1. トップ
  2. ダイエット
  3. 何をしても脚が細くならない…。脚痩せに効く「股関節ほぐし」

何をしても脚が細くならない…。脚痩せに効く「股関節ほぐし」

  • 2022.5.20
  • 8537 views
寝ながら足痩せトレ
出典:stock.adobe.com

脚が太くなる原因は股関節?

一見、脚の太さとは無関係に見えて実はとても重要な股関節の硬さ。
股関節が硬くなってしまうことでデメリットがたくさんあります。
主なものをみていきましょう。

  1. 血液やリンパの流れが悪くなる
  2. 脚がむくむ
  3. 体が冷える
  4. 身体が歪みやすくなる
  5. 疲れやすくなる
  6. 猫背や反り腰など姿勢が悪くなる
  7. 腰痛や膝痛など不調が起きやすい
  8. 太りやすく痩せにくい体質になる


座り仕事や立ち仕事・運動不足など日々の生活習慣により股関節が硬くなることで血液やリンパの流れが悪くなります。
すると、不要な水分や老廃物が溜まり、むくみや冷えを引き起こします。

その結果、脂肪が溜まり、脚が太くなるという悪循環になります。
また、骨盤の歪みや姿勢の悪さも脚やせを遠ざける原因となるため、1つでも当てはまる方は今すぐ根本からの対策が必要です!

脚やせに必要なことは?

脚やせに必要なことは、股関節の硬さを解消すること。
そして、必要な筋肉をつけること!
そのためには、ストレッチやセルフマッサージで股関節まわりの筋肉をゆるめてほぐすこと、そしてトレーニングやヨガで下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

凝り固まった筋肉をゆるめてほぐすことで、血液やリンパの流れを促し、むくみにくい巡りのいい体質に!
下半身の筋肉を強化することで、脚の引き締めはもちろん、基礎代謝がアップするため太りにくく痩せやすい体質に!
相乗効果でダイエット効果が高まるため、脚やせの近道といえます。

そこで、運動が苦手な方にこそオススメの寝ながらできる
カンタン脚やせストレッチ&トレーニングをご紹介します。

寝ながらカンタン脚痩せ3ステップ!

深呼吸

床に仰向けに寝転び、膝を外に開き足裏を合わせます。
手のひらをお腹にそっと置き、瞼を閉じて全身の力を抜き5呼吸ほど、ゆったりと呼吸します。

股関節ほぐし

瞼を開けて天井方向を見つめ、手のひらを床に置きます。
膝を上下に1分ほど動かし、股関節まわりをゆるめます。

ダイアモンドアップ

手のひら・腕・足の小指側の側面で床を押し、お尻・背中を天井方向へと持ち上げます。
アップしたところで、お腹・お尻の穴を締める意識で5呼吸ほどキープします。
背中からゆっくり床におろしてリラックスします。

【注意事項】

  • 体調不良時やケガがある場合はお休みします。
  • 食後すぐや飲酒後は控えます。
  • 違和感や痛みが出た場合は控えます。

【ポイント】

  • 腹式呼吸・鼻呼吸で行うことでダイエット効果が高まります。 鼻呼吸が苦しい場合、鼻から吸い、口から吐き出してもOKです。
  • 股関節が心地よく伸びていることを意識して行います。
  • ダイアモンドアップでは、お腹・お尻の筋肉を使っている意識で行います。

脚やせを叶えるには継続が大切!

いかがでしたか?
お風呂あがりや寝る前のリラックスタイムの一部に取り入れると継続しやすく、効果が出やすいのでオススメです。
無理をせずに、楽して心地よくチャレンジして夏までに脚やせを叶えてしまいましょう!
心からオススメです! ぜひお試しください。

楠部 静代/セラピスト・ヨガインストラクター

元記事で読む
次の記事
の記事をもっとみる