1. トップ
  2. レシピ
  3. 博多で贅沢海鮮丼ランチといえばココ! “見た目も味も最高”「うな玉ジュー」が新登場

博多で贅沢海鮮丼ランチといえばココ! “見た目も味も最高”「うな玉ジュー」が新登場

  • 2022.5.20
  • 16296 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ・グルメ大好きなchippachapusです。

今回は、福岡市博多区博多駅前にある『博多シーフード うお田』のランチメニューをご紹介します!

博多名物や九州産のおいしい海鮮を楽しむならここ!博多の人気店「博多シーフード うお田」(福岡市博多区博多駅前)

『三井ガーデンホテル福岡祇園』の1階にある『博多シーフード うお田』。

朝は博多名物を含むビュッフェ、ランチは海鮮丼、夜は九州の海鮮を使ったさまざまな料理を楽しめるお店です。

博多シーフード うお田 店内
画像:chippachapus

店内は、木を基調とした和空間。広いテーブル席と半個室、合わせて全85席ありますよ。

博多シーフード うお田 店内
画像:chippachapus

同じフロアに系列店の『cafe&sake ハカタ#092』もあるので、ランチ後にスイーツをイートインやテイクアウトで楽しむこともできます。

cafe&sake ハカタ#092 店内
画像:chippachapus

“うなぎの蒲焼き×出汁巻き玉子”の最高の組み合わせ♡5月に登場した注目の新メニュー「うな玉ジュー」

「土用の丑の日」に合わせて期間限定で登場していた鰻丼が、好評のため通年食べられるようになりました。

それが、2022年5月8日からランチメニューに加わった『うな玉ジュー』(2,500円)。『うなぎダブル』(3,700円)と『明太子トッピング』(3,000円)もありますよ。

博多シーフード うお田 うな玉ジュー
画像:chippachapus

九州産の鰻を自家製の特製ダレに絡ませて蒲焼きに仕上げ、糸島産の卵で作るふんわり出汁巻き玉子の上にどんっとのせてあります。

アツアツの土鍋で運ばれてくるので、時間がたっても温かい状態でいただけますよ。

博多シーフード うお田 うな玉ジューの土鍋
画像:chippachapus

さらに、別添えの「追いダレ」をかけると、ジューッ!と食欲をそそる音がたまりません♪ これが『うな玉ジュー』の名前の由来でもあるのだとか。

タレは鰻の頭と尻尾を調味料などと煮込み、オリジナルブレンドで仕上げてあるそうです。

博多シーフード うお田 うな玉ジュー
画像:chippachapus

鰻は身がふわっと柔らかく、甘辛いタレが中まで染み込んでいて、とてもおいしかったです。

また、出汁巻き玉子は出汁がしっかりきいていて、鰻との相性も抜群でした!

博多シーフード うお田 うな玉ジュー
画像:chippachapus

名物の「明太いくら玉子焼丼」ははずせない!“ランチ限定”豪華海鮮丼は全5種類

ランチで提供される定番の海鮮丼は全5種類あり、今回は人気のある2つをご紹介します。

まずは、一番人気の『明太いくら玉子焼丼』(1,980円)。

博多シーフード うお田 明太いくら卵焼丼
画像:chippachapus

明太子・出汁巻き玉子・いくらと、まさにたまご尽くしな丼です!

自家製調味液で仕上げているという「オリジナル明太子」に特製ダレがかかっていて、ピリ辛な味わい。

博多シーフード うお田 明太いくら卵焼丼
画像:chippachapus

出汁巻き玉子は、出汁の風味がじゅわっと広がりました。

博多シーフード うお田 明太いくら卵焼丼
画像:chippachapus

出汁の旨みに加えほんのりした甘みが、明太子ともよく合っていました。

いくらのプチッと弾けるような食感もアクセントになっていましたよ。

博多シーフード うお田 明太いくら卵焼丼
画像:chippachapus

こちらは、『九州サーモンいくら丼』(1,980円)。

博多シーフード うお田 九州サーモンいくら丼
画像:chippachapus

脂ののったサーモンといくらがキラキラしていて、とてもキレイでした。

博多シーフード うお田 九州サーモンいくら丼
画像:chippachapus

サーモンは、臭みがなく甘みが強いのが特徴の宮崎県産『奥日向サーモン』を使用しているそう。しっとりしていて甘さがしっかり感じられ、いくらとも相性がよかったです。

博多シーフード うお田 九州サーモンいくら丼
画像:chippachapus

ランチメニューには、釜炊きご飯・漬物・味噌汁・ドリンクがセットになっていて、どれもビュッフェスタイルでおかわり自由となっています。

ご飯は「九州産の特A米」で、ふっくら&もっちりした食感が良かったです。

博多シーフード うお田 釜炊きご飯
画像:code

ドリンクは、八女・星野製茶園の「和紅茶」や「ほうじ茶」などがありますよ。

博多シーフード うお田 ドリンクバー
画像:chippachapus

朝食で大人気の「明太フランス」のお持ち帰りもOKに♪

朝食ビュッフェで提供されている『明太フランス』(1本500円)のテイクアウトも始まりました。

博多シーフード うお田 明太フランス
画像:code

『BROT LAND(ブロートラント)』のフランスパンに自家製の明太ディップとバターをたっぷりサンドし、パリッと焼き上げてあります。

注文を受けてから作るため、いつでも焼きたてをいただくことができますよ。

博多シーフード うお田 明太フランス
画像:chippachapus

口にいれた瞬間にバターの甘さと明太子の辛さがじゅわっと広がり、とてもおいしかったです。

博多シーフード うお田 明太フランス
画像:chippachapus

系列店「cafe&sake ハカタ#092」でカフェメニューのテイクアウトがスタート!

『博多シーフード うお田』と同じく『三井ガーデンホテル福岡祇園』の1階に、今年2月にオープンした『cafe&sake ハカタ#092』。

5月半ばから始まったテイクアウトメニューは、これから暑くなる時期にぴったりなラインアップとなっています。

cafe&sake ハカタ#092 テイクアウトメニュー
画像:chippachapus

左から、季節のフルーツが3種類とハーブを和紅茶と合わせた『フルーツティーソーダ』(600円)、八女抹茶を贅沢に使用した『抹茶ラテ』(600円)、いちごを3粒ほど使用した『苺ミルク』(600円)です。

cafe&sake ハカタ#092 ドリンク
画像:chippachapus

どれもお茶の味をしっかり味わえるようにシロップはあまりいれていないそうで、甘さは控えめですっきりした味わいでした。

こちらは、『あまおうパフェ』(800円)。旬の「あまおう」を使用しているため、5月末頃までの期間限定です。

cafe&sake ハカタ#092 あまおうパフェ
画像:chippachapus

上から下まであまおうがぎっしり! マスカルポーネクリームや2種類のアイスで味変も楽しめましたよ。

cafe&sake ハカタ#092 あまおうパフェ
画像:chippachapus

おいしいランチや明太フランスはもちろん、パフェやドリンクも食後のデザートとして、ぜひ味わってみてくださいね♪(文/chippachapus)

<店舗情報>
■博多シーフード うお田
■cafe&sake ハカタ#092
住所:福岡市博多区博多駅前2-8-15 三井ガーデンホテル福岡祇園1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

元記事で読む
の記事をもっとみる