子供っぽい彼についイライラ…「お子様彼氏」の育てかた

女子飲みトークで格好の酒の肴になるのが「彼氏or夫のグチ」なのは、ここイタリアでも同じ。

ある時、ルパン三世(コレクション多数)が大好きなご主人を持つ知人が、「いま夫とモメてるのよね…」とグチっていました。

(c) Rawpixel - Fotolia.com

やっと買ったふたりの家に「ルパン部屋を絶対作る!」と言い出したそう。もちろん彼女は猛反対ですが、すでに計画は着々と進行していると嘆いていました。

男性が見せる子供っぽさは、イタリアのほうがうわてを行く場合もあります。その究極が「マンモーネ(超マザコン男)」と言われる、何一つ自分でやらない・わがまま放題なタイプ。

そこまで行かずとも、パートナーが見せる少年のような一面に、振り回されてしまう女性も少なくありません。

今回、イタリア女性の「お子様彼氏のさばき方」についてご紹介します。

1.「かまって」攻撃を回避

高校生のときからつきあい始め、かれこれ20年近く一緒にいるカップルがいます。

数年前から同棲を始めたのはいいのですが、問題がひとつ。それは「四六時中ベタベタしたがる彼」だったそう。

銀行マンでクール、趣味はウィンドサーフィンと「上から下まで都会的なタイプ」だと思っていただけに、「拾って来たばかりの猫みたいに離れたがらないのには驚いた」と語る彼女。

怒りが頂点に達したのは「寝るときもしがみつかれた。身体を合わせて眠るのはいいんだけど、窒息しかけた」とき。謝る彼を尻目にバスタブに布団をしいて寝たこともある、と苦笑していました。

そんな彼を落ち着かせたコツが「家にいるときに、『お互いひとりで過ごすタイム』を設定した」ことだそう。

夕食のあとかたづけが終わったあと、1時間だけ「同じ部屋で過ごすけれど、お互い別々なことをやる」ことに。彼女は次の日のスケジュール管理と日記をつけていました。

資格の勉強を始めた彼は、それがきっかけで新しい仕事を開拓することに成功。

今でも「ひとりタイム」は実行中で、彼のほうが真剣に何かやっていることが多いとか。

2.コレクションを有効利用

レゴブロックマニアの彼を持つ知人女性は、「最初のうちは自分もけっこうはまってた」と語っていました。

つき合い始めた4年ほどは、レゴのサークルイベントやおもちゃ屋のはしごなどで週末が埋まっていたそうです。

そんな彼から「将来のために、一緒に住みたい」と同棲を提案され、うれしくて舞い上がった彼女でした。

しかし「家を探し始めるにつれ、彼のマニア魂にだんだん違和感を感じてきた」と内心悩むことが多くなりました。

そんな中、新居に引っ越したはいいものの、家具は全部レゴで作ると言い出した彼。「耐久性や安全性は本当に大丈夫なの? 地震が来た時ケガしたらどうするのよ!?」と彼女がキレて、大ゲンカに。

「とは言え、30年以上もレゴのマニアな人にいきなり『マニアをやめろ』と言っても無理な話」と考え直した彼女。

折衷案として「将来の子供部屋だけを、しばらくレゴ部屋にする。部屋に収まらないコレクションは処分するか、彼の実家へあずける」を提示し、なんとか彼を納得させました。

3か月かけて彼が完成させたレゴ部屋は、隅々までレゴで埋めつくされ「彼のマニア仲間にも絶賛されたほどの出来」だったそう。

部屋に入りきらなかったものはオークションにかけたところ、意外な高値で売れるものがあり、そのお金で足りない家具の費用を埋めあわせたとか。

「不要になったコレクションを売れば、新しいコレクションの資金にできる」と気づいた彼。現在は、自分からコレクションの管理に励むようになっています。

行動に「少年っぽさ」が見えても許されるのは、せいぜい30代前半まで。

歳を重ねるごとに大人としての振る舞いが求められるだけに、「許す・許さない」の見極めはきっちりとしておいたほうがよさそうです。

「こんなはずでは」と現実に泣かされることのないよう、早いうちにこっそりチェックしてみては?

(金丸 標)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。