1. トップ
  2. 中井貴一&立川志の輔が語る、勘違いと偶然の出会いから歩み始めた『大河への道』

中井貴一&立川志の輔が語る、勘違いと偶然の出会いから歩み始めた『大河への道』

  • 2022.5.20
  • 46 views

中井貴一が主演、松山ケンイチ、北川景子が共演し、一人二役を演じる映画『大河への道』 (公開中)。現代と200年前の江戸時代を舞台に、日本で最初の実測地図を作った伊能忠敬を主役にした大河ドラマ制作プロジェクトの行方と、日本地図完成に隠された秘密を描く物語だ。

【写真を見る】史上初の日本地図を完成させたのは、 あの伊能忠敬ではなかった?!

【写真を見る】史上初の日本地図を完成させたのは、 あの伊能忠敬ではなかった?! [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
【写真を見る】史上初の日本地図を完成させたのは、 あの伊能忠敬ではなかった?! [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

原作となった立川志の輔の新作落語に惚れ込んだ中井自ら、志の輔に映画化を直談判したという。その誕生経緯だけでも1本の落語ができそうなおもしろ制作裏話について、原作の志の輔と主演の中井に熱く語ってもらった。

「『映画にしたいほどおもしろい』というのも中井さん流の褒め言葉かな」(志の輔)

――中井さんが映画化を直談判するほど感動した志の輔師匠の原作。劇中に登場する脚本家の加藤浩造(橋爪功)のように、鳥肌が立つような感覚があったのでしょうか?

中井「本作は志の輔師匠が、たまたま立ち寄った伊能忠敬記念館で彼のすばらしさを知り、この落語をお作りになりました。そして僕は、志の輔の新作落語4作を組み合わせた舞台『メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~』で主演を務め、改めて師匠のすごさを知るわけです。そんな経緯があるなかで、舞台公演時に知人から師匠の落語『大河への道-伊能忠敬物語-』をすすめられまして。タイトルを聞いた時は、てっきり中国を舞台に1人の日本人が、黄河や長江といった大河を目指し旅をする…という壮大な物語かと思っていました。

劇中での中井&志の輔の共演シーン [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
劇中での中井&志の輔の共演シーン [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

次の公演予定を尋ねたところ、しばらくやる予定はないという答えが返ってきたので、『壮大な話だからそう簡単にやれるものじゃないんだ…』と、僕の中で作品のスケールがどんどん大きくなっていって(笑)。その後資料用のDVDをお貸しいただき、拝見したら、“え?ドラマの大河?”となるわけです。一番感動したのはそこですね(笑)」

志の輔「公演の機会がなかったものですから、もしご覧になりたいならとDVDをお渡ししました。でも落語は生で観ていただくのが一番ですし、たとえDVDを渡してもご覧にならないだろうな、という思いもありました(笑)。ところが、中井さんから『おもしろかった』という感想のお電話をいただき、そのうえで映画にしたいとまでおっしゃるじゃないですか。まあでも 『映画にしたいほどおもしろい』というのも中井さん流の褒め言葉かな、くらいに受け止めていたんです。

伊能の弟子たちによる一世一代の隠密作戦とは [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
伊能の弟子たちによる一世一代の隠密作戦とは [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

ところが、よくよく話を聞くと本気だということがわかり…。そりゃもう『やめたほうがいいよ』って言いますよね(笑)。落語だからアバウトな部分も多いですし、結果的に伊能忠敬が出てこない話ですよ?映画を作るなら時代考証も大変ですし、最初は無理ですってお伝えしました」

中井「それについては制作サイドには専門家もしっかりつけるので、安心してくださいと申し上げました」

志の輔「そこで本当に本気なんだと理解し、どうぞ好きにしてくださいって。伊能忠敬という偉人を、自分自身がろくに知らなかったことにショックを受けて作った落語が、中井さんに届き映画となり、映画を観た人たちが伊能忠敬を知ることになる。映画に字幕がつけば、世界中に広がる可能性だってあります。僕は外国語が話せないので、落語だけではこの可能性も生まれなかったわけですから、本当に円盤をお渡ししてよかったと安堵しているところです」

「本作は時代劇を残す手法のひとつになるのではと思いました」(中井)

