1. トップ
  2. 岸井ゆきの、北川景子ら先輩たちがアドバイスも「乗りたい車はなかったです…(笑)」

岸井ゆきの、北川景子ら先輩たちがアドバイスも「乗りたい車はなかったです…(笑)」

  • 2022.5.20
  • 152 views
撮影を振り返る岸井ゆきのと北川景子(写真左から) ※ザテレビジョン撮影
撮影を振り返る岸井ゆきのと北川景子(写真左から) ※ザテレビジョン撮影

【写真を見る】先輩たちとのエピソードを披露する岸井ゆきの

女優の岸井ゆきのが5月20日に都内で行われた映画「大河への道」(公開中)の公開初日舞台あいさつに、中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、和田正人、田中美央、中西健二監督と共に登壇した。

北川景子らに岸井ゆきのが困惑

舞台あいさつでは、岸井が撮影現場での共演者たちとのやりとりを披露。岸井が「(撮影時)私が車の免許を取りたてだったので、『私がどんな車に乗ったらカッコいいか』を中井さん、松山さん、北川さんたちと話していました」と明かすと、北川が「『大きい車に乗ってほしい』とか『車高が高いとカッコいい』とか、みんな好き放題言って…(笑)。いろいろ言ってました」と回顧。

司会者の「相談する人がたくさんいていいですね」との言葉に、岸井は「皆さんが好き放題言って、乗りたい車はなかったです…」と苦笑いし、会場の笑いを誘っていた。

同作品は、立川志の輔による新作落語「大河への道―伊能忠敬物語―」を中井主演で映画化したもので、江戸と令和の2つの時代を舞台に日本初の全国地図誕生秘話を描く歴史発見エンタテインメント。

千葉・香取市役所の総務課に勤める池本保治(中井)は、市の観光振興策を検討する会議で意見を求められ、苦し紛れに大河ドラマ制作を提案。その提案が思いがけず通り、郷土の偉人である伊能忠敬を主人公とする大河ドラマの企画が立ち上がってしまう。だが、企画を進めるうちに「日本地図を完成させたのは伊能忠敬ではなかった!? 彼は地図完成の3年前に亡くなっていた」という驚きの事実が明らかになる、というストーリー。

中井は令和時代の池本と江戸時代の天文方を取り仕切る高橋景保、松山は池本の部下・木下と景保の腹心・又吉、北川は市役所の観光課長・小林と忠敬の妻・エイなど主要キャストがそれぞれ一人二役で演じる。

◆取材・文・撮影=原田健

元記事で読む
の記事をもっとみる