって足を運んでくださって本当に嬉しく思います」と会場に集まった観客に感謝を述べた。

中村も「とても素敵な作品ができたんじゃないかなと思っています。観た人が必ず元気をもらえる、いい映画ができたんじゃないかな。そういう作品にかかわれてすごく嬉しいです」と喜びを語った。

また、イベント前日の20日に公開を迎え、吉岡は「プロデューサーの方が(公開までに)7年かかったとおっしゃっていたので、そんなに長い年月をかけて作る映画はそうそうないと思いますので、チーム一同が本当に公開できたのが奇跡と思えるような1本になったのかなと感じています」と映画製作の重みを明かした。

イベントでは映画ポスターに描かれているコピー「好きを、つらぬけ」にちなみ、登壇者が「貫き続けている好きなこと」をフリップで発表。

「じゃん!」とセルフ効果音付きでフリップを見せた吉岡の回答は「グミ(ハード&すっぱい)」。「乳歯が生えてきたかなって頃からずっと食べ続けてる」とグミ愛を爆発させ、「尾野さんにも、グミを仲良くなりたいなって渡したことがありましたけど」と話すと、すかさず中村が「佑、里帆ちゃんからグミもらったことある?」と質問。

柄本は「ない」と首を振り、中村ももらったことがないと認め「仲良くなった人には(グミを)あげるんだって」と、吉岡の中で親しさのバロメーターになっているらしいことを明かすと、柄本は「へー、そうなんだー」と棒読みで応答。グミがもらえていないことで複雑な表情の中村と柄本に吉岡が焦り、司会者が「いつかもらえるといいですね(笑)」となだめる一幕もあった。

「(作家ではなく)サッカーってこと!?」

そんな中村が「貫き続けている好きなこと」としてフリップに書いたのは、サッカー選手の「テオ・エルナンデス」の名前。サッカー好きの中村は彼への思いを熱く語るが、柄本は詳しくなく、登壇前に舞台裏で何を書いたか中村に尋ねたときも、どういう人物なのかわからず「作家?」と聞くと、中村から「一番近い」と答えられたと言い、「(作家ではなく)サッカーってこと!?」と、まるで漫才のようなやり取りを繰り広げた。

イベントは終始和気あいあい。最後に吉岡が「いつか皆さんが今日劇場で見た映画のことをふと思い出してくださったらいいなと思っております」と語り掛けイベントは締めくくられた。

元記事で読む
の記事をもっとみる