1. トップ
  2. 柳俊太郎“陣内”に「色気がすごい」の声!ケンカシーンで迫力のアクションも披露<ナンバMG5>

柳俊太郎“陣内”に「色気がすごい」の声!ケンカシーンで迫力のアクションも披露<ナンバMG5>

  • 2022.5.19
  • 131 views
柳俊太郎“陣内”の本当の思惑が判明! (C)フジテレビ
柳俊太郎“陣内”の本当の思惑が判明! (C)フジテレビ

【写真を見る】色気だだもれ!数々のケンカ伝説を持つ陣内(柳俊太郎)

俳優の柳俊太郎が、5月18日放送のドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)第5話に登場。数々のケンカ伝説を持つ市松のアタマ・陣内一久として存在感を発揮。長身でモデルとしても活躍する柳が、間宮祥太朗演じる難波剛との圧巻のケンカシーンでも魅了した。(以下、ネタバレが含まれます) ※柳俊太郎の「柳」は木へんに夘が正式表記

数々のケンカ伝説を持つ男・陣内登場!

小沢としおの漫画「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した同作。10代の頃に千葉最強のヤンキーと恐れられた父・勝(宇梶剛士)、元レディース総長の母・ナオミ(鈴木紗理奈)の元で育った難破家の次男・剛(間宮)が、ケンカの英才教育を受けた後に“普通の高校生の青春”に憧れて白百合高校という普通の学校に入学するというストーリー。陣内は、その第4話ラストシーンで突如登場した。

ただならぬオーラをまとい、考えていることがわからない、それでいて強者の陣内。柳はそんな陣内を、ダークな部分をアクセントとして演じ切った。

陣内の正体は市松のアタマ。それも、“2チーム30人を一挙に半殺しにした”など数々のケンカ伝説も持つ最強っぷりだ。そんな陣内が剛につきまといはじめ、剛はその真意がわからず当惑する。伍代(神尾楓珠)が陣内に仕掛けるが、陣内はそれに興味を示さず相手にもしない。「もうすぐ卒業だ。最後は難波で締めてぇんだよ」と、執拗に剛の身辺をうろつく陣内。

陣内の本当の狙いは…猛だった

クライマックスでは、そんな陣内の本当の狙いが明らかになった。陣内の狙いは、関東最強だった難波の兄・猛の心に再び火をつけることだった。剛に「お前に恨みはねえが、お前を半殺しにして昔の難波猛に戻ってもらう」と宣言した陣内。クリスマスイブの夜、2人はタイマン勝負に挑んだ。

剛(間宮)の学校を訪ねる不気味な陣内(柳俊太郎) (C)フジテレビ
剛(間宮)の学校を訪ねる不気味な陣内(柳俊太郎) (C)フジテレビ

陣内が仕掛けた剛とのケンカシーンは圧巻。183センチの長身を活かしたアクションを得意とする柳が繰り出すパンチは強烈で、手に汗握るアクションシーンとなった。

昨年、Netflixシリーズ「今際の国のアリス」でのラスボス役が大きな話題となった柳。2021年はこのほか、ドラマ「トーキョー製麺所」(TBSほか)、FODドラマ「ギヴン」、映画「るろうに剣心 最終章 THE Final」、「猿楽町で会いましょう」、そして「ONE PIECE」コミックス100巻/アニメ1000話記念映像作品「Since1 起業家ワタル篇」などに出演し、注目を集めてきた。

2022年もその勢いは止まらず、ABEMAドラマ「30までにとうるさくて」、WOWOWオリジナルドラマ「ヒル Season1&Season2」に出演するほか、Netflix「桜のような僕の恋人」や映画「生きててよかった」「神は見返りを求める」など多数の作品にメイン出演。また「Netflix×BEAMS」コレクションモデルとしても活躍する。

強烈な存在感を放った陣内に、視聴者からも驚きと喝采の声が続出。「カッコよすぎる!!」「陣内は原作でも好きなキャラだけど柳さんピッタリすぎる!」「陣内、原作から出てきた?」「柳君の色気がすごい」「憎たらしくて魅力的でワクワクする!」「話してるときと戦闘モードの緩急がすごい!」といった声でにぎわった。

ラストで“猛ともう一度闘いたい”という陣内の素直な思いが明らかになると、視聴者からも「陣内めちゃくちゃいいやつだった」「5話で終わりなのかなぁ…もっと陣内が見たい」という声も。難波一家の仲の良さも微笑ましく描かれた第5話は注目を集め、Twitterでも「#ナンバMG5」がトレンド上位に浮上する反響を呼んだ。

間宮祥太朗&柳俊太郎、8年ぶり共演で笑顔のオフショット! (C)フジテレビ
間宮祥太朗&柳俊太郎、8年ぶり共演で笑顔のオフショット! (C)フジテレビ
元記事で読む
の記事をもっとみる