――本作の物語と、中井さんが志の輔師匠の作品を映画したいとアプローチする話がリンクし、より興味深く拝見しました。中井さんが、本作で感じた“おもしろさ”を教えてください。

中井「現在も時代劇自体は作られていますが、圧倒的に本数は少なくなっています。さらにコロナ禍でエンタテインメントに回るお金が少なくなっているのを肌で感じるなかで、制作にお金のかかる時代劇を残すこと自体が至難の技であることは否めません。いかにお客様に観て頂ける時代劇を作っていくのか…。ここ数年ずっと考えて参りました。そんなとき、師匠の落語を拝聴し、タイムスリップものじゃないのに、現代と時代ものが重なり合って描けていることに気づき、これは時代劇を残す手法のひとつになるのではと思いました。

総務課主任の池本(中井)は、観光課の課長、小林(北川)から開発担当に任命される [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
総務課主任の池本(中井)は、観光課の課長、小林(北川)から開発担当に任命される [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

さきほどの“落差”の噺じゃないけれど、僕は喜劇の台本をいただいたら、まず悲劇性を探しますし、逆もしかりです。そのギャップを作ることで、喜劇はよりおもしろく、悲劇はより悲しいものになると考えています。今回の話でいうと、現代劇パートのコメディ要素と、時代劇パートのシリアスな部分ですね。師匠の噺は、それがストーリーのなかで自然にできているので、これは映画界にとって、時代劇を残していくうえでの一つの提案になれるのではと思いました」

――なぜ伊能忠敬本人が出てこない作品になったのでしょうか?

志の輔「実は、伊能忠敬が自分のことを“わし”と言っていたのか、“拙者”と言っていたのかのが、まったく浮かばなかったんです。彼の一人称が出てこないから、セリフも書けない。そうすると僕の噺のなかでは、伊能忠敬は喋れないわけです。そうやって作っては壊し…を繰り返した結果、伊能忠敬を大河ドラマの主人公にしたかったけれどできなかった、という熱い想いだけが残る話になりました(笑)。

日本地図完成に隠された物語とは? [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
日本地図完成に隠された物語とは? [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

でも、この構造は間違っていなかったと感じています。逆に言えば、物語なんかにできないくらいすごかった、というところに着地させることができたので。根底に『伊能忠敬の偉大さ』というベースがあれば、落語や映画だけでなく、ありとあらゆるメディアで物語にすることができると思います」

――中井さんは、時代劇を残す新しい手法を発見したとおっしゃってましたが、本作をどんな人に届けたいですか?

中井「やっぱり若い世代、特に小学生に観てほしいです。いまの子どもたちは、いまの肌感でモノを見ます。例えば、日本地図は昔から当たり前にあるものだから、それを当時作ることがどのようなものなのか、実感がわかないわけです。コメディにしたのは、より気軽に伊能忠敬を知ってほしいと思ったから。普段役者として作品に携わる時は、年齢層を気にすることはほとんどありません。でもこの作品に関しては、ぜひ若い人、特に子どもたちに観てもらえたらと思っています」

天文学者の高橋景保(中井貴一)と助手の又吉(松山ケンイチ) [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
天文学者の高橋景保(中井貴一)と助手の又吉(松山ケンイチ) [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

志の輔「現代と江戸時代が同時進行している物語では、タイムスリップものが普通だけど、そうではないところがおもしろい。脚本家の方は、本当にすばらしいと思いました。僕が押さえてほしいポイントはしっかり押さえたうえで、伊能忠敬の象徴としてわらじを出してきたアイデアには脱帽です!落語が映画になったことで腑に落ちた描写もたくさんあったので、今後そちらを落語に落とし込んでいけたらという思いで、許可取りのために映画制作チームの顔色を伺っています(笑)」

中井「脚本は40冊くらい書き直していただきました。脚本の森下(佳子)さんが、2回目の打ち合わせで“私には難しすぎます!”とおっしゃったことがあって。どういう意味か尋ねると、“伊能忠敬はちゃんと大河ドラマの主人公になれます。だから大河ドラマにならない話は難しすぎるんです”って。いやいや、これは大河ドラマにならないという話だから、と真剣に揉めたことがありました(笑)。先ほど師匠が『作っては壊し』とおっしゃっていましたが、脚本作りもそんな感じでした。もう少しスケジュールに余裕があったら、もっと完璧なものが描けていたと思います(笑)」

