1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【指輪の効果】何指につけるのがいい?

【指輪の効果】何指につけるのがいい?

  • 2022.5.14
  • 6728 views

アクセサリーとして指輪は欠かせないアイテムですよね。彼氏からもらった指輪をつける日もあれば、自分で気に入っている指輪をつけることもあるでしょう。

実は、指輪はつける指によって意味や効果が違ってきます。愛情を示す意味で左の薬指にはめるのは有名ですが、その他の指にはどんな意味や効果があるのでしょうか?

1. 親指(サムリング)

右手の親指は「統率力」や「指導力」を意味すると言われています。職場などでリーダーシップを発揮したいときには、親指に指輪をするのがおすすめです。

左手の親指は、「夢を叶える力」があるとされています。叶えたい夢や実現させたい目標があるときは、あやかりましょう。

2. 人差し指(インデックスリング)

右手の人差し指は「集中力を上げる」効果があります。大事なプレゼンや試験などが控えているときには、御守りがわりに人差し指に指輪をするのも良いでしょう。

また、左手の人差し指は「魅力運」が上がるとされています。気になる彼とのデートには、さりげなくしていくのもいいでしょう。加えて、「人気運」も向上すると言われているので、職場や学校などで注目を集めたいときにもぴったりです。

3. 中指(ミドルリング)

右手の中指は「インスピレーション」を高めてくれると言われています。クリエイティブな仕事をしている人に特におすすめです。パワーアップの効果もあると言われており、悪い気を払い、良い気を取り込んでくれるそうです。

左手の中指は「協調性を高める力」があるとされています。職場や学校、家庭などの対人関係で悩んだときは、左の中指に指輪をするのもおすすめです。

4. 薬指(アニバーサリーリング)

右手の薬指は「恋愛成就」の象徴と言われています。恋愛中は、右手の薬指に指輪をつけておきましょう。また、心を落ち着かせる作用もあるとされているので、ストレスなどで心が疲れているときにも良いでしょう。

左手の薬指は「結婚指輪や婚約指輪をつける指」として知られていますよね。「愛が深まる」意味があるとされています。彼氏との愛を深めたいときにもおすすめです。

5. 小指(ピンキーリング)

右手の小指は「表現力を高める」とされています。プレゼンや発表会、出会いの場など、自分の表現力を高めたいときは、小指に指輪をしておきましょう。

左手の小指は「好機」や「幸運」を意味すると言われています。叶えたい願いごとがあるときなどにも良いでしょう。「恋愛運」も上昇するとされているので、左手の人差し指と一緒につけると、「魅力運」も上がってさらに良い効果がありそうです。

つける指や、右手・左手によっても指輪は違う意味を持ちます。つける指によって様々なパワーを持ちますが、ただつけているだけで何も行動しなければ、変化はないでしょう。あなたの行動や努力+αの働きをしてくれるのが、指輪の力です。
指輪の持つパワーにあやかって、自分の人生を動かしていきましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる