1. トップ
  2. メイク
  3. 増やすのはコスメより手数「使い慣れたアイブロウにのせる微細なラメ」

増やすのはコスメより手数「使い慣れたアイブロウにのせる微細なラメ」

  • 2022.5.16
  • 463 views

使いこなせていない「あの色」や、いつも同じ使い方をしてしまうアイテムを活性化させるため、膨大なコスメの中から相性のいいセットを研究。組み合わせる意義も目新しさもある、納得のいくパターンを用意して、なんとなく済ませがちなメイク時間を楽しく・賢くリニューアル。

☑至近距離でわかる些細な変化
ふだんどおりの眉に「微細なラメ」
アイホールではなく眉にラメシャドウを用いる新発想で、使い慣れたコスメに鮮度を呼び込む。きらめく眉によってラフなニュアンスが加わると、黒ブチ眼鏡もかたく見えない。



<COSMETIC>
A.アイブロウマスカラ マイクロ Cashew 3,080円、B.ザ アイシャドウ スパークル Tiny Ballerina 2,200円/ともにアディクション ビューティ 淡いピンクのラメならなじみがよく、眉にのせても違和感ナシ。 C.ミネラルルージュ ガトーベージュ(限定色) 3,300円/エトヴォス

<HOW TO>
・アイブロウマスカラAを上下左右に動かし、眉毛一本一本をキャッチ。マスカラ液をしっかりと絡めて下準備を。
・指か筆にBをとり、眉にラメをさっとのせる。幼い印象に傾かないよう、ビターなブラウンリップCで総仕上げ。

トップス 4,300円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 眼鏡 36,300円/アヤメ


≫同じ色しか使わない現象を解決する「まんべんなく使える4色パレット」も見る

元記事で読む
の記事をもっとみる