1. トップ
  2. 恋愛
  3. 被災地の復興を促進!『支援者のための心のリフレッシュプログラムガイドブック』発行

被災地の復興を促進!『支援者のための心のリフレッシュプログラムガイドブック』発行

  • 2022.5.20
  • 59 views

日本NPOセンターが武田薬品工業と協働で実施している「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」。2014年から2021年まで、日本YMCA同盟と連携して東日本大震災の復興活動に取り組む支援者への心のケアを行ってきた。

その取り組みとノウハウをまとめた『支援者のための心のリフレッシュプログラムガイドブック』が発行されたので紹介したい。

支援者のメンタルヘルスに着目

東日本大震災発生から3年が経過した2014年。被災地域外からの支援が漸減するなか、継続的に活動を行う岩手県・宮城県・福島県の東北3県のNPOの役割は、ますます大きくなっていた。

NPOのスタッフやボランティアは、目の前の支援活動に追われ、自身のメンタルヘルスに課題を抱えてしまうことが多くあり、それが休職や離職の理由となっていたそう。活動の担い手が失われ、被災地の復興に直結する大きな課題が生まれていたという。

同団体は、支援者が健康で心身ともに充実した状態であることが、被災地の復興を促進し、ひいては被災地の人の健康的な、心身ともに充実した生活を取り戻すことにつながると考え、NPOスタッフを対象としたメンタルヘルスケア事業を実施することに。それが「支援者のための心のリフレッシュプログラム」だ。

ストレッチや瞑想などのワークショップ

「支援者のための心のリフレッシュプログラム」は、日本NPOセンターと武田薬品工業との協働事業である「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の自主・連携事業。リフレッシュプログラムに知見のある日本YMCA同盟と連携し、実施された。

同プログラムは2泊3日を基本とし、自然豊かな環境のもと、散策や温泉、ストレッチや瞑想などのワークショップを開催。また、臨床心理の専門家にも参加してもらい、オプションで個別カウンセリングの場を設けるなどされた。

2014年から2021年まで合計20回実施され、延べ167名が参加したという。

“支援者のケア”で復興を促進

当初から「支援者のための心のリフレッシュプログラム」を通じて、“支援者のケア”の重要性が認識されることと、プログラム手法が確立され、より多くの専門家の協力を得て同様のプログラムが拡散・実施されることを目指してきたという。実際に、2016年の熊本地震の被災地でも同様のプログラムが実施された。

同プログラムのノウハウを形にし、今後災害が起きた際には、発災直後から“支援者のケア”が実施されることで、その復興が促進されることを目標とし、今回ガイドブックの制作に至ったとのこと。

プログラムやガイドブックの詳細は、公式サイトにて確認を。

この機会に『支援者のための心のリフレッシュプログラムガイドブック』をチェックして、理解を深めてみては。

支援者のための心のリフレッシュプログラムガイドブック:https://www.inochi-kurashi.jp/wp-content/uploads/2022/03/refresh_guidebook.pdf 「支援者のための心のリフレッシュプログラム」事業概要:https://www.inochi-kurashi.jp/program/jishurenkei/ymca02/

元記事で読む
の記事をもっとみる