1. トップ
  2. おでかけ
  3. 今年こそ見たい。全国の見逃したくない初夏の絶景スポット10選

今年こそ見たい。全国の見逃したくない初夏の絶景スポット10選

  • 2022.5.17
  • 1206 views

あっという間に春が過ぎて、初夏のように暑い日も増えてきましたね。昨年は見たかったあの絶景…SNSでは見てたけど行けなかった…そんな人も多いのではないでしょうか。今回はそんな方こそ必見、今年こそ見逃したくない全国の初夏の絶景スポット10選をご紹介!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 太宰府天満宮 / 福岡

最初にご紹介する今年こそ見逃したくない全国の初夏の絶景スポットは、「太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)」です。学問の神様、菅原道真をまつる神社で、受験の合格を願って訪れる人も多い定番観光地ですよね。

そんな太宰府天満宮、ただの神社としてだけでなく、7月上旬までの初夏には5000株もの美しい紫陽花の花を咲かせます。雨が多くなってしまう時期でもならではの景色を見ることができるとテンションが上がりますよね。

詳細情報

太宰府天満宮

2. 日立駅 / 茨城

続いてご紹介するのは、関東近郊の方にとっては比較的行きやすい密かな観光スポット、「日立駅」です。こちらは茨城県にある駅舎で、海とつながっているような幻想的な景色が拝める駅がカメラ好きの間でも話題になるほどの絶景スポットなんです!

こちらを訪れる際のオススメの時間帯は、夕焼けと日の出の時間。水平線が突き抜けて見えるガラス張りの駅だからこそ見れる絶景があります。駅には「海の見えるカフェ」も併設されていて、訪れた時には海を見ながらまったりすることができますよ!

詳細情報

日立駅

3. 貴船神社 / 京都

続いてご紹介するのは、お寺や神社など古き良き日本の景観が残る、古都・京都にある、「貴船神社(きふねじんじゃ)」です。こちらは、全国に2000社以上もある水の神を祀る水神の総本宮。縁結びのパワースポットとしても知られています。

この貴船神社は絵馬の発祥の地としても有名なんだとか。また、四季折々異なる表情を見せてくれる境内までの階段が魅力的。冬の雪化粧を被った時期のライトアップも素敵ですが、新緑の季節の今は深い緑が心を涼ませてくれる気持ちのいいスポットです。

詳細情報

貴船神社 奥宮

4. 寸又峡 夢のつり橋 / 静岡

続いてご紹介するのは、高いところもへっちゃらという方におすすめのスポット、「寸又峡 夢のつり橋(すまたきょう ゆめのつりはし)」です。「寸又峡温泉入口バス停」より徒歩40分と訪れるまでの道のりは少し大変ですが、それだけの価値がある絶景です。

ここの魅力はなんといっても、つり橋のしたに一面に広がるエメラルドグリーンの湖面!高所恐怖症の方でなければ死ぬまでに一度は訪れていただきたい美しくドキドキするスポットです。こちらも四季折々の表情が見れますが、過ごしやすく青のコントラストが美しい初夏は最もオススメです!

詳細情報

寸又峡 夢のつり橋

5. 瑠璃光院 / 京都

続いてご紹介するのは、京都にある新緑の季節にぴったりのスポット、「瑠璃光院(るりこういん)」です。こちらでは例年、春と秋の期間限定で特別拝観が行われています。2022年春の特別拝観期間は4月15日(金)から6月13日(月)となっています。

書院の2階から見える「瑠璃の庭」では床に反射する色鮮やかな木々が美しい景観を見せてくれます。紅葉が赤く染まる紅葉の季節もオススメですが、初夏の今は爽やかな緑の絶景を静寂に包まれながら拝むことができて心が癒されそうですね。

詳細情報

瑠璃光院

6. あらぎ島 / 和歌山

続いてご紹介するのは、和歌山県有田川町にある「あらぎ島」です。実は今年のGW、観光客の伸び率が以上なほど上がったという和歌山県、こんな絶景も見れちゃう穴場観光スポットです。有田川の対岸にある展望台からこの圧巻の棚田を眺めることができます。

こちらの棚田は「日本の棚田100選」にも選ばれたほどの観光名所。現在でも米作が行われており、四季によって異なる田んぼの風景を見ることができちゃいます。特に朝や夕焼けの時間帯の景色は光とのコントラストが絶妙で素晴らしい絶景を拝めますよ。

詳細情報

あらぎ島

7. 鶴岡八幡宮 / 神奈川

続いてご紹介するのは、癒しを求めた旅にぴったりの観光地・鎌倉を代表するスポット、「鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)」です。こちらは武士の都・鎌倉の文化の起点とも言える鎌倉の中心地。地元の守り神として、地域の心の拠り所となってきました。

そんな「鶴岡八幡宮」ですが、ただ拝観するだけではもったいないスポットなのをご存知ですか?実は、不定期で花手水を見ることができる場所としてカメラ好きの間でも話題になっているんです。初夏の紫陽花の時期に訪れればこんな美しい様子を見れますよ。

詳細情報

鶴岡八幡宮

8. 下灘駅 / 愛媛

続いてご紹介するのは、ちょっぴり穴場でコアな絶景好きの方にぜひ訪れていただきたいスポット、「下灘駅(しもなだえき)」です。駅から一面に広がる瀬戸内海を拝める絶景スポットになっている駅です!

訪れる時間帯によっても見える景色が変わるのがこのスポットの魅力のひとつ。美しい青い空と青い海がまさに一体となるような昼間はもちろん、水平線の境目がわからなくなるようなグラデーションが美しい夕暮れ時もおすすめです。

詳細情報

下灘駅

9. ムーミンバレーパーク / 埼玉

続いてご紹介するのは、埼玉県にある「ムーミンバレーパーク」です。電車では東京から1時間10分ほどの飯能駅まで乗り、そこからバスで10分ほどでたどり着くことができます。こちらでは毎年春夏の季節に「ムーミン谷とアンブレラ」のイベントが開催されます。

2022年の開催期間は、4月27日(水)から7月3日(日)までです。今年のテーマは「イマジネーションの気球に乗って、どこにでも飛んでいこう」。自由や夢のシンボルとして、たくさんの人に幸せや希望を届けたいという思いがこもった、約1,200本の傘を使った可愛く綺麗な景色を見ることができますよ。

詳細情報

ムーミンバレーパーク

10. 瀬長島 / 沖縄

最後にご紹介するのは、暑さを感じてくる季節にぜひとも訪れたい定番観光地、沖縄にある「瀬長島(せながじま)」です。沖縄本土からは少し離れたところにありますが、バスで向かうことができます。その美しさはまるで海外の地中海に浮かぶ島のようですよね!

白い壁の建物が連なる景色は着いた瞬間に思わずテンションが上がってしまうほどの南国感。連なる建物一つ一つにお店が入っていて、雑貨はもちろん、カフェやランチにもぴったりのお店が充実しています。中でも「チムフガス」はボリューム満点の氾濫バーガーを最高のロケーションでいただけるスポットです。

詳細情報

瀬長島

氾濫バーガーチムフガス

もう今年は逃さない。

いかがでしたか?今の時期にぜひとも見たい全国の絶景がたくさんありましたね!本格的な夏が始まる前に、過ごしやすいお天気の中で日本を誇る絶景を拝みに行かれては?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む
の記事をもっとみる