1. トップ
  2. 栗山千明主演、“お酒”をテーマにした新たなグルメドラマが誕生「こんなにも私にぴったりな役はないのでは!?」<晩酌の流儀>

栗山千明主演、“お酒”をテーマにした新たなグルメドラマが誕生「こんなにも私にぴったりな役はないのでは!?」<晩酌の流儀>

  • 2022.5.20
  • 133 views
7月クールのドラマ25は、栗山千明主演の「晩酌の流儀」 (C)「晩酌の流儀」製作委員会
7月クールのドラマ25は、栗山千明主演の「晩酌の流儀」 (C)「晩酌の流儀」製作委員会

【写真を見る】栗山千明、デコルテが美しい…!クールなドレス姿

7月1日(金)より、栗山千明主演のドラマ25「晩酌の流儀」(毎週金曜深夜0:52-1:23ほか、テレビ東京系)が放送されることが決定した。同作は、1日の最後に飲むお酒をどうしたら最高においしく飲めるのか、そのことをひたすら考えて行動する一人の女性の物語。栗山は、主人公の伊澤美幸を演じる。

好きな時に好きな場所で自由にお酒を飲むことができる現代。そんな中、“1日の最後に飲むお酒をいかにおいしく飲むことができるか”をテーマに、テレビ東京が新たなグルメドラマを手掛ける。

栗山千明演じる“美幸”はどんな人物?

伊澤美幸、37歳、独身。不動産会社に勤めており、会社内での評価は高くしっかりと仕事をこなすタイプ。一度仕事が終われば、一杯のおいしいお酒を飲むために全力を注いでいる。

趣味は、ヨガ・サウナ・スポーツ・登山と多岐に渡るがそれは全ておいしいお酒を飲むため。1日の最後に「最高の一杯」を飲むこと以上に至福の時間はないと考え、そのための行動に妥協はない。

伊澤美幸役・栗山千明コメント

晩酌が好きで、晩酌を楽しみに日々を過ごしている私ですので「こんなにも私にぴったりな役はないのでは!?」と自分でも思ってしまいました(笑)。

私が演じさせて頂きます美幸の晩酌へのこだわりに、共感して下さる方や試してみようと思って下さる方も多いのではと思います。深夜に、食欲をそそるグルメドラマをお届けします。ぜひお楽しみに!

原案・企画・プロデューサー、松本拓コメント

「1日の最後に飲むお酒をどうしたら最高においしく飲めるのか」

私自身、長年追求してきたこのテーマを、ついにドラマにすることができました。

プロデューサー人生で4度目のグルメドラマ。今回は「お酒」を軸に、今までのテレ東深夜には確実になかったストーリーと演出で過去最高のおいしいグルメドラマを目指します。

主人公が「最高の一杯」にたどり着く過程、たどり着いた瞬間、たどり着いた後、全てをお楽しみ頂けるはずです。

そして、この企画をやるならば、お酒をこよなく愛され、役柄的にもぴったりな栗山さんでと思っていたので、それが実現されたことがとてもうれしく、クランクイン前にしてテンションは最高潮に達しています。

金曜日の真夜中にお送りするこのドラマ。もし共感して頂けたら(いや、必ず共感して頂けるので)、ぜひ翌日に実践してみてください!ご期待下さい!

ドラマ25「晩酌の流儀」あらすじ

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、会社からの信頼も厚く順風満帆な日々を送っていた。一方で、彼女には周囲に知られていない一面があった。

それは、“1日の終わりにお酒をいかにおいしく飲むことができるか”を考え、仕事以外の時間全てをお酒の為に費やしているという事。

「自分の行動次第でどうにでもおいしくなる!」をモットーに、お酒をおいしく飲む為だけにサウナ・キャンプ・登山…と日々さまざまな事にまい進中。

これは、お酒をおいしく飲む事をひたすら追求していく1人の女性の物語――。

元記事で読む
の記事をもっとみる