1. トップ
  2. ヘア
  3. 40代女性はミディアムウルフが似合う!最新スタイルの作り方

40代女性はミディアムウルフが似合う!最新スタイルの作り方

  • 2022.5.14
  • 1599 views

幅広い年齢層に似合う髪型として、人気の高いウルフカット。40代女性が挑戦するなら、ミディアムウルフがおすすめです。今回は、40代の大人女性に似合うミディアムウルフの魅力を紹介します。最新スタイルも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

ミディアムウルフの魅力

画像: ミディアムウルフの魅力 出典:instagram.com
ミディアムウルフの魅力出典:instagram.com

最新ウルフカットは、1970年代に流行したスタイルと異なり、ナチュラルさが魅力です。ミディアムヘアに焦点を当て、最新ウルフカットの魅力を紹介します。

周りと差がつくレイヤースタイル

ウルフカットとは、髪のトップを短く、襟足を長くスタイリングすることです。レイヤー技術を活かして、トップをふんわり軽い質感に仕上げます。髪全体のシルエットが作りやすくなるため、今っぽい雰囲気を演出できる点が魅力です。

ミディアムウルフで周りと差をつけるなら、レイヤーを入れる位置や範囲を調節することがポイント。レイヤーの範囲を変えるだけでも、髪全体の雰囲気は大きく変わります。

レイヤーを控えめに入れると、大人ナチュラルな印象に。反対にレイヤーをたっぷり入れた場合、ウルフらしいモードな印象が手に入ります。いつもと違う雰囲気を楽しみたい人や、誰とも被らないスタイルを手に入れたい人におすすめです。

どの顔型さんでも似合う

個性的な印象の強いウルフカットですが、どの顔型さんでも似合うスタイルを探せる点がポイント。アレンジ次第で、顔型さんの抱えている悩みを解決できる点が魅力です。またウルフカットは、幅広いアレンジが効くため、そのままのレングスでも気軽に挑戦できます。

程よい長さのあるミディアムウルフなら、年齢より幼く見えがちな丸顔さんにもピッタリ。トップはふんわり感を意識して、柔らかい雰囲気を演出するスタイリングがおすすめです。他にも顔の輪郭が気になるベース型さんは、顔周りにレイヤーを入れると、フェイスラインをカバーできます。顔型さんの悩みに合わせて、自由に選択できるスタイルが人気の理由です。

小顔シルエットが手に入る

ウルフカットは、小顔シルエットを作りやすい髪型として人気です。顔の輪郭をカバーできるひし形シルエットや、くびれシルエットを簡単に作れます。どちらのシルエットも、おしゃれ40代女性の間で人気沸騰中。小顔効果を期待できるだけではなく、トレンド感たっぷりのスタイルが手に入ります。

小顔シルエットを作るなら、ミディアムウルフは相性バツグン。ミディアムウルフは、まとまりやすい長さであるため、綺麗なシルエットに仕上がります。髪全体がペタッとしやすい人や、立体的なシルエットに仕上げたい人におすすめです。

最新ミディアムウルフの作り方

画像: 最新ミディアムウルフの作り方 出典:instagram.com
最新ミディアムウルフの作り方出典:instagram.com

ウルフカットは、髪全体にレイヤーが入っているため、ストレートでも十分おしゃれに見えます。しかし、最新スタイルを目指すなら、アレンジを取り入れるのがおすすめ。

ここでは、今っぽい雰囲気が作れるミディアムウルフを紹介します。コテやアイロンを使い、ミディアムウルフで幅広いアレンジを楽しみましょう。

くびれシルエットを意識

くびれシルエットは、多くのおしゃれ女性が取り入れている人気スタイルです。魅力はなんといっても、顔周りを小顔見せできること。メリハリのあるシルエットで、髪全体のバランスを綺麗に整えます。どの角度から見ても、綺麗な髪型を維持できる点も魅力です。

くびれシルエットを作るなら、顔周りにボリュームを作ることが大切。アイロンやコテを使い、髪のトップはふんわり内巻きにしましょう。顔周りも同様に内巻きにして、ふんわり軽い質感に仕上げます。

毛先は反対に、外ハネのアレンジがおすすめ。毛先を外ハネに巻くと、綺麗なくびれスタイルを作れます。また外ハネは、アイロンでも簡単に挑戦できる点がポイント。毛先を外側にワンカールさせるだけで、今っぽいこなれ感が手に入ります。

