1. トップ
  2. 「これはセンス良い!」今だけ入手可能な付録” WILLIAM MORRISトート&ポーチ”【ムック本付録レビュー】

「これはセンス良い!」今だけ入手可能な付録” WILLIAM MORRISトート&ポーチ”【ムック本付録レビュー】

  • 2022.5.16
  • 38350 views

WILLIAM MORRIS(ウィリアム・モリス)」はモダンデザインの父と呼ばれるデザイナー。

今回、宝島社とのコラボで特に人気のある「いちご泥棒」を前面にデザインしたトートポーチが付録のムック本ができたので、ご紹介します。

インテリアにもなるおしゃれなデザインなので、ぜひチェックしてみてください☆

WILLIAM MORRISのインテリアトート&ポーチはこのムック本でGet

■雑誌名:WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチBOOK
■価格:2,739円(税込)
■発売日:2022年5月17日(火)
■販売場所:全国の書店、宝島CHANNEL
※店舗によっては取扱いのない場合があります。

このゴージャスなデザイン、とても付録には見えません。

「いちご泥棒」は、1883年に発表されたWILLIAM MORRIS最初のテキスタイル。

高い技術が必要で制作にも長い日数がかかるため高価なのですが、今回のムック本では3,000円を切るお得な価格でGetするチャンスです。

WILLIAM MORRIS インテリアトートの特徴

↑トートの表側はこのようなデザインです。

大きめのポケットとやや小さめのポケットが1つずつあって使いやすい♡

↑ポケット上部はレースで縁取られていてかわいい☆

女の子っぽいデザインに、否が応でもテンションが上がります!

↑ポケットの中身はこんな感じです。

シンプルなつくりで使いやすそうですね。

ファスナーやスナップボタンがないので、物の出し入れが簡単♪

↑トートの裏側はこのようになっています。

すっきりとしたデザインが美しい☆

裏側のポケットには仕切りがないので、ちょっと大きい物も入れられます。

スマホやICカードなど、あまり表側に出したくないものを入れてもいいですね。

↑ブランドロゴもとってもおしゃれでいい感じ♪

歴史あるブランドならではの重厚感があります。

↑サイズは約タテ18×ヨコ28×マチ15cmで、女性が見の回り品を入れて持ち歩くのにちょうどいい大きさです。

コスメや小物類などを入れてお部屋のインテリアにするのもおすすめ☆

WILLIAM MORRIS ポーチの特徴

↑ポーチもトートとおそろいの「いちご泥棒」柄です。

■サイズ:約タテ16×ヨコ24.5cm

↑ポーチの回りにはかわいいフリルが付いています。

なんともいえず華やかな雰囲気で、持ってるだけで女子力が上がりそう♡

↑ポーチのファスナーを開けるとこんな感じです。

細々したものをまとめておくのに重宝しそうですね。

↑ポーチはスナップボタンでトートに留められます

しっかり固定されるから使いやすい☆

↑ポーチをトートにセットしたところです。

こうすることでトートの中にポケットが1つ増えるだけでなく、仕切りとしても活用できます

↑ポーチも使って荷物を入れるとこんな感じです。

マチが広くて収納力があり、見た目以上に物が入ります。

WILLIAM MORRISのインテリアトート&ポーチ、重厚感のあるデザインがとても素敵です。

ポーチをうまく使うことで収納しやすくなるところも工夫があって◎!

売り切れも予想されるので、欲しい方は早めにGetしてみてください。

※掲載商品は取材時点のものであり、現在取扱いのない場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる