1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「かき氷器」手入れや収納しやすさにこだわる 工具不要で分解できる

「かき氷器」手入れや収納しやすさにこだわる 工具不要で分解できる

  • 2022.5.19
  • 848 views
使用後やオフシーズン時の収納問題を解決

家電および雑貨などを扱うドウシシャ(大阪市)は、「収納を考えた手動かき氷器」を2022年5月中旬に発売。全国の量販店のほか、公式オンラインストア「ドウシシャマルシェ」などで販売する。

本棚に収まるサイズ

かき氷器を購入する際は食感や味だけでなく、手入れや収納のしやすさも考慮されている事から、その2点にこだわったモデルを開発した。コンパクトに仕舞えるよう、工具無しで組立・分解できる構造とした。

分解すれば丸洗いが可能で、専用ケースに入れてスリムに収納できる。組み立て方法や収納方法が目で見て確認できる、イラスト・写真付きの説明書がセットになっている。部品の中で最もかさばる氷ケースも、独自の六角形構造を採用した事で折りたたみ可能となった。

ケースにしまえばB5ワイド相当のサイズになり、本棚にすら収納する事ができる。洋書のような背表紙、カフェのメニュー表のような側面のシンプルなパッケージ。これまでかき氷器を持っていなかった人のほか、ギフトとしても。

元記事で読む
の記事をもっとみる