かきあげバングで大人っぽく

前髪は、かきあげバングで大人っぽく仕上げるスタイリングがおすすめです。前髪を作らないアレンジで、女性らしい落ち着いた印象に仕上げましょう。またかきあげバングは、顔の縦幅が長く見えるため、小顔効果が期待できます。顔の輪郭が気になる丸顔さんにもおすすめできるアレンジです。

かきあげバングを作る際は、根元からふんわり立ち上げましょう。根元はコテで熱をあてると、ふんわり感を出しやすくなります。仕上げは、オイルやワックスのスタイリング剤を使い、セミウェット感を出しましょう。

またかきあげバングは、分ける位置によって、異なる雰囲気を楽しめます。センター分けなら、大人ナチュラルな雰囲気に。左右に分け目を置くと、色っぽい雰囲気を演出できます。その日の気分によって、分け目を変えてもいいでしょう。

透明感カラーで抜け感をプラス

40代女性らしい落ち着いた印象を作るなら、透明感カラーがおすすめ。透明感カラーとは、光に反射して透き通って見えるような色味のことです。ウルフカットに合わせると、柔らかい雰囲気に仕上がります。また抜け感を出せるため、黒髪に近い髪色でも垢抜けて見える点が魅力です。

ミディアムウルフに合わせるなら、アッシュやベージュ系カラーがピッタリ。どちらもトレンドカラーであるため、今っぽい大人ナチュラルな雰囲気を演出できます。

また透明感カラーは、ブリーチなしでも染まる点がポイント。ブリーチなしで染める場合、ピンクベージュや、オレンジブラウンの染まりやすい色味を選びましょう。

40代女性に似合うウルフスタイル

画像: 40代女性に似合うウルフスタイル 出典:instagram.com
40代女性に似合うウルフスタイル出典:instagram.com

誰とも被らないスタイルや、自分だけのおしゃれを楽しめるウルフカット。40代女性が挑戦するなら、綺麗なシルエットを作るスタイルがおすすめです。

ここでは、40代女性に似合うウルフスタイルを紹介します。オフィススタイルや、休日のお出かけにも活用できるため、ぜひ参考にしてください。

ウルフカット×ワンカール

ワンカールとは、アイロンやコテを使い、毛先を内巻きにするアレンジのことです。ウルフカットに合わせると、髪全体のふんわり感があがります。簡単アレンジで、大人女性らしい雰囲気を演出できる点が魅力です。

ミディアムウルフに合わせる場合は、前髪もふんわり感のあるアレンジで統一しましょう。シースルーバングに近い前髪を意識すると、今っぽい抜け感を出せます。仕上げはオイルのスタイリング剤を使い、束感を作りましょう。前髪も軽い質感に仕上げると、こなれ感たっぷりのスタイルが完成します。

ウルフカット×韓国風くびれ巻き

イマドキスタイルに仕上げるなら、韓国風くびれ巻きがおすすめ。ウルフカットは、顔周りにレイヤーが入っているため、くびれシルエットを作りやすい点が特徴です。また顔周りに動きがつくため、小顔効果が期待できます。

韓国風くびれ巻きは、顔周りを大きく巻いて、動きをつけることが大切。顔周りはコテを使い、外側に向かってリバース巻きにしましょう。髪の中間部分は、S字を描くように内側に巻きます。毛先は、外ハネに巻くのがおすすめ。顔周りに動きをつけて、華やかな印象に仕上げましょう。仕上げにオイルを馴染ませると、髪全体のふんわり感があがります。

まとめ

今回は、40代女性に似合うミディアムウルフを紹介しました。イマドキスタイルを作るなら、綺麗なシルエットを意識することがポイント。ミディアムウルフなら、小顔効果バツグンのひし形シルエットや、くびれシルエットを簡単に作れます。

今回紹介したアレンジ方法は、アイロンやコテを使い、簡単に挑戦できるスタイルです。最新アレンジを取り入れて、ミディアムウルフで大人女性らしい印象を演出してはいかがでしょうか。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@t.ikeda214様、@figaro_kunikata様、@hikaru027様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

元記事で読む
の記事をもっとみる