1. トップ
  2. BTS ジミン、上京から10年‥’あの頃の夢’に手が届くまでやったこと

BTS ジミン、上京から10年‥’あの頃の夢’に手が届くまでやったこと

  • 2022.5.18
  • 10227 views

2013年、BTS(防弾少年団)というグループ結成が知られてから、最後に発表されたメンバーがV(ブイ)だったことは強く印象に残っている。しかし、チーム合流が一番遅かったのは、ジミンだ。一人の少年が釜山から夢を追って上京してから、気が付けば10年もの月日が流れていた。


BTS(防弾少年団)のメンバージミンが、夢を追って上京してから10年が経ち、ファンが祝福を送っている。

夢を追いソウルにやって来たジミン少年は、世界的スターへと変貌を遂げた。

韓国メディアのViewers(ビューアーズ)は5月17日、『BTSジミン 上京10周年‥”英雄書史の執筆者”』という見出しで記事を掲載。

以下、同記事を引用して紹介する。

5月15日、ジミンが2012年にBig Hitエンターテインメント(現HYBE)の釜山公開オーディションに合格し、練習生としてソウルに上京した日である。

これを記念して、世界中にいるジミンファンが15日の0時を迎えた瞬間から、ハッシュタグを添えてジミンを祝福した。

才能に甘えず磨き続けた結果、半年でBTSのメンバーに

彼はダンススクールの先生の勧めで、高校2年の時にBig Hitエンターテインメントの釜山公開オーディションに参加。そして1/1000の競争率を勝ち抜き、ただ一人合格しソウルへ上京する。

持って生まれた才能と絶え間ない努力でBTSのメンバーに選抜されたジミン。

驚くほどの生まれ持った才能と、たゆまぬ努力を続け、わずか6カ月でBTSに合流。メインダンサーとリードボーカルとして、華やかなデビューを果たした。

特にダンスにおいては、釜山芸術高校舞踊科で首席となっただけでなく、学校全体で初めて舞踊科出身者が全体首席として入学したほどの秀才だ。

理科系と数学で優れた資質を持っていたジミンは、小学校と中学校の9年を通して学級委員長を務めていた。

まだまだあどけなさが残るジミン。

そのため、両親は理数系へ進学することを望んでいたが、息子から将来に関する完璧な計画書を見せられてしまい、反対することができなかったというエピソードは、ファンの間では有名だそうだ。

自身が「誰かのロールモデルになりたい」と思っていたジミンは、幅広いダンススペクトラムで、チーム内で高難易度のダンスを担うことに。

そして、BTSをパフォーマンスで世界に知らせたメインダンサーとして、世界の専門家や大衆からの称賛を導くことに大きく貢献した。

生まれ持った才能に努力を加え、世界最高の地位を獲得したジミンを、文化マガジンのCULTULA(カルチュラ)は「チームに最も遅れて合流しながら、卓越した成長を遂げ、英雄へと生まれ変わる神話の主人公のような人物」と表し「英雄書史の執筆者」と大絶賛。

ジミンは、どんな楽曲も自分色に染めてしまう。

2021年、デビュー8周年を迎えARMY(アーミー:BTSファン名称)との思い出旅行”2021 BTS FESTA ARMY万物商店”の映像で、ジミンは願っていたことが叶った経験を話している。

「芸術高校に行きたいから行って、上京したくて(上京)して、デビューしたくて(デビュー)して、1位になりたくてなった」

この言葉を聞いた後、自身の願いを全て叶えたジミンに、尊敬の意を送る人々で溢れるのだった。

こうと決めたら、目標に向かって突き進むだけ――それでも、持って生まれた才能にあぐらをかいていたら、今日のジミンは誕生していない。

彼の言ったことは、一見してシンプルだ。でも、それを実行する人がどれだけいるだろうか。

一流になるということは、そのシンプルなことをやり遂げる強靭な精神があるのだと、10年後の今の彼を見て、改めて思い知らされることとなった。


BTS プロフィール

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

元記事で読む
の記事をもっとみる