1. トップ
  2. はじめしゃちょー「正直、今がゴール地点と思っている」、地上波初MCで感じるテレビの魅力を語る

はじめしゃちょー「正直、今がゴール地点と思っている」、地上波初MCで感じるテレビの魅力を語る

  • 2022.5.17
  • 138 views
初の地上波番組MC就任について思いを明かしたはじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍 撮影=杉山慶伍
初の地上波番組MC就任について思いを明かしたはじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍 撮影=杉山慶伍

【写真】少し緊張した面持ちでインタビューに応える はじめしゃちょー

チャンネル登録者数1000万人超、YouTuber10年目のはじめしゃちょーが4月より「遊戯配信 e-Strangers」(毎週水曜夜9:25-9:54、TOKYO MX)の新MCに就任した。同番組は、“これからもっとバズりたい動画配信者”や“PRに困っている企業様や地方自治体の皆さま”をスタジオに招き、次世代配信界でもっとバズってもらおうというコンセプトのバラエティー番組。実は、はじめしゃちょーにとって、初の地上波テレビ番組のレギュラーMCとなる今回。番組MCという立場に立って思うことや、YouTuberにとってのテレビの価値、YouTuberとして今考えていることについてたっぷりと語ってもらった。

番組MCに就任したはじめしゃちょー「狩野さんは、引きずり下ろしやすかったです(笑)」

「遊戯配信 e-Strangers」(毎週水曜夜9:25-9:54、TOKYO MX)
「遊戯配信 e-Strangers」(毎週水曜夜9:25-9:54、TOKYO MX)

ーー前MC狩野英孝さんとの対決に勝ち、新MCに就任しましたがその時のお気持ちや、狩野さんからのアドバイスを教えてください。

はじめしゃちょー:狩野さんは以前から面識があった方で、関係値ゼロではなかったので、引きずり下ろしやすかったです(笑)。アドバイスは特に何もなかったですね。対決の際に、激辛のタバスコを食べて、すごく苦しそうにしていました。

ーーそうなんですね(笑)。すでに番組の放送は開始されていますが、収録に参加してみての感想を教えてください。

はじめしゃちょー:初回収録の時、さらば青春の光の森田さんとは、楽屋挨拶も特にないまま、いきなり収録がスタートしたのですが、僕がかなりの人見知りな分、大変すぎてほぼ記憶がないですね。声が大きいなとだけ覚えています(笑)。もうすでに何回か収録させていただいているのですが、徐々に慣れてきましたね。僕の持ち味が出せてきているのかなと思います。

ーー「遊戯配信」はゲームなど、さまざまな企画が行なわれる印象です。今後、番組の中でやりたい企画はありますか?

はじめしゃちょー:番組名に遊戯とつくくらいですから、遊び感覚でやりたいなとは思っています。例えば、僕、地味にゲームが上手いんです。中の上、アマチュア代表みたいな。だから、プロゲーマーの方と真剣にゲームをやってみたいなと思っています。

地上波番組MC就任も…「俺の番組だ!」とは思わない

【写真】少し緊張した面持ちでインタビューに応える はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍
【写真】少し緊張した面持ちでインタビューに応える はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍

ーーこれまでにYouTubeでさまざまな方とコラボされているので、MCのように回す経験はあると思うのですが、YouTubeで場を仕切る経験とテレビ番組でのMCに違いはありますか?

はじめしゃちょー:編集を自分でしない時点で全然違うなと思っています。1人で撮って、編集しているときは、ここをおもしろくしようとか、ここは静かにしようとか思いながらできるんですね。でも、番組だと出演者の方との掛け合いがあったり、1人では生まれないボケとツッコミのような関係性もあったりするので全く違うなと感じています。

ーーなるほど。そこの違いや、番組でMCを務めることについては慣れてきましたか?

はじめしゃちょー:うーん…どうなんでしょう。そもそも僕って中心人物にならない人間なんです。授業中とかも絶対手挙げないし、大学で順番に当てられたりするような場面ではトイレに行って逃げるほど。極力、中心にいたくないって思うタイプなんですね。だから、MCを勤めている感覚や、「俺の番組や!」みたいな感覚は全然ないし、自分のスタイル的にも正しいことだと思っていないんです。だから、MCとしてというよりも、共演者さんに助けられながら、一緒に楽しんでできる番組にしたいなと思っています。

ーー目立つタイプじゃないというのは、YouTubeを10年続けた今も変わらずなんですね。

はじめしゃちょー:「目立つタイプじゃない」からこそYouTubeが合っていたのかなとも思うんです、1人で撮っているから目立つ目立たないもないし、自分しかいないから、やるしかないのかなって。

YouTuberがテレビに出ることは「世間から認めてもらうこと」

はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍
はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍

ーーMCという立場に限らず、「遊戯配信」の収録をされていて感じるテレビとYouTubeの違いはどんな点だと思いますか?

