1. トップ
  2. 「ダーティ・ダンシング」続編、ジョナサン・レビン監督で2024年全米公開

「ダーティ・ダンシング」続編、ジョナサン・レビン監督で2024年全米公開

  • 2022.5.16
  • 87 views

「ダーティ・ダンシング」続編、ジョナサン・レビン監督で2024年全米公開

画像1
「ダーティ・ダンシング」 / (C)ARTISAN PICTURES INC. All Rights Reserved.

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レビン監督が、1987年の青春ダンス映画「ダーティ・ダンシング」の続編でメガホンをとることがわかった。米ライオンズゲートによる続編映画の企画が立ち上がった当初からレビン監督はプロデューサーとして関与していたが、このほど監督も務めることが明らかになった。

「ダーティ・ダンシング」(エミール・アルドリーノ監督)は60年を舞台に、家族と一緒に避暑地キャッツキルを訪れた17歳の少女ベイビー(ジェニファー・グレイ)と、ダンスインストラクターであるジョニー(パトリック・スウェイジ)の恋愛を描くストーリー。製作費500万ドルに対し世界興収2億1800万ドルの大ヒットを記録し、主題歌「(I've Had) The Time of My Life」はアカデミー賞を受賞した。その後、88年に米CBSでテレビドラマ化され、2004年にキューバを舞台にした前日譚「ダンシング・ハバナ」が公開。17年には米ABCでリメイク映画が放送された。

米Deadlineによれば、今回の続編タイトルも「ダーティ・ダンシング(原題)」で、前作の主演女優グレイが再びベイビー役で出演し、製作総指揮も兼ねる。90年代のキャッツキルを舞台に、ある若い女性のひと夏の恋と成長を描きながら、ベイビーの物語が交錯してくる模様。続編はレビン監督とエリザベス・チョムコが共同で脚本を執筆。現在キャスティングが進められており、若手のほか前作のキャストが複数登場するという。楽曲も前作のものから、90年代のヒップホップまで盛り込まれる。

レビン監督ら製作陣は、2009年に死去したスウェイジさんのジョニー役についても続編に何らかの形で描くため、スウェイジさんの遺産管理団体と話し合いを進めているようだ。新作「ダーティ・ダンシング(原題)」は年内にクランクイン、24年全米公開が予定されている。

元記事で読む
の記事をもっとみる