志の輔「いやいや、完璧な脚本です。本当にすばらしかった」

「歴史上の偉人も現代を生きる人も、たいして変わらない」(中井)

――現代と江戸時代での一人二役もおもしろい設定でした。

中井「この設定は最初から考えていたものです。どんなに時代が過ぎても、人間というものはたいして変わらないことを表現したいと思っていました。歴史というのは後世の人間が作り上げるもので、当時の人たちはその時代を必死に生きているだけ。いま“偉人”と呼ばれている人たちも、当の本人は決して偉人になろうとしていたわけではなく、後の世の人が偉人と崇めているわけです。なので香取市の市役所の人たちも、地図を作っていた測量隊の人たちも、たいして違わないよねというのが伝わればいいなと思っています」

大物脚本家、加藤(橋爪功)の思いもよらぬ発見とは [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
大物脚本家、加藤(橋爪功)の思いもよらぬ発見とは [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

――中井さん、志の輔師匠が作品に携わる際に大事にしていることを教えていただきたいです。

中井「脚本です。役者はいろんな役に化けるのが仕事なので、役柄がいい人か、悪い人であるかなどは重要ではありません。それよりも、脚本の一部にでも共感できることが大切です。その結果、作品が当たっても外れても、その共感があって乗った船なら沈没しても後悔はしません。制作会社は造船会社で、脚本が船、監督が船長で、我々俳優やスタッフは乗組員です。船の母体がしっかりできていないと、いくら船長や乗組員がよくても船は進みません。だからこそ、脚本のあり方には一番こだわるし、神経を使います」

――今回の場合は、脚本ができる前から携わっているので、軸となるのはやはり志の輔師匠の原作になるのでしょうか。

中井「師匠の落語が、船の見取り図としてきちんとできていたことは大きかったです。ただ見取り図はあるけれど、ぼかしている線が多くて(笑)。映画にするうえで、僕たちでしっかり線を引く必要はありました。おおよその見取り図に惚れ込んでしまったものですから…」

現代パートでも測量シーンが登場 [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
現代パートでも測量シーンが登場 [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

志の輔「あははは。僕の場合は、落語でなにが言いたいのか、その基準が決まった時が一番燃えます。昔、師匠の談志に言われた“この落語でお前はなにが言いたいんだ”という言葉が、ずっと僕の中に残っています。その言葉を僕なりに解釈し、自分が言いたいことをメッセージとして伝えられるようにと、ここまで落語をやってきました。そのおかげで、僕は伊能忠敬のすばらしさ、そして彼を支えた人たちの心の喜びを伝えたいという気持ちになり、この落語を作ったわけです」

――大河ドラマ常連の中井さんに伺います。大河の主人公になる人物の条件はなんだと思われますか?

中井「正直わからないです。僕が武田信玄をやらせてもらったころは、戦国ものは視聴率が取れるという風潮がありました。明治維新や幕末は数字が取れないというのも最近は変わってきていますし…。人よりも現象が主軸になっていくような感じかな。パーソナリティより社会現象的なものにフィーチャーしていく気がしています」

志の輔「僕はぜひ伊能忠敬を大河ドラマにしてほしいです。落語ではオチがないと困るので、“大河ドラマにしたかったけれど、なれなかった”としましたが、何年かあとに大河ドラマにしていただけたらと思います。ただ、やってくれる方がいらっしゃるかな、地味だから(笑)」

息ぴったりの二人が自分たちの”大河への道”を語る! [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ
息ぴったりの二人が自分たちの”大河への道”を語る! [c]2022「大河への道」フィルムパートナーズ

中井「伊能忠敬の場合80歳近くまで、子役も含め3人くらいで演じる必要がありますよね。僕は、このプロジェクトが動き出して以降、つい最近まで大河のニュースがあるたびにドキドキしていました。“次の大河ドラマって誰?渋沢栄一?じゃあ、大丈夫だね”“次は鎌倉殿?よかった!”という感じで。今度、三谷幸喜さんにお礼を言わなきゃな、って思っています(笑)。これから先は師匠と“伊能忠敬を大河の主役にする会”を発足し、心置きなくそっちの方向に舵を切り進んでいこうと思います!それが我々の最終的な“大河への道”です(笑)」

取材・文/タナカシノブ

元記事で読む
の記事をもっとみる