はじめしゃちょー:やっぱりテレビってすごい凝っていますよね。僕の動画は、カメラの上についているマイクで撮っているのですが、音声は音声さん、照明は照明さん、編集は編集者さんとそれぞれ役割を持つ人がいらっしゃいますから、やっぱりすごいなって思います。

ーー最近では、YouTuberの方がテレビに出演されるケース、逆にテレビで活躍されている方がYouTubeを始められるケースがすごく多くてクロスしている印象です。YouTuberから見て、テレビに出ることにはどのような価値があるのでしょうか?

はじめしゃちょー:僕個人としては、テレビに出られることで「世間から認められたんだな」と感じます。YouTubeは「僕を見たい人」が見てくれている場所だと思うんです。一方で、テレビは僕に興味を持っていない人、普通に生活していたらYouTubeを見ないような年齢層の人にも見てもらえる機会だと思っています。だから、インターネットで活動をしていると、見てもらえないような人にもリーチできるきっかけになる場だと思いますね。

それに、ひとくくりにYouTuberと言っても、YouTubeって自分で始められるからこそ、いろんな人がいて「世の中的にはどうなんだろう?」と思うことをしている人も一定数います。そんなYouTuberの中からテレビに出させてもらうことは、誰でもできることではないと思うので、「世間に認めてもらえたんだ」「ここまで来たか」と嬉しくなりますね。

チャンネル登録者数1000万人突破「正直、ゴール地点かな」と思っている

はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍
はじめしゃちょー 撮影=杉山慶伍

ーーここ5年ぐらいのはじめしゃちょーさんの活動を見ていると、1人での動画のほかに「はじめしゃちょーの畑」というチャンネルが生まれたり、メインチャンネルにもそのメンバーの方や仲間の方が出演されることが増えた印象です。ご自身の中で見せ方に対する変化はあったのでしょうか?

はじめしゃちょー:時代の流れ的にグループYouTuberがトレンドというか、今勢いのあるYouTuberのほとんどがグループYouTuberなんです。それで東海オンエアとか、コムドットを見ているうちに「羨ましいな」「楽しそうだな」と思って、人をたくさん呼ぶようになりました。

ただ、最近になって、自分の中でそれが一周してきた感もあるんですよね。

ーーどういうことでしょう?

はじめしゃちょー:ソロのYouTuberとしてずっとやり続けてきたことが武器なんじゃないか、それでもいいんじゃないかみたいな感覚になったんです。だから、最近は「はじめしゃちょーの畑」というグループチャンネルはグループで、メインチャンネルは逆に1人でやっていった方が個性が出るんじゃないかなと思うようになりました。どちらも楽しいので「グループがいいかな?」「やっぱ1人かな?」ってずっとウロウロしてますけど。

ーー2021年末にはチャンネル登録者数1000万人を突破しましたが、次なる目標を教えてください。

はじめしゃちょー:正直、今がゴール地点かなとは思っています。そうやっていうと、伸び代がないみたいな感じに聞こえてしまうかもしれないんですけど、「今がMAX幸せな状況」と思っています。僕の場合、おもしろい動画を作りたいという気持ちがYouTubeを続けるモチベーションとして、ずっとあるんです。だから、ブランド展開をしようとか、インフルエンス力を使って金儲けしたいとは思わないんですよね。「長くこの仕事をしたい」というのが今の目標です。

ーー以前、好きなことを仕事にすると、好きなことが好きじゃなくなってしまうというようなお話をされていました。今、YouTubeを好きでい続けるために、どういうマインドで活動してらっしゃるのでしょうか?

はじめしゃちょー:めっちゃダサイことを言うと、仕事だと思わないようにしています。お金も発生するし、見てくださる方がいて初めて成り立つことなので、もちろん仕事は仕事なんですけど、「やらなきゃ」になるとつらなくなってしまうので、いかに遊べるか、楽しめるかという感覚を大切にしています。好きなことを仕事って思ってしまう時点で、好きなことじゃなくなってしまったり、変なフィルターが入ってやりづらくなると思うので、「仕事じゃない」って自己暗示をかけているんです。プロ意識が低いように聞こえてしまうかもしれませんが、嫌にならずに10年目を迎えられた理由はそこかなと思っています。

ーー最後に、改めてMCを務める番組「遊戯配信」に対する意気込みを教えてください。

はじめしゃちょー:僕自身、MCに決まる前から、いろんな番組に出演させていただく機会はあったのですが、その度にテレビのおもしろさや、自分だと出せない部分を感じることが多くありました。だから、MCとして、収録に参加させていただきながら、どうトークするのが良いのか、どういう流れで番組を作るのか、プロデューサーさんの意図はなんなのかをじっくりと学べたらなと思っています。ちょっと裏方目線にはなっちゃいますけど、自分の成長にも繋げていきたいです。

取材・文/於ありさ

元記事で読む
の記事をもっとみる